強姦事件で逮捕の高畑裕太が芸能界復帰説…渡辺徹と榊原郁恵の息子で二世仲間・渡辺裕太は「応援しない」

渡辺裕太と高畑裕太

女優・高畑淳子(62才)の長男である高畑裕太(23才)が、強姦致傷容疑で逮捕されてから3か月。

示談が成立し、不起訴となったことで、一部メディアで《淳子が息子の芸能界復帰を目論んでいる》とも報じられたが、高畑を知る芸能関係者はこれを否定する。

「残念ながら起用しようという番組や舞台はないでしょう。『強姦致傷』という言葉はイメージが悪すぎる。まずスポンサーがつきません。

淳子さんもそれは重々承知で、近く精神修行のために四国のお遍路をさせる予定だそうです。いずれは裏方のスタッフなどで社会復帰させたいという意向はあるみたいですけどね」

 裕太がこれから歩むのは茨の道である。だからこそ、家族以外にも支えとなるべき仲間が必要になる。

事件発生後、高畑淳子は舞台『雪まろげ』に出演。ここで共演しているのが榊原郁恵(57才)だ。

渡辺徹(55才)と郁恵夫妻の長男である渡辺裕太(27才)は同じ二世タレントとして高畑裕太と特に親しかった。似た境遇に加え、名前も同じ。

通じ合うものがあり、事件前は「W裕太」として2人でバラエティー番組に出演する機会も多かった。

別の芸能関係者はこう語る。
「息子同士、母親同士、よき友人関係でした。郁恵さんと淳子さんが同じ番組に出演した際は、息子の部屋の汚さをお互い嘆いていたし、楽屋でも二世タレントの難しさについて語り合っていました。

共通の悩みを抱えているからこそ、母子それぞれわかり合える部分が多かったのでしょう。

 なのに、あんな事件が起きてしまって…。郁恵さん、稽古場で淳子さんと一緒になっても、何と声をかけていいのかわからない様子でした。

痛みがわかるがゆえに、軽々しく慰めの言葉をかける訳にはいかなかったのです。渡辺裕太さんもまた同じ気持ちだったと思います」

 渡辺裕太が女性セブンに重い口を開いた。
この夜、都内の劇場で出演舞台を終えた彼は、記者の問いかけに時折考え、言葉を選びながら丁寧に答えた。

「裕太とは事件以来会っていません。こちらから連絡するのも控えています。今どこにいるとか、その辺りはぼくもわからないんです」

──母親の淳子さんとはどんなお話を?

「それは、最近会いましたので。舞台(『雪まろげ』)の公演を見に行かせていただいて、楽屋にも挨拶に。

すばらしい舞台だったので、そのことを伝えたかったのですが、お母様からは“息子がお騒がせしてしまい、本当にごめんなさい”という言葉を真っ先にいただいて…。悲しそうな顔で、ぼくもつらかった」

──高畑裕太さんの今後について、支えになるつもりはありますか?

「う~ん…。芸能界に復帰するという話になれば、ぼくは応援しません。今回の一件、どんなことが起きていたのかぼくは詳しく知りませんが、決して褒められた行為でないことは事実ですから。

ただ、この感情は伝えるのが難しいのですが、ぼくの彼に対する気持ちは事件前と変わらないんです。彼のやったことを擁護するつもりはないけど、昔も今もこれからも、ぼくは彼の友人でありたい」

※女性セブン2016年12月8日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について