嵐・櫻井&有吉『ゼウス』ジャニーズ豪華出演も「あまりにもクソ」「二度とやらないで」と酷評まみれ…第3弾でも炎上

櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍 究極バトル“ゼウス”

11月24日に放送された『櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍 究極バトル“ゼウス”』(TBS系)。

嵐・櫻井ら、ジャニーズタレントが、芸人軍と体を張った対決を繰り広げる特番の第3弾だが、今回も放送内容をめぐってジャニーズファンから不満が噴出。公式Twitterに批判が向かっている。

同番組は昨年4月に第1弾がオンエアーされ、今年2月には第2弾を放送。ジャニーズ軍は奮闘を見せながらも芸人軍に2連敗しており、最後は“土下座”をするという屈辱の展開のまま第3弾を迎えた。

今回は、これまであまり櫻井らとの共演がなかったKis‐My‐Ft2(藤ヶ谷太輔・二階堂高嗣)、Sexy Zone(佐藤勝利・松島聡)、A.B.C‐Z(河合郁人・塚田僚一)がメンバーに加わったことも、大きな話題になった。

オープニングで有吉は、「ジャニーズ軍が負けたら『ゼウス』終了」と提案し、1stバトルの「ローリングゼウス」は芸人軍に軍配が上がるなど、ジャニーズ勢は押されムードのまま序盤は展開した。

「ローリングゼウスとアーチェリー対決で有吉軍が勝ったものの、次の『ストロングハグ』と『エンドレスジャンプ』はジャニーズ軍が圧勝。

残り2種目は白熱のゲームとなり、最終結果は芸人軍が240ポイント、ジャニーズ軍は250ポイントで、なんとかジャニーズ軍が初勝利を飾りました。

しかし、得点の配分が『意味不明』『謎すぎる』という指摘が相次いでいます」(ジャニーズに詳しい記者)

番組協力に参加したファンのレポートによれば、放送されたゲームの順番と実際の収録順は異なるとのことで、得点の内訳がわかりにくかったのは、この辺りに要因があるようだ。

また、番組の編集にも多くの不満が飛び交っている。
二階堂のシーンが“ダイジェスト版”として短く編集されていた点や、両軍がそれぞれ大縄跳びにチャレンジするシーンもダイジェストになっていたことが反感を買っている。

「藤ヶ谷と櫻井がプライベートで食事した際のエピソードもカットされていたとの“告発”があり、これらのレポートを見たファンが落胆しています」(同)

さらに、今回の罰ゲームだった「電流ビリビリ土下座」についても嫌悪感を抱いた視聴者が多く、「電流がおもしろいと思ってるところがセンスなさすぎ」「電流なんて見たくない」といった声も噴出し、公式Twitterアカウントにも「編集があまりにもクソだし、芸人の面白いところも引き出せてない。点数の内訳は?」「つまらないし、罰ゲームも編集も品がない。せっかく手の込んだゲームなのにもったいない」「視聴者の意見を見て改善する気ないなら二度とやらないで」などと、“ダメ出し”が殺到。

「#ゼウス反省点」というハッシュタグも存在するほど、Twitterでは厳しい声が飛んでいた。

「肝心の視聴率は、3時間(午後7時57分~10時54分)で11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回は10.6%(第1部)、12.4%(第2部)で、第2弾は13.1%だったため、前回より2%ダウンしました。

この日の同時間帯はテレビ朝日が断トツトップで、『科捜研の女』(8時~/13.7%)や『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(9時~/22.2%)に続いて、『報道ステーション』も(10時~/13.8%)高視聴率を獲得。2位は日本テレビで、TBSは民放3位でした。

とはいえ、『ゼウス』の前番組『プレバト!!』が12.4%と高かったので、その影響もあり、高い数字を獲れたのかもしれませんね。

放送終了後、公式Twitterは視聴率次第で第4弾が放送される可能性を示唆してしました」(同)

新たに3グループが参戦するも、得点や編集方法、罰ゲームにまで辛辣な意見が寄せられている『ゼウス』。

第4弾があるとすれば、これらの問題点を改善してほしいものだ。

【引用元:サイゾーウーマン】

■ジャニーズvs芸人の『ゼウス』が第3弾でも炎上! “ガチンコ勝負”なのに得点が不明瞭…

「ジャニーズ軍」と「芸人軍」が、サッカーのPKやアーチェリーなどの競技で“ガチンコ勝負”を繰り広げるスポーツバラエティ『櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍究極バトル“ゼウス”』(TBS系)が、11月24日に放送された。

2015年4月に特別番組として放送が始まってから、今回で3回目となった『ゼウス』。

これまで芸人軍に2敗しているジャニーズ軍は、新たにKis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Zメンバーら新勢力を加え、リベンジに挑んだ。

グループの枠を超えた大勢のジャニーズアイドルが一堂に会するとなれば、ジャニーズファンの間で大きな盛り上がりを見せるかと思いきや、実は毎回“炎上騒ぎ”が起きてしまう、いわくつきの番組でもある。

16年2月に放送された第2弾では、Hey! Say! JUMP山田涼介とNON STYLE井上裕介がレスリングで対決したのだが、両者ともに目に見えるキズを作るほどの戦いとなってしまい、ファンからは「キズだらけで痛々しい」「ガチで挑むのはいいけど、ここまでする必要あるの?」と批判の声が相次いでいた。

あまりにガチンコすぎるため「心配で見ていられない」という点が、今までファンが『ゼウス』を楽しめないひとつの要因として挙げられることが多かった。

しかし第3弾では、そもそも“スポーツバラエティ”として楽しめない、番組の在り方に批判が集中していた。

番組冒頭、芸人軍を率いる有吉弘行から「今回ボクらが勝ったら3連勝ですから、この番組も終わりです!」と、早速プレッシャーをかけられる。

絶対に負けられない戦いとなったジャニーズ軍は、俊敏性が問われる「ローリングゼウス」や、筋力と忍耐力が必要となる「ストロングハグ」など、6つの競技で得点を競った。

しかし、点数が書かれた的に矢を射る「ゼウスアーチェリー」以外、勝敗はわかるものの、その競技で一体何点獲得したのかわからないまま番組が進行。

そのわりに、最終種目では「点数が拮抗している」とのアナウンスが入り、“なんとなく”接戦になっていることしか視聴者には伝わらない作りになっていたのだ。

最終的に、240ポイント対250ポイントでジャニーズ軍が勝利。
その結果が伝えられた後に競技点数の内訳が発表されたのだが、6種目中2種目でしか勝利していないジャニーズ軍が勝利するという、不可解な結果であった。

これにはジャニーズファンからも「得点のつけ方がナゾすぎてよくわからなかった。あれじゃスタッフの裁量でなんとでもなるように見えちゃうよ」「点数の詳細が不明瞭で、“ガチバトル”とか言っておきながら全然ガチじゃなかった」「番組を続けるために点数いじったと思われても仕方ないなこりゃ……ジャニーズ軍が勝ったのにうれしくない」と批判が集中し、悲願の初勝利を果たしたにもかかわらず、モヤモヤしてしまうファンが続出している。

中には「負けて番組終わりでよかった」と嘆く声もあるが、番組は今後も続いていきそうな気配を醸しだしている。

もし次回があるならば、バラエティらしく笑って終われるような番組になることを願うばかりだ。

【引用元:ジャニーズ研究会】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について