安室奈美恵 京都の一等地に新居購入は再婚への伏線か

安室奈美恵

「紅白」に落選するや自身のラジオで「紅白は見ない」と駄々っ子のような言葉を吐いた和田アキ子(66)。

対照的に安室奈美恵(39)はNHKのリオ五輪のテーマ曲まで歌ったが、条件面で折り合いがつかず出場を断ったという。

同じ歌手でも「紅白」に対する姿勢はここまで違う。かつて紅白は「出場するだけで翌年の仕事は安泰」とまで言われ、地方興行の多い演歌歌手にとっては大きな付加価値があった。

時代は移り、さまざまなジャンルの歌手が出現。安室もその一人。テレビ出演は少なく、CDとコンサート中心で活動。チケットは今も即日完売するほどの人気。

文句なしのJポップ界第一人者となったが、その姿勢はブレることがない。

幼いころ海辺で特訓した沖縄空手から習得したキレのある踊りは健在。ファンを魅了する。

紅白に出場することで「箔」と「人気」を維持する歌手とは必然的に考え方が違ってくるのも道理。私生活もおのずと違う。

和田は幅広い交流と酒に関わるエピソードで名を馳せているが、安室は芸能界の人との交流も少なく、私生活を自ら露出することもない。
それでも人気の高さはメディアの関心度を増す。

安室が動くとメディアは追う。「京都の平安神宮に近い一等地に高級マンションを購入」と週刊誌で報じられている。

芸能人のステータスである別荘といえば最近はハワイやオーストラリアなど海外が主流。

京都の撮影所の仕事が多い役者がそのまま京都に移り住むケースはあるが、セカンドハウス的に京都に住む人は珍しい。

安室の仕事スタイルからして京都は移動の不便もなく、仕事に支障を来すことはない。

こうした安室の行動を見るにつけ思い出されるのが生前、親しく交流していた安室の母親の話である。

なかでも、「私と奈美恵の人生がかぶるの。沖縄を飛び出したのも同じ10代なら、二十歳で“デキ婚”も一緒。

私が東京で働いていた会社がSAMさんの実家の近くだったのも巡り合わせのような気がする」の話は強く印象に残っている。

母親は離婚して奈美恵ら3人の子供を育て上げ、その後、再婚した。安室もSAMと離婚。

来春、高校卒業の息子と暮らす。母親の言葉通りなら再婚は近い(?)

「人見知り」で知られる安室にとって知り合いの少ない古都はかえって好都合。

都会の喧騒を離れ、古都で静かな新生活を送る。新居購入はその伏線なのか――。

(二田一比古・ジャーナリスト)

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について