ノンスタ井上裕介“ひき逃げ”事件の真相を笑い飯・哲夫が暴露! 被害者を「極悪」と非難し謝罪

哲夫

NON STYLEの井上裕介が起こした“ひき逃げ事件”。警視庁からの情報と吉本興業の主張に食い違いが生じるなど、不明瞭な部分も多いこの事件について、井上や同乗していたスーパーマラドーナ・武智の友人だという笑い飯の哲夫が、真相を語った。

 11日夜、乗用車でタクシーを追い越した際、タクシーの右前部と井上の車の左後部が衝突し、タクシー運転手の首や腰に全治2週間のけがを負わせた井上。警視庁によれば、井上は事情聴取で「事故を起こしたことが世間に知られたら、大変になると思った」と供述しているということだったが、吉本興業は12日に「怖くなって逃げたという事実はない」「何かに当たったかもしれないとは思ったが、後ろにいたタクシーの運転手が降りてくることもなかったので、接触時は事故だという認識はなかった」と反論。さらに、13日、吉本興業が正式コメントを発表。そこには、「前を走っていたタクシーを追い越そうとした際に同車に接触したかもしれないと認識しておりました」と書かれており、接触物が“何か”から“同車”に変わっていた。

 この事件について、15日のラジオ番組『笑い飯哲夫の明るく楽しいニュースシャワー』(MBSラジオ)に出演した哲夫は、「友だちなんで、ほんまのだいたいこんなんやっていうのは知ってる」と断言。哲夫の説明によれば、車線変更時にタクシーに衝突したことを、井上は気付いていなかったが、武智は気付いていたといい、武智は2度にわたり「擦ってるのでは?」「言ったほうがいいのでは?」と井上に助言したという。しかし、赤信号を待っている際にも、後ろにつけていたタクシーが何もアクションを起こしてこなかったため、井上が「何も言ってこないから、大丈夫だろう」と判断。確認しようとせず、そのまま走り去ったのだという。

 さらに、哲夫は「普通ぶつけられたら言いますもんね。プププー(クラクション)とか、パッシングしたり」と、タクシー側の非を挙げたほか、「本人(井上側)もぶつけたのかどうかわかってないにもかかわらず、(タクシー運転手は)病院に行って、全治2週間だというようなことを言うてるんですよね。これね、何が一番悪いかってね、ちょっとだけぶつけられて、『いったいわあ、首むちうちなったわ~』て言うてくるやつ。これ“極悪”なんすよね。それでお金をもらおうとしてる」「あくどい」などと非難した。

 この約40分後、哲夫は番組内で謝罪。しかし、道交法に定められた「救護義務」についての説明が“抜けていた”ことと、被害者が実際は無傷であるかのような誤解を与えてしまったことについては謝罪したが、その他の発言については訂正しなかった。

「哲夫はおそらく、武智から聞いたことをそのまま話したのでしょう。哲夫はラジオで、井上を庇うというよりも、同乗していた武智を最後まで庇っている印象でしたが、周囲の吉本芸人も『先輩の井上に強く言えるわけがない』と武智に同情的だとか。しかし、今回の哲夫の口ぶりでは、井上や武智が『大してケガもしてないのに、金欲しさに~』と被害者を悪く言っているとも捉えられかねない。かわいがっている後輩を擁護したいのはわかりますが、哲夫の身勝手な行動に吉本が黙っているとは思えない」(芸能記者)

 一方、日本テレビは、「事故後、一度も車を止めることなく、現場から走り去っていた」と報じており、情報が錯綜している今回の事件。とはいえ、法律上、「当て逃げ」ないし「ひき逃げ」であることは変わりないだろう。

【引用元:日刊サイゾー】

■笑い飯哲夫勇み足、ノンスタ井上関連発言重ねて謝罪

お笑いコンビ、笑い飯の哲夫(41)が、NON STYLE井上裕介の当て逃げ事故に関して、被害者であるタクシー運転手を疑うような発言をし、謝罪した。

 哲夫は15日放送のラジオ番組「笑い飯哲夫の明るく楽しいニュースシャワー」で井上との衝突事故によって軽傷を負ったタクシー運転手について「本人もぶつけたのかどうかも気付いてない。擦ったのかどうかも気付いてないにも関わらず、病院に行ったら全治2週間だということを言ってる。何が一番悪いかというと、ちょっとだけぶつけられて『痛いわ。首むち打ちなったわ』というやつは極悪。それでお金もらおうとしている。ニュースみたいになってますけど、ちょっと冷静に考えたいな、と。何が一番、人間としてアカンことか」などと発言した。

 その後、「ホントに僕はおしゃべりがスカタンなところがありまして、これを言わなアカンということを言い漏れていたりですね、こんな事実無根は言うたらアカンのに言うてしまうところがありまして」と切り出し、井上が事故の確認や、被害者の救護などの義務を怠ったことを補足説明し、「これホンマにアカンことなんです。その部分を言い漏れていたので誤解を与えてしまうような、いら立たせてしまう腹立たしい思いをさせてしまうような発言をしてしまったことを本当に心から深くおわびいたします」と謝罪した。

 また、被害者の運転手に関する発言についても、「運転手さんホンマにけがしてんのかい!みたいなことを言うてしまったんですけど、今回そのタクシーの運転手さんはけがしてはりますんで、それも間違ったようなことを言ってしまいまして、ホントに申し訳ございませんでした。今後、より一層正確な情報をお伝えるするように精進いたしますので、よろしくお願いいたします。おわびして訂正を申し上げます」と謝罪した。

【引用元:日刊スポーツ】

■スピード復帰とはいかない!? 当て逃げ事故のNON STYLE・井上裕介が当局の見せしめに…

 お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が“当て逃げ事故”を起こした。

 11日夜、井上の運転する乗用車が東京都世田谷区の路上でタクシーと接触し、運転手が首や腰に2週間のケガを負った。井上は事故後、現場から逃走。警視庁世田谷署が、過失運転致傷や道路交通法違反(救護義務違反)などの疑いで、任意で事情を聴いている。

 井上が現場から逃げたことについて、第一報では「事故を起こしたことが世間に知られたら大変になると思った」と報じられたが、所属する吉本興業の広報担当者が、これに反発。「怖くて逃げたわけではない」とし、警察サイドの発表について「捜査員から『これが知られれば、大騒ぎになりますね?』と聞かれた井上が『そうですね』と答えたら、あのように報じられた。誘導尋問だ」と憤っているという。

 だが、井上はタクシーとの接触自体は認識しており、本来ならば車を停車させ、状況確認する必要があった。それを怠ったのだから、誰がなんと言おうとも当て逃げ。スポーツ紙関係者は「ナルシシストキャラが鼻につくという人もいますが、井上は若手の中では群を抜いて売れっ子。彼をモチーフにしたスマホアプリや日めくりカレンダーなどのグッズは、飛ぶように売れている。吉本としては貴重な稼ぎ頭で、ここで潰れてしまっては困るのです」と話す。

 年末の特番に多数出演予定だった井上だが、事故を受けて当面の活動休止を発表。その裏で吉本サイドは「被害者とのスピード示談を進めており、成立した段階で謝罪会見を行い、仕事復帰させたい考え」(同)という。

 しかし、そうは問屋が卸さない。社会部記者の話。

「被害者のケガは全治2週間。少なくともケガが治るまでは、たとえ示談が成立しても、復帰はできないだろう。また、警察サイドは吉本側の“誘導尋問扱い”に不快感を示している。ちょうど忘年会シーズンの今は、交通マナーが問われる時期。井上を見せしめにして、交通違反の徹底取り締まりをアナウンスする可能性もある」

 井上にとっては、高すぎる勉強代になったようだ。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について