嵐・松本潤、AV女優・葵つかさとの浮気は偶然じゃない! AV嬢を“性のハケ口“にしてヤリ捨てるジャニーズ

葵つかさ

本日放送の「第67回NHK紅白歌合戦」で、初の大トリを務める嵐。SMAP不出場が確実になり待っていたかのように発表された大トリだが、SMAP亡きあと”国民的グループ”として、嵐が2020年の東京五輪に向けてこれまで以上にプッシュされていくことは確実視されている。

 しかし、そんな嵐に衝撃的なスキャンダルが報じられた。

 かねてから井上真央との交際を伝えられ結婚が近いとも噂されていた松本潤が4年にわたり人気AV女優の葵つかさと浮気していた、と27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)2017年1月5日・12日号が報じたのだ。

 記事によれば、2人の出会いは4年前、中村勘三郎の通夜の席。「歌舞伎関係者が大勢いる中で、彼がつかさにこっそり携帯電の番号を聞いてきた」(葵の知人女性)のだという。松本は勘三郎の息子・七之助と親友ということで通夜に参列、ジャニーズには珍しくカコミ取材にも神妙な様子で対応していたが、その裏で、ちゃっかりナンパしていたというのだからそれこそゲスの極みだ。

 しかも井上との付き合いは05年のドラマ『花より男子』(TBS)からで、始めから二股をかけるつもりで声をかけたのは明白だ。

 さらに、ここからの扱いが、またヒドい。当初、葵は松本と井上の関係を知らなかったが、後にネットの情報などで知り、一度だけ松本に井上の存在を問い質したという。そのとき、松本から返ってきたのはこんな言葉だった。

「それ以上、彼女のことを言ったら殺すよ」

 また、2人はいつも松本が彼女を呼び出すかたちで逢瀬を続けていたというが、昨年3月、煮え切らない彼の態度にだんだんと関係が怪しくなり、葵の方から「タクシー代くらい欲しい」と告げると、松本はこう返したという。

「お金を払うような関係じゃないよね?」

 この言葉を聞いて、葵は逆に「大事にされている」と嬉しく感じたというのだから、この関係がどれだけ泥沼化していたのかを伺い知ることができるが、それはともかくとして、タクシー代すら出し渋るとは国民的アイドルグループのメンバーらしからぬ態度である。

 また文春の記事をよく読むと、葵が松本のマンションを訪れるのはきまって深夜で、しかも数時間後の明け方には部屋をあとにしている。一度はインターホンに反応がなく帰っていったということは、4年に及ぶ交際にもかかわらず合鍵も持たせてもらえてないのだろう。いくら二股とはいえ、交際相手に対するものとは思えない扱いだ。

 実際、この関係について「週刊文春」記者にあてられた松本は、葵のことを「その人がわかんないんで」と切り捨てた。要は、二股どころか、都合のいいセフレかデリヘルのように利用していたということだろう。

 今年の紅白歌合戦では初めて大トリの大役を務めることになった嵐に降りかかったスキャンダルだが、実は、こういったケースは珍しいことではない。ジャニーズ事務所には伝統的にAV女優を「性処理」のための道具にする風習がまかり通ってきた。

 ジャニーズ事務所のタレントとAV女優のスキャンダルというと、いま真っ先にあげられるのが、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧とAV女優の明日花キララの関係だろう。伊野尾といえば、「週刊文春」にTBSの宇垣美里アナとフジテレビの三上真奈アナの間での二股疑惑が報じられていたが、それより前の9月、「週刊女性」(主婦と生活社)にシンガポールでデートする伊野尾と明日花の姿が写真付きで報じられていた。伊野尾の本命は宇垣アナで、明日花は単なる遊び相手というのが芸能マスコミの大方の見方だ。

 ただ、なんといってもひどいのは、櫻井翔以外の嵐のメンバー4 人がAV女優のAYA(後に自殺している)と関係し、そして捨てた件だ。これは「週刊文春」10年11月11日号で報じられている。

 元々、小室哲哉がプロデュースしたユニットでアイドルとしてデビューした彼女は、かねてから多くの芸能人と交遊関係をもっていたのだが、そのなかでもとりわけ深い関係にあったのが嵐だ。

 AYAが嵐のメンバーで最初に関係をもったのは松本。まだ彼が中2のときであった。松本との肉体関係は一回のみで、続いて、大野智、二宮和也と渡り歩いていく。特に、二宮とは体だけが目当てのセフレのような関係であり、いきなり品川に呼び出されて公衆トイレで性行為を求められたりもしたという。

 一方、相葉雅紀とは真剣な交際で実家にも行ったことがあるほどの仲だったというが、事務所が彼女のことをブラックリストに入れるやいなや、「事務所に怒られるから」と、あれほど親しかったメンバーがいずれも電話をしてもまともに出てくれることすらなくなってしまうのだった。

 他にも、V6の森田剛と美雪ありすなど、交際が報じられたり、噂が出たりといったケースは枚挙に暇がないが、ジャニーズ事務所のタレントたちがAV女優に対しこのような行いに出るのには、構造的な問題がある。恋愛を厳しく律する事務所の姿勢だ。

「ジャニーズは、とにかくタレントの恋愛を絶対許さないことで有名ですからね。ジュニア時代や売り出し中は、発覚したらクビを切られることもある。だから、同じ職場で出会う女性アイドルやタレントと真剣に交際することは難しいけれど、でも、女性への興味をおさえることなんてできない。そこで出てくるのがAV女優です。AV女優ならヤリ捨ててもいい。そう思っているのでしょう」(芸能関係者)

 しかし、この松本と葵の件がメディアに追及され、世間の批判に晒されることはないだろう。あらためて指摘するまでもなく、松本がジャニーズ事務所所属のタレントだからだ。これがジャニーズやバーニング所属のタレントが起こしたことであれば、ベッキー不倫騒動のように今ごろ針のむしろにされていてもおかしくない。

 今年だけでも、Hey!Say!JUMP中島裕翔の泥酔痴漢事件、V6岡田准一と宮崎あおいの略奪不倫同棲、Hey!Say!井尾慧の女子アナ二股交際、同じくHey!Say!の複数メンバーに持ち上がった乱交パーティ疑惑……数々のジャニーズスキャンダルが週刊誌に報じられたが、テレビやスポーツ紙は一切後追いすることなく、すべて葬り去られてしまった。そして、こうしたメディアの弱腰、無批判な状態こそが、「何をやっても大丈夫」とジャニーズタレントたちを増長させ、女性を「性の捌け口」としてまるで物のように扱い平気で捨てるという、非道な行為を繰り返させているのだ。

 今後もこの悪しき風習は繰り返されてしまうのだろうか。

【引用元:LITERA】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について