ベッキーの告白「騒動のこと、休業中のこと、これからのこと」 初めて明かした本音

ベッキー

12月27日(火)発売の『with』2月号で、ベッキーが1万字に及ぶインタビューに応えてくれた。年明けの騒動から約1年。騒動の最中、そして家から出なかったという4ヵ月の休業期間、ベッキーは何を思い、どんなふうに過ごしていたのか。2時間半におよぶインタビューで赤裸々に語った。
■騒動と休業のこと

──まず、騒動と休業という一連の出来事に関しては、どんな経験でしたか?

私は人に迷惑をかけた側で、『いや、あなたは辛いって言える立場じゃないでしょ』という意見もあると思うんです。もちろんそれは分かった上で、正直な気持ちを言っていいのなら…………やっぱり、辛かったですね。

──その恋が週刊誌にスクープされたと分かったときはどう思われましたか。

すごくびっくりしましたし、“何が”かは分からないんですけど、『終わった……』って思いました。

──そこから連日続いた報道やワイドショーなどは、観ていましたか?

ずっと自宅にこもっていたんですけど、最初はテレビもインターネットも何も観られなかったんです。しばらく経って、さすがにもう大丈夫だろうと思ってお昼にテレビをつけると、まだ自分のニュースをやっていて、ハッて消したりして。『あぁ、本当に悪いことをしてしまったんだ』と思いましたね。『これだけの大きなことをしてしまったんだ』って。

でも、3月の頭ぐらいかな、芸能界の先輩から『それは反省になってない。全部見て、全部受け止めなさい』って言われて……それからちゃんと向き合うようになりました。

──長いバッシングに、「芸能界を辞めたい」と考えたりはしませんでしたか?

辞めたほうがいいのかな?って、何回も頭をよぎりました。実際、私が出ていなくても番組はまわっていますし、もう無理なのかなって。でも、ファンの方々やレギュラー番組のスタッフの方々が『待ってるから』と言ってくださって、それは本当に嬉しかったです。その声に応えたいなって。

──辛い時期を支えてくれた人たちがいたんですね。

当時は、ぬくもりとか、人とのつながりがないと壊れてしまう瞬間が多かったので、いろんな友達が心配してくれたのもありがたかったです。

『あ、壊れちゃう』と思ったら、友達とテレビ電話だけつなげて、何もしゃべらずにお互いに自分のことをやったり……。私をひとりにしないようにいっぱい泊まりに来てくれたり、『食欲ない』って言ったら、『じゃあ作りに行くよ』って料理を作りに来てくれたり。普通、食欲ないって言ってる人に料理を作るって、矛盾してるじゃないですか。でも、友達が作ってくれた料理を見たら、自然と食べたい!って思えたんですよね。

それでもベッドに入る瞬間はいろいろ考えちゃって、最初は眠ることもできませんでした。だけど泣き疲れると寝られるから、泣き癖がついちゃったりして。親友に『テレビ電話で寝るまで見てて。寝たら切っていいから』ってお願いすることもありました。

──素敵な方々に囲まれていることがわかります。

考えられないぐらい苦しい時間もあったけど、信じられないぐらいあたたかい言葉もたくさんいただいて。『この人生をもう一度生きろ』って言われたら、『いや~、ちょっとキツいです』って言いそうだけど、この人生で出会えた人たちにもう一回会いたいって思う。それぐらい素敵な人たちですね。

■これからのこと

──6月10日に復帰しようと思えたきっかけは何かあったんですか?

自分から動いて何かをすることはできない中で『FULL CHORUS』さんが『この日からどうですか?』と言ってくださったので、『ありがとうございます』って復帰させていただきました。久しぶりの仕事は、『本当に帰ってこれた』って思えて……喜びと感謝の気持ちでいっぱいでした。

オフィシャルに笑える時間が確保されていることも、MCはこうしてみよう!とか、やっと楽しい考え事ができるようになったのも嬉しかったですね。

──その時期から外出するようになったんですね。

仕事にも復帰して、『もう出かけてみようかな? ここからは普通に生活していこう』と思って。母親がすっごく喜んでくれましたね。『ベッキーが今日出かける。嬉しい~!』って。

──今後はどんな恋愛をしていきたいですか?

皆さんに応援される恋愛。それしかないですね。

──それができるようになるには?

分からないです。当分恋愛しません!とも言いません。ただ、私と恋愛した時点で相手には絶対迷惑かけちゃうから、そこが怖い。私の過去も受け入れてくれて、それでも好きになってくれる人がいたらいいなと思います。

──withの撮影を終えて感想は?

本当に楽しくて、ありがたかったです。初めてのカメラマンさん、スタイリストさん、メイクさんとお仕事できたのも嬉しかったな。今までは“黒い服を着ない”とか“ベッキーヘアメイク”とか、自分の中でいろんなルールがあったんですけど、もう取っ払っていこうと思って。今回は本当にいい機会をいただけたし、これからは皆さんの手によって、新しい道ができていくんだと思えました。

──withの読者にメッセージはありますか?

過去の連載で偉そうにいろいろ語っていたので、『がっかりした!』っていう方もいると思うんです。ほんとにマイナスからのスタートなんですけど、頑張っていきたいと思います。『応援してください』と言うのは一方的なんで。でも……たまにチラチラッと見ていただけたら嬉しいです。

* * *

今回の撮影では、“黒は着ない”というこれまでのベッキールールを打ち破り、大人っぽい黒コーデに挑戦。特集の扉のカットは朝靄を背景に幻想的な写真となった。

撮影は写真家の川島小鳥さん。スタイリストもヘアメイクもすべてが初めてのスタッフで挑んだロケでは、「これからは皆さんの手によって新しい道ができていくんだ」と感じたそうだ。また、行きつけのカフェやベッキーさんのご自宅といったプライベートな空間での撮影では、普段なかなか見ることができない素顔を収めている。

【引用元:現代ビジネス】

■ベッキー、騒動&休業を赤裸々告白「壊れてしまいそうだった」「皆に応援される恋愛がしたい」

タレントのベッキーが27日発売の女性ファッション誌「with」(講談社)2月号で1万字に及ぶインタビューに応え、ゲスの極み乙女。・川谷絵音との不倫騒動や、家から出なかったという4か月の休業期間などを赤裸々に語った。

 騒動と休業という一連の出来事に関して「正直な気持ちを言っていいのなら……やっぱり、つらかったですね」とベッキー。「ひとりでは壊れてしまいそうだった」という休業期間は、周囲の言葉に助けられたそうで、「考えられないぐらい苦しい時間もあったけど、信じられないぐらいあたたかい言葉もたくさんいただいて。『この人生をもう一度生きろ』って言われたら、『いや~、ちょっとキツいです』って言いそうだけど、この人生で出会えた人たちにもう一回会いたいです」と語る。

 この先、どんな恋愛がしたいかという問いには「皆さんに応援される恋愛がしたい」と一言。「当分恋愛しません! とも言いません。ただ、私と恋愛した時点で相手には絶対迷惑かけちゃうから、そこが怖い。私の過去も受け入れてくれて、それでも好きになってくれる人がいたらいいなと思います」。今後の仕事については「髪を切って雰囲気が変わったので大人っぽい写真を撮ったり、お芝居にも挑戦したいし、もちろん大好きなバラエティにも関わりたい」と前向きな姿勢をのぞかせている。

 今回のインタビューはベッキーが以前「with」で連載をしていたことから実現したといい、同誌の編集長は「実は周囲からは、『何をやっても否定的な意見がある今は、手を出さない方がいい』というご意見もいただきました。が、ごくフラットな立場で、あの時どう感じていたか、今この状況をどうやって乗り越えていくつもりなのか、今後どう進んでいきたいのか、など、ストレートに聞いてみたいと思いました」と企画意図を説明。「感じ方は人それぞれだとは思いますが、ぜひ読んでいただけたら幸いです」とコメントした。

【引用元:シネマトゥデイ】

■ベッキー「皆に応援される恋愛がしたい」 2時間半のインタビューで本音を赤裸々告白

タレントのベッキー(32)が、27日発売の女性ファッション誌『with』2月号(講談社)に登場し、1万字に及ぶインタビューで本音を語ったことが25日、明らかになった。ゲスの極み乙女・川谷絵音との不倫発覚から約1年、この期間に何を思いどのように過ごしきたのか、2時間半にも渡るインタビューで赤裸々に打ち明けている。

 不倫発覚後、約4ヶ月にわたって休業してきたベッキーは、一連の出来事について「正直な気持ちを言っていいのなら………やっぱり辛かったですね」と本音を吐露。休業期間は周囲の温かい言葉に助けられたようで「考えられないぐらい苦しい時間もあったけど、信じられないぐらいあたたかい言葉もたくさんいただいて。『この人生をもう一度生きろ』って言われたら、『いや~、ちょっとキツいです』って言いそうだけど、この人生で出会えた人たちにもう一回会いたいです」と思いを述べた。

 今後の恋愛について聞かれると「皆さんに応援される恋愛」と明言し、「当分恋愛しません!とも言いません。ただ、私と恋愛した時点で相手には絶対迷惑かけちゃうから、そこが怖い。私の過去も受け入れてくれて、それでも好きになってくれる人がいたらいいなと思います」と複雑な心境も告白した。

 今後の仕事については「髪を切って雰囲気が変わったので大人っぽい写真を撮ったり、お芝居にも挑戦したいし、もちろん大好きなバラエティにも関わりたい」と前向きな姿勢をのぞかせている。

 ベッキーは同誌で2011年2月号から3年半にわたって連載をしており、その縁で今回の企画が実現。編集長は「“何をやっても否定的な意見がある今は、手を出さない方がいい”というご意見もいただきました。が、ごくフラットな立場で、あの時どう感じていたか、今この状況をどうやって乗り越えていくつもりなのか、今後どう進んでいきたいのか、など、ストレートに聞いてみたいと思いました」と企画の意図を説明している。インタビュー原稿について、事務所側からの削除要請はなく、ベッキーの今の思いが素直にそのまま掲載された。

 撮影では、“黒は着ない”というこれまでのベッキー自身のルールを打ち破り、大人っぽい黒コーデに挑戦。スタイリストもヘアメイクもすべて初めてのスタッフでロケを行い、「これからは皆さんの手によって新しい道ができていくんだ」と感じたことを明かした。また、行きつけのカフェや自宅といったベッキーのプライベート空間でも撮影され、なかなか見ることのできない素顔が収録されている。

【引用元:ORICON STYLE】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について