以前とはまるで別人?Mステで西野カナの”激変”ぶりに視聴者騒然

ミュージックステーション スーパーライブ 西野カナ

 情報化社会が進み、ネットなどで気軽に自分の意見が発信できるようになった現代。

ある意味では、芸能人などの人気商売をする者にとっては、コントロールできない部分が多くなったことで生きにくい世の中になったともいえるだろう。

そんな現状を象徴するような出来事が、12月23日に起こった。

『会いたくて 会いたくて』などの代表曲で知られる歌手、西野カナ(27)。

若手女性シンガーの中でもトップクラスの人気を誇り、今年の『NHK紅白歌合戦』にも出場が決まっている彼女の容姿の変化がにわかに注目を集めている。

■以前と顔が違う?ファンの間で相次ぐ指摘

 23日にテレビ朝日系列で放映された『ミュージックステーション スーパーライブ2016』でのこと。

人気アーティストが集まり、ライブを披露する年末恒例の特番であるこちらに出演した西野は、今年の4月にリリースし、11月に発表された日本レコード大賞で優秀作品賞に選ばれた曲である『あなたの好きなところ』を熱唱。

これを見た視聴者から、西野の容姿について「以前と顔が違う気がする」「西野カナってこんな顔だったっけ?」「涙袋が明らかにおかしい」など、SNSなどのネット上を中心として疑問の声が挙がった。

 中には、「明らかに右側の涙袋がおかしいのに、カメラワークや西野の歌う姿勢のせいで、右側の顔が見えない」という分析をしている者も現れ、その容姿の激変に驚きを覚えた視聴者がそれだけ多かったということだろう。

 にわかに噴出した西野カナの整形疑惑だが、こうした人前に出るアーティストには、男女を問わずに整形にハマる人間が多く存在している。

今年10月に逝去したイギリスのハイエナジーバンド『デッドオアアライブ』のボーカルであるピート・バーンズは、整形中毒になり、唇に注入したジェルが原因で顔面が崩壊して生死の境を彷徨ったというエピソードの持ち主であったことが知られるなど、多くのスターが整形関係のスキャンダルで騒がれている。

 日本国内でも、浜崎あゆみ(38)などのトップアーティストに整形疑惑が囁かれている。

最近では、広瀬香美がヒット曲を連発していた当初と、現在の顔の形が違い過ぎると話題になり、単純な老化ではなく、整形を繰り返し行っているのではないかと噂されている。

 また、こうした騒ぎが起きたのは、西野の個人的な事情が近頃注目されていたというのも大きいだろう。

 今年の11月にマネージャーとの熱愛報道が週刊誌によってなされ、さらには別のメディアでは、バックダンサーやギタリストとの関係もあるのではと報じられていた。

周囲がにわかに騒がしくなっていたこのタイミングで、顔の“変化”があったことが、より視聴者に様々な疑念を抱かせる原因となったとも考えられる。

こうした状況と整形疑惑が重なると、どうしてもスキャンダラスな匂いがしてきてしまうのも確かだが……。

今回のこの騒動は、事情通の間ではどう見られているのだろうか。

「うーん、ちょっと疲れてしまって顔がむくんでしまった可能性もありますね。

近頃はマネージャーとの熱愛などがスクープされてしまい、もしかするとその心労が顔にも出てしまったのかもしれません。

とはいえ、今回は涙袋などが強調されて見えるので、がっつりと本格的な整形ではなく、ヒアルロン酸注射などの、いわゆるプチ整形を施した可能性もないとはいえませんね。

それなら手軽にできますし、年末恒例の特番という大一番のライブの前に行う、ということも十分に考えられますから」(芸能ライター)

 果たして、西野の顔の変化はこうしたプチ整形によるものなのか。それとも体調やメイクの問題に過ぎないのか。

いずれにせよ、こうした有名人の一挙一動を視聴者が見て、それをそのままSNSなどでダイレクトに世間に発信することができてしまう世の中では、こうしたことですら大きく騒がれてしまうのが実情のようだ。

 もちろん、それがポジティブなものであれば有名人にとってもプラスになるのだろうが、今回のような形で、図らずも本意ではない方向での話題となることも珍しくないため、いわゆる有名税と呼ばれるような諸々のリスクが、人気商売をする者には以前よりも重くのしかかるようになっている。

こうした状況に負けず、西野をはじめとしたアーティストにはこれからも素晴らしい作品を発表し続けて欲しいものである。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について