ヒロミ、SMAP・中居正広がSMAP×SMAPスタッフにスニーカープレゼント「全部自分でやっていた」

ヒロミ

タレントのヒロミが27日、フジテレビ系「バイキング」に出演、26日の放送で最終回を迎えた「SMAP×SMAP」で、中居正広がスタッフへスニーカーのプレゼントを行う準備をしていたことを「知っていた」と明かし、「なかなかできることじゃない」とその人柄を賞賛した。

番組では冒頭から「SMAP×SMAP」について特集。
中居が番組スタッフ全員に名前入りのスニーカーをプレゼントしたことも紹介された。

これを受けヒロミは、中居がプレゼントを用意していたことを「知っていた」と明かし、「彼はそういう細かいこと、全部自分でやっていた。全部サイズ聞いて、名前から何から…。個々に向けての感謝の気持ちと何か残るものをと考えていた」と話した。

そんな行動力にヒロミは「俺、年離れてるけど、えらいなと思う。なかなかできることじゃない」と賞賛。

「スタッフにやっておいて、マネジャーにやってね、ならあれだけど、やっぱり自分でやらなきゃと。こっちが聞いてもおおっと思うぐらい」と、中居がどれだけ番組やスタッフに感謝していたかを訴えた。

MCの坂上忍も「中居君と共演すると、必ずメールくれる。あんな丁寧なメール見たことがない」と感心すると、「でも、誤字脱字が多いんだけどね」とヒロミが混ぜっ返し、スタジオは笑いが起こっていた。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について