俳優・佐々木蔵之介、父との確執からの復縁…そして涙の弔事

佐々木蔵之介と父親

京都駅から徒歩5分。国道沿いの葬儀場にぞろぞろと入っていく喪服姿の参列者たち。

祭壇に飾られた遺影には法被姿で笑顔を見せる男性が写っている。

佐々木勝也さん(享年83)。俳優、佐々木蔵之介(48才)の父親である。

10月10日、勝也さんが胃がんで亡くなった。創業123年の老舗『佐々木酒造』の3代目社長だった。

同14日、京都市内で営まれた告別式で、蔵之介は涙で何度も言葉を詰まらせながら、こう弔辞を読み上げた。

「生真面目で、厳しい父でした。夕飯ができあがっていても、帳簿が終わるまでは絶対に食べさせてはくれませんでした。

小さい頃はいつも、“はよ食べたい、はよ仕事終わって”と思っていました。

僕が“役者で生きていく”と言った時、父は落胆し、心底悲しんでいました。父を裏切ってしまった…。そう思いました(後略)」

この父子は「断絶と和解」を経て、誰よりも強い絆で結ばれていた。3人兄弟の次男として生まれた蔵之介。
実家は京都市・二条城の至近にあり、生粋の京都っ子として育った。

「お父さんはそりゃもう厳格なかたでね。子供らが悪さをすると、家の蔵に閉じ込めて反省させるような。だから子供は3人とも礼儀正しくて勤勉で、えらい優秀な家庭でした」(近隣住人)

蔵之介は府内きっての進学校として知られる洛南高校を卒業後、神戸大学に入学。

東大に進んだ長男が建築業界を志したため、蔵之介は「自分が家業を継ぐ」と決意し、農学部で酒米を学んだ。

しかし、学生時代の蔵之介には、人生を大きく変える出会いがあった。友人に誘われて、軽い気持ちで入部した演劇サークルで、演じることの面白さに目覚め、舞台活動に没頭するようになった。

無論、父の跡を継ぐという気持ちは変わらず、卒業後は宣伝のノウハウを学ぶため広告代理店に入社。会社勤めをしながら、アフター5で芝居を続けた。

だが、入社から2年半後、転機が訪れる。東京のある有名劇団から出演オファーが届いたのだ。

この舞台に立つには、稽古を含めて3か月以上スケジュールを拘束される。仕事と両立はできない。

会社を辞めてでも舞台に出るべきか──。揺れに揺れた蔵之介は、自分の中の熱い想いに従った。

「会社を退職し、舞台俳優として生きていくことを決断したのです。演技の道を中途半端にはできなかったんですね。同時にそれは、家業の跡継ぎを断念することを意味しました」(佐々木家の知人)

蔵之介は勝也さんと対面し、自分の決意を伝えたところ、案の定、激怒された。

「会社辞めると聞いて、ようやく跡を継いでくれるのかと思ったら、芝居に専念するというんだから。ふざけるな!と。裏切られた思いが強かったのでしょう。

“二度とおれの前に顔を見せるな!”と、蔵之介さんを勘当してしまったのです」(前出・佐々木家の知人)

父子の断絶は2年に及んだ。この間、跡継ぎは三男に任せることになり、蔵之介の話題は佐々木家のタブーとなった。

「お父さんは意地を張って、蔵之介さんの出入りを許さず、息子が役者をやっていることも近所に黙っていた」(前出・佐々木家の知人)

だが、血の繋がった父子の関係が完全に切れることなどありえない。

「あの子を応援しましょう」

母親がそう説得し続けたこともあり、勝也さんの心は徐々に氷解していく。

雪解けの決定打は2000年10月、NHKの連続テレビ小説『オードリー』に蔵之介が映画俳優役で出演したことだった。

「この時の勝也さんの喜びようはすごかった。店内に『オードリー』のポスターをいっぱい貼っていましたから。

それを見て、近所の人が、“あれは佐々木さんとこの息子さんだったのか!”と気づいてね。お父さんは本当に嬉しそうでした」(前出・近所住民)

当時、勝也さんは『オードリー』という日本酒を期間限定で販売し、佐々木酒造創業以来の大ヒット商品になった。

蔵之介も時間を見つけては実家に帰るようになり、共演者に佐々木酒造の酒を配るのが恒例になった。

2011年には日野自動車のCMで父子共演も果たしている。勝也さんの遺影は、この時撮影されたものだった。

勝也さんの闘病が始まったのは2年ほど前。肺がんと肺気腫を患い、入退院を繰り返した。

売れっ子俳優になり多忙を極める蔵之介だが、できる限り父の看病にあたった。

「蔵之介さんは撮影を終えると、夜中に自ら運転して東名高速を飛ばして、勝也さんが入院する京都の病院に駆けつけることもしょっちゅうでした。

彼が来ると病院の看護師や医師が大はしゃぎで、何枚もサインを頼まれるんだそうです。

“なんのために病院に来たのかわからへん”て苦笑いしてました(笑い)」(前出・佐々木家の知人)

晩年の勝也さんは酸素ボンベが手放せず、退院時でも自宅から出ることはままならなかった。

「蔵之介さんの舞台を見に行くこともできなくなって。観劇したという知人に会うたびに、“どうでしたか?息子はうまいことやってましたか?”って聞くんです。いつだって息子さんのことを気にかけていました」(前出・佐々木家の知人)

兄と弟はすでに結婚して子供もいるが、蔵之介はいまだ独り身。勝也さんは病気になってから、いっそう蔵之介の結婚を気にしていたという。

「お孫さんが見たいっていう気持ちもあったんでしょう。お母さんが都内にある蔵之介さんのマンションの合鍵を持っているんです。

ある時、こっそりマンションを訪れて、女性ものの歯ブラシや化粧品がないかと探したけど、一切見当たらなかったって。

“このままじゃ一生独身やわ”ってこぼすと、お父さんも“まいったなあ”って(笑い)」(別の佐々木家の知人)

勝也さんが亡くなった10日、蔵之介は海外の仕事を終えて帰国した直後だったが、容体急変の連絡を受けて京都に駆けつけ、最期を看取ることができたという。
告別式の弔辞で、蔵之介は晩年の父子関係をこう表現した。

「幼い頃に肩車してくれたあなたの背中を私がさすり、“熱はないか”とおでこに当ててくれたあなたの額に、私が同じようにおでこを当てるのです。病気になったことで、私と父の関係はより強く結ばれました」

震える蔵之介の声と重なるように、会場からすすり泣く声が漏れた。

※女性セブン2016年11月3日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について