伊野尾慧、大失態の連発で「JUMPゴリ押し」終了の現実味

HeySayJUMP伊野尾慧

ジャニーズの人気グループ・Hey! Say! JUMPの中心メンバー・伊野尾慧(26)にスキャンダルが続発している。セクシー女優との交際報道、文字通り局を股にかけた「女子アナ二股」騒動、さらに主演映画の共演女優との仲良しプライベート写真が大量流出。この大失態の連続にファンからも厳しい声が飛び交い、事務所内でも上層部が激怒。SMAP解散騒動で大揺れになったジャニーズ事務所に再び激震が走ろうとしている。
■次世代エース候補が野放し状態でスキャンダル連発

 Hey! Say! JUMPはジャニーズ事務所の次期社長と目される藤島ジュリー景子副社長(50)のお気に入りとして「次世代エース候補」の筆頭に据えられているグループ。

 その中でも伊野尾は別格の扱いとなっており、今年4月から『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)のMCに抜擢され、同月から『めざましテレビ』(フジテレビ系)の木曜パーソナリティーにも起用。さらに女性ファッション誌『an・an』(マガジンハウス)の表紙を飾るなど最もメディア露出が急増した出世頭だ。女性顔負けの可愛らしいルックスと意外にもテキトーな性格で「癒し系の弟キャラ」として知られ、その一方で明治大学卒のインテリというギャップがファンの心をわしづかみにしている。

 ところが、今年9月にセクシー女優の明日花キララ(28)とのシンガポール旅行疑惑を『週刊女性』(主婦と生活社)にスクープされ、今月1日には『週刊文春』(文藝春秋)にTBSの宇垣美里アナ(25)とフジテレビの三上真奈(27)との「二股交際疑惑」を報じられた。いずれも伊野尾本人のイメージを崩壊させかねないスキャンダルとしてファンに動揺が走っている。

 さらに今月3日ごろには、来年5月に公開予定の初主演映画『ピーチガール』の撮影現場で共演女優らと仲良く写っているプライベート写真がネット上に複数流出。その中でも共演女優の永野芽郁(17)とのツーショットは身体を寄せ合ってカメラ目線をキメており、かなり親密そうな雰囲気だ。ファンからは永野が流出元ではないかと疑われ、彼女のTwitterなどに批判が殺到する余波も起きている。

「流出騒動に関しては伊野尾は“被害者”といえますが、誤解を与えかねない写真を撮ってしまったことで『ワキが甘すぎる』とファンからも批判されています。また、女子アナ二股騒動は三上アナと『めざましテレビ』で共演しているだけに番組降板の危険性も指摘されている。主演映画にしても番組にしても、事務所が伊野尾をブレイクさせるために用意しただけに期待を裏切る格好になった。本来なら事務所がもっとしっかり管理すべきですが、ジュリー副社長は十分なタレント管理能力がないといわれ、野放し状態にしていた結果といえます」(芸能関係者)

■CM内定取り消し、番組降板危機…「ゴリ押し」終了の可能性

 この一連のスキャンダルによって事務所の強力プッシュが弱まる可能性もあるという。

「すでに大手メーカーCMが『女子アナ二股疑惑』の影響で伊野尾の出演内定を取り消し、別の男性タレントを手配したという話が業界内で出回っています。『めざまし』の降板もささやかれ、その一方でフジ側がジャニーズに配慮し、三上アナの方を降板させるという情報も噴出している。いずれにしても、確実にスキャンダルが仕事に悪影響を及ぼしている。テレビ局に迷惑を掛けたことも事務所としては看過できない。この事態にジャニーズ事務所の実権を握っているメリー喜多川副社長(89)が激怒し、娘のジュリー氏がプッシュを弱めざるを得ない状況に陥っているともいわれています」(前出・芸能関係者)

 伊野尾の問題だけでなく、今年9月に『東京スポーツ』が“超人気グループ”のメンバー3人が17歳の少女に酒を飲ませて行為に及び、少女を妊娠させたというスクープで「Hey! Say! JUMP」の名がネット上で取りざたされたこともあった。コトの真偽は別にしても、もはや「次世代エース候補」というより「スキャンダルまみれ」のイメージが強くなっており、ファン離れが懸念されている。

 年内で解散するSMAPの穴を埋める次世代グループの育成が急務になっているジャニーズ事務所だが、内部の混乱を象徴するかのようなエース候補のスキャンダル多発で暗雲が垂れ込めているようだ。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について