元AKB48・SKE48の宮澤佐江がグループ卒業後の収入激減を激白「給与が過去最悪」

宮澤佐江

3日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、元AKB48の宮澤佐江が、自身の収入の減少を明かす場面があった。

番組では「昔と今 違いはあるの!?アイドルの金銭事情とは?」と題し、司会の坂上忍や薬丸裕英らが、アイドルの収入事情について持論を展開した。

その中で、フットボールアワー・岩尾望が、宮澤に「(AKB48に)在籍当時と今は、どっちが収入がいいですか?」と疑問をぶつけると、宮澤は「もちろん在籍当時ですね」と即答した。

すると、コーナーMCの後藤輝基も「ひとりになってから(給与)明細見て『しまった…』みたいな?」と斬り込む。

これに宮澤は「え、ヤバい!って」「過去最大に少ないときありました、この半年内で」と明かし、ほかの出演者を驚かせた。

また、横澤夏子が「AKB48と乃木坂46とかだと、やっぱ(給与が)変わってくるんですか?」と聞くと、宮澤は「あると思います、姉妹グループで」と暴露。
家賃補助といった待遇もないのだという。

横澤が「マンションとか買い与えられ(ないの)?」と、やたら居住を気にする発言を連発すると、後藤は「(横澤はアイドルに)なられへんから聞かんでええよ!」と制止するようにツッコミを入れて、笑いを誘っていた。

【引用元:トピックニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について