千葉真一 54歳年下恋人のため家賃5万円の部屋に引っ越すも…

国際的アクションスター・千葉真一(77)が“終の棲家”に選んだ先が関係者の間で波紋を広げている。千葉と親しい映画関係者が話す。

「今秋、千葉さんは都心の築54年、広さ約36平米、家賃5万円のマンションに引っ越しました。彼は今も都内ベイエリアにあるタワーマンションの一室と千葉県内の16部屋ある豪邸を借りていますが、ここ1、2か月はどちらにもほとんど帰らず、“これからはここが本宅だ”と周囲に話しているようです」

 生活の拠点をおよそ国際的スターに似つかわしくない“庶民的マンション”に移したのには理由がある。2015年4月、『週刊新潮』が千葉の「交際相手」と報じた54歳年下のA子さんが、このマンションに住んでいるからだという。

「A子はミス・ユニバースの地方大会のファイナリストで、女子大生とモデルという二足のわらじを履くエキゾチック美女。新宿・歌舞伎町のガールズバーでアルバイトをしていたA子を千葉さんが見初め、付き合い始めてから間もなく2年になります。

 最初は彼女も“ばーちー(A子さんは千葉のことをこう呼ぶ)はすごく上手いの”などとノロケていましたが、今では千葉さんのほうがゾッコンらしい。片時も離れたくないから、彼女が住むひとつ上の階に部屋を借りたそうです」(同前)

 一方で、千葉の古くからの友人はこう話す。

「これまで2人は派手な喧嘩を何度も繰り広げていたので、こんなに長く続くとは思わなかった。千葉さんは孫ほど年の離れたA子に対する愛情とともに嫉妬深い一面も併せ持っている。同じマンションに部屋を借りたのは、A子が若い男と遊んだりしないか見張る目的もあるのでは」

 だったら同じ部屋に住めばいいのではと思うが、「A子は現在、母親と同居している」(同前)ため、同棲はできないのだという。

 千葉は昨年11月、28歳年下の前妻と離婚。最初の妻で女優の野際陽子(80)とは1994年に離婚している。3度目の結婚は54歳年下の美女が相手か──?

 12月初旬、件のマンションの千葉の部屋を訪れたが応答はなかった。後日、12月に入り、千葉が肺炎のため都内の病院に入院していたことがわかった。前出の千葉の友人が話す。

「都心から離れた病院でA子も見舞いに来にくいため、“浮気していないか?”と心配しているようです。最近の千葉さんは活力に溢れていて、A子の存在が生き甲斐になっているのかもしれません」

 病床の千葉に代わって、個人マネージャーが答えた。

──千葉さんの容体は?

「検査も兼ねて現在、2週間の予定で入院しているのは事実ですが、本人は至って元気です」

──A子さんと同じマンションに引っ越した理由は?

「それは……プライベートなことなのでお答えは差し控えさせていただきます」

──2人の交際は順調?

「70歳を超えている身ですので、私や事務所側が何か言うことではありません」

※週刊ポスト2016年12月23日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について