元Hey! Say! JUMP森本龍太郎が格闘技『パンクラス』で“リングデビュー”

森本龍太郎

元ジャニーズグループ「Hey!Say!JUMP」のメンバーで、今春からダンス&ボーカルユニット「ZERO」のリードボーカルを務めるRYUこと森本龍太郎(21)が、総合格闘技団体「パンクラス」の13日・ディファ有明大会で“リングデビュー”を果たすことがわかった。

森本は現役イケメン大学生選手として人気急上昇中の瀧澤謙太(21=リバーサルジム東京スタンドアウト)のセコンドを務める。
当日の模様は東京MXで生中継される。

森本は未成年時にストーカーに追い回されるストレスから私生活が荒れ、自暴自棄になって喫煙騒動を起こした。

ジャニーズを退所してハワイに留学。人生を見つめ直した上で今春、芸能界に復帰した。

2人はともに空手経験があり、世界の頂点に立つことを夢見る同年代の音楽家、格闘家として意気投合した。

瀧澤は「曲がった根性を叩き直す!」と森本にゲキを飛ばし、やられても何度も立ち上がるリング上での生きざまを見せることで、刺激を与えるつもりだ。

森本は「僕は将来、世界を相手にアーティストとして勝負したい。瀧澤選手は世界を目指す選手。

ストイックに体をいじめ抜き、強い相手と戦うのはすごい。間近に見て、何か一つでも学んで今後の糧にしたい」と意気込みを語った。

ジャニーズで“リングイン”した男といえば、大のプロレス好きで知られるタッキーこと滝沢秀明(34)が、2000年に「力道山メモリアル」でリングに上がり、憧れのアントニオ猪木(73=IGF総帥)とエキシビションマッチを行ったことがある。

それ以来、長いジャニーズの歴史で、リングインするのは2人目だ。

森本はタッキーに憧れてジャニーズ入りし、ストイックに芸道を追求する姿勢を今でも尊敬している。セコンドにつくのは同じ“瀧澤”選手。

森本は「これも何かの縁。貴重な経験ができることに感謝している」と、初のリングインに目を輝かせた。

【引用元:東スポWeb】

関連記事

1件のコメント

  1. 1
    匿名 says:
    ID:MTk5NTQ3MTgw

    あーこの子タバコ吸って解雇された子か
    終わったね。

コメントを残す

お問い合わせ運営者について