嵐・松本潤だけじゃない?ジャニーズに”女性スキャンダル続出”の背景

 アイドルは恋愛しない、なんて言葉はもう死語だろうか。不倫や薬物にまつわる騒ぎが頻繁に起きた2016年、SMAP解散に揺れたジャニーズは女性スキャンダルで世間を賑わせた。若手のHey! Say! JUMPからベテランの嵐にいたるまで、スキャンダルが取り沙汰されたジャニーズタレントは枚挙にいとまがない。

■2016年発覚の主な女性スキャンダル

 中でも先陣を切ったのがHey! Say! JUMPの中島裕翔(23)。『週刊ポスト』(小学館)に女優・吉田羊(年齢非公開)との“年の差熱愛”が発覚。吉田のマンションで怒涛の7連泊を実施した模様をキャッチされた。吉田はその後、イベントで涙を見せたり“爆音逃亡”を行なったりしたことが話題になっている。

 7月には、嵐の二宮和也(33)がフリーの伊藤綾子アナウンサー(36)と熱愛中であることが明らかに。二宮が受け取った花束や松本潤がプレゼントしたTシャツを伊藤がSNS上で紹介していたことが、ネット民によって特定された。その後、伊藤の“ニノくんと付き合ってるぞ”アピールに発狂する女性ファンが続出している。

 11月に入ると、『東京スポーツ』(東京スポーツ新聞社)が“超人気アイドルグループの乱交・少女妊娠”の疑惑について報道。同グループのメンバー3人が、当時17歳だったAさんを交えて(関係をもったのは3人中2人)乱交騒ぎ。後日Aさんが妊娠していることが判明し、Aさんの母親や弁護士が間に入って、「中絶同意書」のやり取りが行なわれた模様。関係性は不明だが、騒動に前後してHey! Say! JUMPメンバー出演のCMが突如打ち切りに。ファンの間で様々な憶測を呼んだ。
 
 そして、Hey! Say! JUMPで、最も脇が甘かったのが伊野尾慧(26)だ。人気セクシー女優の明日花キララ(28)と一緒だった“年始シンガポール旅行”を『週刊女性』(主婦と生活社)に9月に報道された。12月に入るとさらに、宇垣美里TBSアナウンサー(25)と三上真奈フジテレビアナウンサー(27)との二股交際まで判明。それでも伊野尾はその後、毎週木曜日に情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で三上アナと共演している。

 12月27日、2016年最後を締めくくったのは松本潤(33)。以前から交際がウワサされていた井上真央(29)以外に、セクシー女優・葵つかさ(26)と4年愛を育んでいることを『週刊文春』(文藝春秋)がスクープ。報道直後には、葵のツイッターのコメント欄などで“葵擁護派”と“井上擁護派”がバトルを繰り広げた。

 1年にわたって目立ったジャニーズの女性スキャンダル。その背景とは?

 過去には、LDHの三代目J Soul BrothersやエイベックスのAAA(トリプルエー)など非ジャニーズ系の台頭やドラマの不調によるメディアへの“圧力”の低下、SMAP解散報道の余波などが指摘されてきた。

「また、インターネット興隆前のように、支配下のメディアを抑えればどうにかなる時代は終わりました。ファンによるジャニーズの目撃情報もネット上に散見されますし、二宮の交際ネタや未成年妊娠疑惑の拡大も、原因の一端は伊藤アナの情報発信やファンの調査力。過去のやり方だけでは収集がつきません。ただかつてはSMAPの元チーフマネージャーであるI氏が、所属タレントのPRの一環として、ネットに力を入れることも検討していたと言われています。ネット文化にもっと精通し、スキャンダル対策も立てていればこんな醜聞まみれにならずに済んだかもしれません。もう一つ、ジャニーズの“一部タレント”はアダルト業界を甘く見ている。性格的にタガが外れている者もいますし、地上波の芸能界や一般メディアと結びつきが深い者もいます。身内にリークされやすい環境にいるんです。総合的に考えて、状況は2017年以降も変わらないでしょう」(報道関係者)

 それでは、2017年はどんな動きが予想されるのだろうか。

「まず“ゲス二股”疑惑がある嵐・松本が話題の中心になるでしょう。Hey! Say! JUMPもほとぼりが冷めた頃から再びマークされるのでは。もう一つはV6・岡田准一(36)と宮崎あおい(31)の進展も気になるところ。岡田は春先に話題作が続きますから、その後に注意。岡田の動き如何では、結婚待ちとされる嵐のメンバーたちにも何らかの動きが出るでしょう。もっとも松本の場合はきちんとした“身辺整理”が必要ですが」(前同)

 SMAPが解散し、新しい時代を迎えようとしているジャニーズ。“女好きの肉食アイドルたち”に明るい未来は待っているのだろうか。はたまた影でこっそり欲望に埋もれていくのだろうか……。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について