嵐が主演の映画『ピカンチ』撮影中にファンが暴走し緊急事態に!?ロケ地を提供して貰えない!?

嵐の画像

デビュー15周年を迎えた「嵐」。

メンバーきってのインテリとしてニュースキャスターもこなす桜井翔(32)をはじめ、最近ではピンでの活動が目立つが、現在、5人のメンバーが揃って主演する映画の撮影中だ。

02年に第1弾、04年に第2弾が公開された映画「ピカンチ」シリーズのスピンオフで、ファンの間では語り草ともなっている伝説的な作品なのだが――。

「とにかくロケ現場にはやじ馬がウジャウジャ。おかげで撮影がたびたび中断に追い込まれ、さすがにメンバーも苦笑いでは済まないといった状況です。

実はいま、『聖地巡礼』と称して撮影後も嵐のファンがロケ地に殺到することが問題視されている。最近では“嵐の撮影には協力しない”という自治体やお店が増えているそうです」(事情通)

通称「アラシック」と呼ばれる嵐ファンのマナーの悪さは、ジャニーズオタクの間でもかなり問題視されているという。

「嵐はコンサートのチケットが入手困難になっていることもあり、デビュー当時からの古参のファンの中には最近の“アラシック”を煙たがり、お役目終了とばかりにフェードアウト。

若手のSexy ZoneやA.B.C─Z、デビュー前のジャニーズJr. にくら替えする人が増えているそうです」(前出の事情通)

国民的な人気がアダになってしまった。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について