広瀬すずでまた漫画実写化…『先生!』主演決定にブーイングの嵐

広瀬すずでまた漫画実写化…『先生!』主演決定にブーイングの嵐

まるでベルトコンベアーの流れ作業のように次から次へと……。

10月27日、広瀬すず(18)と生田斗真(32)がW主演を果たす映画『先生!』の制作および2017年秋の公開予定が発表された。

“人気恋愛漫画の実写映画化作品”への出演が続く広瀬すずを中心に、漫画ファンの間で「お腹いっぱい」などとブーイングの嵐だ。

■広瀬すず主演で「ミスキャスト」「お腹いっぱい」

11月以降、漫画原作の公開予定映画は目白押し。
『溺れるナイフ』や『イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編』、『一週間フレンズ。』、『きょうのキラ君』、『ひるなかの流星』、『3月のライオン』などあふれんばかりだ。

広瀬も2016年、漫画原作の実写映画『ちはやふる』シリーズ(上の句・下の句)や『四月は君の嘘』に出演。

PRにも熱心で、幾度となくイベントに出席して芸能ニュースに登場した。

そして今回は、『別冊マーガレット』(集英社)で1996年から2003年まで連載された人気恋愛漫画『先生!』の実写映画に出演が決定。広瀬は女子高生・島田響を演じる。

ファンの反応はどうもイマイチ。
タメ息まじりで「ミスキャスト」「お腹いっぱい」という声が続出し、先生・伊藤貢作を演じる生田にも「イメージに合わない」と非難が飛んでいる。

ファンが納得いかない点の一つが、作り手の反省感のなさだ。

近年公開された『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』は公開前から「ムチャだ」と非難され、あげく公開後に大爆死。

広瀬が出演した『四月は君の嘘』も評価はやや低調だった。

それにもかかわらず、企画時点で安易に見える漫画実写化の連発が止まらない。

「広瀬出演が決定した『先生!』は、わざわざ13年前の作品を引っ張り出して実写映画化することになります。

夢もワクワクもない代わり、リスクがない安全な投資だということでしょうか。

この人気漫画実写化の傾向は当分止まりそうになく、むしろ勢いが増すばかり。原作の熱心なファンほど諦めが要求されるかもしれません」(報道関係者)

人気漫画『GANTZ』の作者・奥浩哉(49)も過去にツイッターで、「知名度がある原作とイケメンの組み合わせだけで内容はテキトーでも観に行く人達がいっぱいいるからですよ。コアなファンなんて最初から相手にされてません。儲からなかったら誰も作りません」とあられもない現実をファンに突きつけた。

また最近は、熱心な原作ファンに心境の変化を求める声も出ている。

10月26日放送のバラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で漫画やアニメの実写化が話題になった際、マツコ・デラックス(44)は「今、文句言う人はちょっとダサい」と意見した。

実写化にウンザリするファンからは「もうどうせなら漫画原作は全て山崎賢人(22)と広瀬すずですれば」とヤケクソ気味の皮肉も飛ぶ人気漫画の実写化。

2017年は山崎主演の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『斉木楠雄のΨ難』、山田涼介(23)主演の『鋼の錬金術師』などの公開も控えている。

熱心なファンは我慢を強いられ、阿鼻叫喚の年となりそうだ。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について