パワハラ&買収疑惑、MAKIDAI事故…ツキに見放された”LDHの行く末”

ゲス不倫を中心に芸能スキャンダルが相次いだ2016年。中でもジャニーズ事務所と双璧をなすように注目を集めたのが、EXILEや三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、E-girlsを抱える芸能事務所「LDH」だ。社内の“体育会系イジメ”の問題に始まり、日本レコード大賞の買収疑惑、HIRO(47)の社長退任、MAKIDAI(41)の衝突事故の発生などが発生し、傍目にも“超”のつく厄年となった。

■パワハラ&レコ大買収…醜聞のオンパレード

2015年は三代目J Soul Brothersがレコード大賞を獲得し、『NHK紅白歌合戦』にもEXILEを含め3組が出演したLDH。新興の芸能事務所としては“出来過ぎ”と言っていいほど結果を出していた。

一転、2016年は下り坂。まず発覚したのが社内における“体育会系イジメ”だ。『週刊文春』(文藝春秋)にその実態について夏に報じられ、厳しい上下関係の中、路上での土下座や丸刈り、ラーメン10杯完食の強要などを行なっていたことが明るみに。その凄まじいイジメのせいで、多数の社員が退職したという。

10月末には、2015年のレコード大賞に関する疑惑が浮上。三代目JSBに大賞を獲得させるために、LDHが“芸能界のドン”こと周防郁雄社長(75)率いるバーニングプロダクションへ1億800万円(税込み)の“プロモーション業務委託費”を支払ったと『週刊文春』が報じた。

一時は“レコ大のドン”こと日本作曲家協会会長の叶弦大氏(78)が、「このような事態になったことは大変遺憾で、主催者として大変申し訳なく思っています」と謝罪。社印付きの請求書まで暴露される前代未聞の買収劇がLDHのイメージ失墜に追い打ちをかけた。

「スキャンダルが連続した背景には、社内の急な事業拡大があるかもしれません。数年のうちに社員が急増し、今でさえマネージャー候補から営業職、アパレル店舗や専門雑誌のスタッフまで多様な人材を募集している。そして勤務地もバラバラ。HIROは2013年にパフォーマーを引退してプロデューサー業に専念しましたが、それでも社内状況を把握できず、様々な“隙間”が生じたのでは」(報道関係者)

そんな中、社長のHIROはレコード大賞買収疑惑に前後して、その座から退任した。新設の「LDH WORLD」のクリエイティブリーダーに就任し、日本を飛び越えて活動する見込みだ。

「HIROの社長退任は、三代目JSBの買収疑惑に前後して発表された。急な組織改革も含め、色んな思惑があるだろうが、もう少し国内の事業を整えてからでも遅くないのに。新たなスキャンダルや不祥事が起きなければ良いですが」(前出・報道関係者)

また、不運はスキャンダルだけでは終わらなかった。12月24日未明には、EXILEのメンバーであるMAKIDAIが、出演予定だった三代目JSBの札幌公演に向かう最中、大型トラックとの衝突事故に見舞われて肋骨骨折や肺挫傷を負った。全治まで長くて3ヶ月はかかるという。

スキャンダルが相次ぎ、今年は厄年となったLDH。今後は、順調にいけば2017年は「新たなLDHは世界へ動き出します」と表明していたとおり、アメリカやヨーロッパ、アジアを中心に海外展開を拡大するだろう。一方、国内では人気が根強い三代目JSBやGENERATIONS from EXILE TRIBEが引き続き芸能界で活躍することだろう。1月1日には「HiGH&LOW」プロジェクトなどに関して数々の発表がある見込みで、そちらも注目される。

「懸念事項は東京オリンピックへの参加。三代目JSBに『Welcome to TOKYO』という楽曲を歌わせるなどヤル気を見せていた。このままスキャンダル騒ぎを無かったことにして本気で関わろうとするなら、国民の反発は必至」(前同)

自分たちのファンのために活動するだけならまだしも、世界的イベントに首を突っ込むつもりなら、2017年以降も波乱や炎上騒ぎを巻き起こしそうな気配。“厄年延長”とならないことを望むかぎりだ。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について