壇蜜が主演のドラマ『アラサーちゃん 無修正』が完全にAV状態!?喘ぎ声連発でセックスシーン満載!?

壇蜜

25日深夜からスタートした新ドラマ『アラサーちゃん 無修正』(テレビ東京系)。

同ドラマは、「週刊SPA!」(扶桑社)で連載されている元AV女優で現在は漫画家やライターとして活動している峰なゆかの同名4コマ漫画を実写化したもの。

主人公の「アラサーちゃん」をはじめ、ぶりっ子キャラの「ゆるふわちゃん」や文系男子の「文系くん」など、個性豊かな男女が登場し、リアルなエロが描かれている。

もともと原作のファンだったという壇蜜が主人公を演じ、ゆるふわちゃんをセクシータレントのみひろが、文系くんを忍成修吾が務めるなど、そのキャストのハマり具合に原作ファンからも「再現度高すぎ」という声が出るなど、放送前から話題になっていた。

第一話は「アン、アン…」という壇蜜のあえぎ声でスタートし、壇蜜と川村陽介演じる元カレで現セフレの「オラオラくん」が正常位でまぐわう姿が映し出された。

「…気持ちいい」とつぶやく壇蜜は「気持よくなれよ」と言われると「じゃあ、後ろからして」と懇願。

体位を変え、後背位でのセックスに突入するのだった。

そこで「バック大好き。だって表情で演技する無駄なカロリー消費がないし」という心の声が流れ、無表情で「いい…あ~」と機械的にあえぎ声を出す壇蜜。

しかし、心の声は「でも、ぶっちゃけバックが好きっていうか、本当に感じてるときの顔はとっても人様に見せられない」と続き、「ぬんっ…」という変声とともに白目をむいた“マジイキ顔”が披露された。

事後、ベッドの上で川村から合コンに誘われる壇蜜。

その際は、上下ともに下着姿のため、Eカップともいわれるバストがしっかり強調されていた。

また、別のシーンでは「おまたせ」とピンクのバスローブ姿の壇蜜がベッドの上の川村のもとへ寄っていく。

川村の好きなシルクの下着を着けてきたというが、「こんなのシルクじゃない」と言われ「早くセックスしよ」と押し倒されてしまう。

そして「シルクの下着の上から、そこばっかりゴシゴシしないで」「シルクぅ~」とよがりながらセックスへとなだれ込んでいく。

壇蜜以外にも、「連絡先交換は擬似セックス」というエピソードでは、「大衆くん」を演じるキングオブコメディ・今野浩喜とみひろがエロシーンを披露。

2人はベッドの中で裸で抱き合い、「なんか入った…」「きたきたぁ」「私、実は初めてなの」という生々しい妄想シーンが放送された。

これを受けて、ネット上では「描写が地上波ギリのレベルで動揺した」「ほぼAVだった」「期待通りのエロさ」と絶賛の声が上がっている。

「主演の壇蜜は以前から実写化の際には出演を希望しており、作者からもラブコールを受けるなどまさに最高のキャスティングで、放送前から盛り上がっていました。

また、初回からふんだんにセックスシーンが盛り込まれていることが予告されるなど、キワドい内容の多い原作の再現度にも注目が集まっていましたが、まずはそれらの期待に応えた形ですね。

一部で『壇蜜は売れても“脱ぎおしみ”しないのが素晴らしい』という声が上がっていますが、同ドラマではリアルなセックスシーンだけでなく、衝撃のイキ顔をさらしたり、コミカルな演技もこなすなどまさにハマり役となっています。

テレビ東京の深夜ドラマといえば、前クールの『リバースエッジ 大川端探偵社』で探偵事務所の受付嬢を演じる小泉麻耶のエロ演技が話題になりましたが、昨秋の『衝撃ゴウライガン!!』では壇蜜がフルヌードを披露しています。

同作では特撮ドラマの中でのお色気キャラという立ち位置でしたが、今作はエロがテーマの作品だけに、今後もさらにキワドいシーンが期待できそうですね」(芸能ライター)

ゲスの極み乙女。がテーマ曲を歌うオープニングでは、壇蜜を含め全キャストがダンスを披露しており、ネット上で「かわいい」と話題になっている。

また、漫画チックなセットも「原作の世界観を残してる」と、エロ要素以外にも好評を得ている同ドラマ。

原作にはまだまだ過激なエピソードも用意されているだけに、第二話以降も壇蜜の吹っ切れたエロ演技が見られそうだ。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について