中居正広にも可能性が? 元SMAPメンバーがテレビ東京で冠番組の現実味

SMAPがついに解散し、各メンバーの今後の活動に注目が集まっている。

なかでも、各メンバーがどのテレビ局で活躍するのか関係者の興味を集めている。

とくに、香取慎吾(39)がメインを務め今後も番組の継続が決定した『SmaSTATION!!』を放送するテレビ朝日との強い結び付きはよく知られている。

解散前、『SmaSTATION!!』は、香取のファンをバックアップするかのように粋なはからいを見せていた。

同番組ホームページには、香取を心配する言葉やジャニーズ事務所への疑問、解散を阻止しようとするコメントなどファンからの熱い言葉が絶えず、番組とは直接関係ない書き込みやジャニーズへの批判なども削除されずにアップされていた。

「制作側は香取に生の声を届けたいと、ファンの気持ちが伝わるようにそのままにしていたという話もあります。

批判もそのまま掲載することが信用にも繋がったようで、ファンからは『テレ朝はSMAPの味方』という位置付けににもなっていました」(芸能関係者)

また、以前からテレビ朝日はSMAPへの配慮がファンの間で評価されていたという。

局の看板番組『ミュージックステーション』では、SMAPの楽曲紹介時に「解散」という言葉を一言も使用しないという心配りも話題をよんでいる。

さらに、現在同局で放送されている元メンバーの冠番組は香取だけに留まらず、中居正広(44)は『中居正広のミになる図書館』、草なぎ剛(42)の『「ぷっ」すま』と長期継続していることも特徴的。

こうした点も踏まえても、テレビ朝日が元メンバーを使った新番組を計画するのではとの声があるのだとか。

■新たな冠番組誕生の可能性も

しかしマスメディアで大きな力を持つジャニーズゆえ、ファンからしてみれば心配な噂も囁かれている。

ジャニーズが各局に圧力をかけることで、木村拓哉(44)以外の元メンバーの露出が減らされてしまうのではというのだ。

「そこで浮上したのが、テレビ東京です。SMAPの解散を伝えるFAXがテレ東には送られていなかったというネガティブな話もあるくらい、SMAPはテレ東との縁が薄いのです。

しかし、テレビ東京にはこれまで、井ノ原快彦(40)や松岡昌宏(39)、堂本剛(37)らが単独で出演した実績もある。

つまり、局とジャニーズの間の仲が悪いわけではありません。テレビ東京はかつて、『愛ラブSMAP!』という冠番組を持っていたほど。

この解散を機に、テレビ東京に進出するメンバーが誕生する可能性は否定できません」(前出・芸能関係者)

解散してもなお話題を集める元SMAPメンバーたち。SMAPの話題が落ち着くことは、まだ当分なさそうだ。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について