中森明菜、体調不良を想像させる“あり得ないディナーショー構成”/難航する『紅白』企画枠での出場「ディナーショーのほうが実入りが良い」

中森明菜

 ストレスによる免疫力低下で体調を壊し、芸能活動を休業している“歌姫”中森明菜(51)の7年ぶりディナーショーが、いよいよ12月4日から始まる。全国7都市10公演のチケットは完売。料金は、ファンクラブ会員限定の特典付公演が5万円、その他会場は、S席4万2,000円~4万6,000円となっている。

 2010年に企画されたディナーショーは、体調不良で全公演キャンセルになった明菜。そのときの損失は約1億円といわれていた。長期休養後の14年、『NHK紅白歌合戦』に出演し、翌年1月には5年ぶりのシングル「Rojo-Tierra-」を発売、そのまま復帰かと思われたが、その後、明菜の姿を見ることはなかった。

 そんな明菜のディナーショーだ。ファンが殺到するのはわかりきっている。しかし、ディナーショー直前の今になっても、いまだ公の場に姿を見せない明菜に、不安が募ってしまう。やはり体調の問題があるのだろうか。

 長野の「ホテルブエナビスタ」で行われるディナーショーが、あり得ない2部構成である点も気にかかる。午後5時から、まず約200人の来場者がディナータイムとなり、午後7時に場所を移動してショーを見るのだが、そのショーには、まだ食事をしていない約200人も加わる。計400人のコンサートだ。そして、ショーの後、午後8時30分から、食事をしていない約200人がディナーを楽しむといった構成である。

 本来ならば、2回のステージを務めなければ成立しないディナーショーを、無理やり1回で済ませる構成にしたように見える。なぜ、この方法を取らざるを得なかったのかと考えると、やはり体調面が不安定なのではと思えるのだ。

 11月30日には、カバーアルバム『Belie』が発売され、特典として「12月13日の大阪公演」が当たる応募抽選券もついているという。チケットを取れなかったファンにとっては、なんとも喜ばしいプレゼントだろうが、ファンが盛り上がれば盛り上がるほど、私は明菜が心配になってくる。

 とある明菜ファンは「考えたくないですけど、もしキャンセルになっても、ディナーショーのチケットは払い戻しません。記念だから。私みたいな考えのファンはかなり多いと思います」と言っていた。もしディナーショーが行えなくなった場合、本当に払い戻しをしないファンが大勢いたら、ホテル側にキャンセル料を支払っても、アルバムのプロモーション経費だと思えば、安上がりかもしれない。本当に明菜は、歌えるのだろうか。

【引用元:サイゾーウーマン】

■中森明菜、難航する『紅白』企画枠での出場「ディナーショーのほうが実入りが良い」

「全国7都市で行われるディナーショーのチケットは4万円以上の高額にもかかわらず、即日完売。本人の希望で追加公演も決まりました。この調子でいけば『紅白』出場も確実という声も出ていましたが……」(レコード会社幹部)

 久々のディナーショー開催で人気健在を印象づけた中森明菜。しかし、11月24日に発表された『紅白』出場者の中にその名前はなかった。ディナーショーで勢いをつけ、『紅白』で完全復帰を果たすというシナリオではなかったのだろうか? 

「恋人とされるマネージャーのサポートもあって、体調はだいぶよくなりました。食事の種類も量も増えたと聞きます。だから『紅白』のオファーが来たとき、所属レコード会社は出場に前向きだったそうですよ」(芸能プロ関係者)

 ではなぜ? 問題は体調よりも明菜の精神面だという。

「『紅白』の楽屋は大部屋が基本。大ベテランや同期、知らない若手とも接することになります。

 神経質で人付き合いが苦手な明菜さんには、それが大きなストレスだと。また事務所の台所事情も楽ではないようで、今は実入りのいいディナーショーに専念したいんですよ」(前出・芸能プロ関係者)

 そういえば、’14年に『紅白』に出場したときは海外からの中継だった。明菜にとって生放送でステージに立つことはまだ負担が大きいのだろうか。だが、彼女が抱く別の“気持ち”を指摘する人も。

「ファンに対する思いです。ディナーショーで真っ先にファンへ復帰報告をすることが大事なことで、本人にしてみればショーに足を運んでくれるファンが一番。だから『紅白』は重要視していません。今回のディナーショーにかける意気込みはハンパじゃなく、終わった後で『紅白』に出られるほどの余力が残っているかどうか」(前出・レコード会社幹部)

 本人やスタッフにしてみれば、今はまずディナーショーが最優先で、その先のことは考えていない。彼女に無理はさせられないということなのだろうか。

 さらに、あの歌姫との微妙な関係も影響しているとか。

「同じレコード会社の宇多田ヒカルの出場が決まりました。そこで会社も明菜に関しては、基本的に出場辞退の方針のようです」(スポーツ紙記者)

 こうして『紅白』から漏れた明菜。しかし出場の可能性が完全に消えたわけではない。

「『紅白』にはまだ企画枠があります。彼女の出場を望んでいるファンも多いから、NHKはサプライズゲストとしてギリギリまで交渉を続けるでしょうね。ディナーショーを成功させて、心身ともに自信を取り戻せば、やっぱり『紅白』に出たいと言いだすかもしれませんからね」(前出・スポーツ紙記者)

【引用元:週刊女性】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について