三代目J Soul Brothersの1億円買収発覚も「レコ大」予定通りバーニング押しの西野カナ…審査員とTBSは自浄能力なさすぎ

ここまで自浄能力がないとは、呆れてものが言えない。
きょう12月30日、第58回日本レコード大賞の授賞式がTBSで放送されたが、なんと予定通り、”芸能界のドン”バーニングプロクションがプッシュする西野カナの「あなたの好きなところ」に決まってしまったのだ。

周知の通り、レコード大賞といえば、「週刊文春」(文藝春秋)2016年11月 3日号で、芸能界のドン・周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションが三代目J Soul Brothers(以下、三代目)にレコ大を獲らせた見返りに、三代目の所属事務所・株式会社LDHに1億円を請求していたという事実が、請求書の写真付きですっぱ抜かれたのはまだ記憶に新しい。

その際に、「週刊文春」は「今年もバーニングの押すアーティストが受賞確実」として、こんな証言を掲載していた。

「まだ候補曲を絞る粗選りの段階ですが、早くもエイベックスのAAAとバーニングの広報担当者がプッシュする西野カナ、CMで『海の声』がヒットした桐谷健太あたりに金賞の当確が出ていると言われています」

スポーツ紙担当記者がこの「文春」の記事をこう解説する。

「西野はバーニング系所属プロダクションではないですが、周防社長とバーニング広報のK氏が西野とソニー・ミュージックの担当者をかわいがっていて、『今年は西野に獲らせる』と話をしていたという噂がかなり前から流れていました。

ソニーもLDHと同様、バーニングに巨額のプロモーション費用を払ったという話も出ていましたし」

しかし、その後、「文春」の記事が出て、しかも西野の名前まで書かれたわけだから、普通ならこんな裏工作の証明になるような人選はしないだろう。

実際、この間、今年だけは真っ当に投票をして、大賞は誰もが納得する宇多田ヒカルに決まるんじゃないか、という話も流れていた。

ところがフタを開けてみたら、そのまま西野カナに決まってしまったというわけである。
もちろん、報道への釈明など一切なしだ。

いったい、なぜこんなことになるのか。
レコ大の審査委員のほとんどはスポーツ紙記者や新聞記者、テレビ局の局員で占められている。

たとえば、「優秀作品・新人賞委員」では、審査委員長の毎日新聞、副委員長の日刊スポーツを筆頭に、読売新聞、時事通信、産経新聞、東京中日スポーツ、報知新聞、東京スポーツ、MBS毎日放送、RKB毎日放送といったマスコミ関係者がずらり(第57回時点)。

また、「アルバム賞委員」「作曲家協会選奨・最優秀歌唱賞委員」にも、デイリースポーツ、東京新聞、日本経済新聞、日刊スポーツ、スポーツニッポン、サンケイスポーツ、夕刊フジ、CBC、HBC北海道放送と、日本のすべてといっていいスポーツ紙の記者が名を連ねている(第57回時点)。

報道機関に所属している人々はなぜ、こうした腐敗の決定的証拠が発覚してもそれを無視し、従来通りの出来レースを続けていられるのか。彼らに倫理感覚はないのか。

いや、実はないのである。
こうしたレコ大審査委員に名前を連ねているマスコミ関係者のうちの多くが「B担」と呼ばれるバーニングべったりの記者で、バーニングの”共犯者”なのだ。

「週刊文春」によれば、「優秀作品・新人賞」審査委員15人のうち、「最低でも8名は普段からバーニングと仕事の付き合いがある記者」で、審査委員のなかには自らバーニングに出向き、「今年はどうするんですか?」と聞きにいく者もいるという。

そうした癒着関係のある審査員たちには、なんともおいしい接待が用意される。

ただ、こういった話は昨日今日出てきた話ではなく、ずっと指摘され続けてきたことだ。

「週刊新潮」(新潮社)では、レコ大の審査委員経験者や関係者が、自分たちの受けた接待についてこう証言している。

今回の「1億円」も、おそらくこのようなかたちで使われたものだろう。

「高価な贈り物や商品券が届くこともあるし、授賞させたいと思われるタレントの曲や映像が入った高価なiPodが送られてきた人もいます。

銀座や六本木のクラブでの接待や、有名店でのディナー攻めも多い。これだけご馳走になったら投票しないわけにはいかない、と思う人もいるし、審査員がそれを逆手に取って、投票するからネタをくれ、などと要求するケースも多いですね」(08年9月11日号)

「11月18日の第4回会合までには受賞作がほぼ確定する見込みですが、それまでは昼も夜もレコード会社や芸能事務所の宣伝担当者との会食が入っている。

昼に鰻、夜にしゃぶしゃぶ、あるいは昼ステーキで夜は寿司。当然、酒も入る。そんな毎日ですから、胃腸も肝臓も最悪の状況ですよ」(11年11月17日号)

「J-POP系のあるレコード会社では、5人の宣伝部員が1人あたり300万円以上の予算を持ち、さらに制作部も動くので、レコ大関係の接待費は2000万円を下らないでしょう。

同社の場合は、高級焼き鳥店などで食事をした後、六本木のクラブのVIPルームで女の子と飲むことが多いようですが、演歌系の大手事務所などは、一次会は1人3万円位するしゃぶしゃぶ屋で、二次会は銀座の高級クラブ……と、会社や事務所によって接待の流儀はそれぞれです」(同前)

ようするに、こうした癒着構造に取り込まれている以上、どんなことがあってもバーニングを裏切れない、そういうことらしいのだ。

これは、もちろん「レコ大」を放送しているTBSも共犯だ。あれだけの決定的な報道が出たら、賞の取りやめか延期をするのが普通。

しかし、取りやめるどころか、何事もなかったかのようにそのまま発表を放送したのは、TBSの制作幹部がその癒着構造にからめとられているからだ。

芸能マスコミが抱える闇は視聴者が考えている以上に深いということだろう。

【引用元:LITERA】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について