想像以上の濡れ場『逃げ恥』竿おろし回で最高平均視聴率獲得/第10話レビュー

逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)

 13日放送の『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜よる10時)の第10話が、自己最高平均視聴率17.1%を獲得しました。最終回に向けて着々と盛り上がってきた本作ですが、ここへ来て最大の賛否両論展開を迎えたのです……。

 先週、お互いの気持ちを素直に伝え合い、見事恋人になった2人。その後、夕食の買い出しに出ると、「恋人繋ぎ♡」と手を握ってくるみくり(新垣結衣)に、平匡さん(星野源)はニヤニヤしつつもソワソワ。というのも、平匡さんは勢いで「一緒にいますか、朝まで」と誘ったものの、「朝まで何をすれば良いんだ?」と悩んでいたのです。朝まで数独? 朝までWii? 朝までロボホン……と妄想してみます。いや、どれも楽しそうじゃないですか! でも、「今はそういうことじゃない!」と自分に喝を入れる平匡さん。

 同じくみくりも「どこまでを想定しているのか?」と食事の後片付けをしながら妄想していた時、輪ゴムを飛ばしてしまい、ふと気付くのです。「(輪ゴムのアップを映しつつ)平匡さんが持っているとも思えない……」と。そういえば『校閲ガール』最終回は男根ネタでしたね。なんて話は置いといて、「朝まで添い寝をするだけでもいっか」とニッコリ。

 とはいえ平匡さん。持ってたんですよ、コンドーム。昔、日高さん(藤井隆)にもらったのだとか。いい仕事するな~隆☆「いけるところまでいこう!」と決意したのですが、いざ2人きりになるとガッチガチに緊張。すると、人並みに場数を踏んできたみくりは、ニコニコ笑顔で恋人繋ぎアゲイン! これには平匡さんもニッコリ……。はっ、始まる! と思いきや、「この後の記憶はひどく断片的で、気付いたら……」と元町商店街を「何てことなんだあああああああ」と猛ダッシュする平匡さん。結果、お勃ちにならなかったようです。やっぱりプラトニックか~。うんうん。

 何でも、ベッドに入った2人は、天井を見上げながら並んで寝ていたのですが、みくりが横を向き、上目遣いで「いちゃいちゃ、しないの?」と聞いてきたそう。本当にみくりはやり手ですよ! しかし平匡さんは「すみません、いちゃいちゃはしたことがなく……」なんて返したのですが、今度はみくりからちょっかいを出し始めます。ここからはリビングに置かれたロボホンとぬいぐるみを交互に映しながら、2人の音声が流れるんですけど、想像以上でした。

みくり「えいっ」
平匡さん「あっあっ。くすぐったいです」
みくり「いちゃいちゃです。ほら、平匡さんも」
平匡さん「では失礼して……」
みくり「はぁっ」
平匡さん「す、すみません」
みくり「もぉ~、いいんです」
平匡さん「いいのかぁ~」

 「はぁっ」って……喘ぎ声じゃないですか! こんなにキャッキャウフフな時間を過ごしといて、突然走り去った平匡さん。残酷。走り疲れて座り込み「だから嫌だったんだ」「失敗を恐れて、ずっとひとりで」なんて頭を抱えていたんですけど、「今、みくりさんは、どんな思いで……」と置いて逃げてしまったことを思い出し、「大切な人から逃げてはダメだ、失いたくないのなら!」と立ち上がります! そして、見事、童貞卒業☆ アッチも勃ったんですね~☆ 翌日が誕生日だった平匡さんは、とってもラブラブなバースデーを過ごしたのでした。

 さて。偽野内・風見さん(大谷亮平)と百合ちゃん(石田ゆり子)にも進展が。「人のこと知りもしないのに、何を見てるのか」と五十嵐安奈(内田理央)の愚痴をみくりに漏らす風見さん。すると、小賢しいみくりに「風見さんってロマンチストですよね。見た目じゃなく、自分自身を見てほしい。じゃあ自分は、そのガンガンくる女性の内面を見ることができているのかどうか。一度、覗いてみたらどうですか?」と助言され、早速美術館デートしてみたのです。

 しかし、百合ちゃんとトゥービー・田島さん(岡田浩輝)と鉢合わせするんですね~。お互いに挨拶を交わしつつ、百合ちゃんに熱視線を送る風見さん。その視線に気付いたトゥービーは「どういう関係?(ニンマリ)」と突っ込むのですが「やめてよ、17歳も下よ」と交わします。切なげに。

 さらに後日。風見さんに誘われ、家に出向いた百合ちゃんは、泣いた夜、「どうして『そんなこと言わないでください』なんて言ったの? 私がイタい女に見えた?」と聞くと、「僕はかっこ良い百合さんが好きですが、それは百合さんからにじみ出るものであって、誰かのお手本になるためにかっこつける必要はないと思っただけです」と言われ。「人目につかないようにかばってくれてありがと」と言うと、「かばったんじゃなくて、見せたくなかったんです、誰にも」と言われ。しまいには、「不覚だった、若人の前で。今度うちにも遊びに来て。甥っ子特典で美味しいワインごちそうしてあげる」と言うと、「本気で甥っ子だと思ってるんだ、僕は本気で百合さんを抱きたいと思ってるのに」と。トドメの一撃!!! 百合ちゃんは「オバサンをからかわないの」なんて言って去るのですが、先週、風見さんの意外な優しさに触れてから、明らかに意識しちゃってる百合ちゃん。どうくっつくの、この2人!?!?

 さてさて。第10話ともなると、トピックがてんこ盛りなんですよ。平匡さんたちの会社が買収されることで、リストラする社員を選出していた沼田さん(古田新太)にも動きがありました。該当社員を平匡さんに確定し、ようやく本人にリストラ勧告した当日。平匡さんに「会社で一番優秀なエンジニアは津崎くんだ」と伝えた上で、「その分年俸も高い。開発のほとんどから手を引くってなったら、宝の持ち腐れ、分不相応な買い物だ」「契約結婚だった=人ひとり雇える経済的余裕、日野くんのように養わなきゃいけない妻子もいない」と伝えます。すると平匡さんは、「籍を入れていないということは、責任を負っていないということになりますね。年内いっぱい、よろしくお願いします」とすんなり受け入れました。数日前には、日高さんと「ひとりだと心配だよね、突然死。結婚って安全装置みたいなとこあるよね。どっちかに何かあった時、ひとりだと大変だけど、2人いればなんとかなる。生き抜くためのひとつの知恵、みたいな」と結婚の意義を語っていたり。結婚とは責任、そして生き抜くためのひとつの知恵……。平匡さんが大きな一歩に出たのです。

 珍しくみくりを外食に誘った平匡さんは、高級料理店にて食事を済ませた後、なんとみくりにプロポーズしちゃいました! その上、みくりは大喜び! でも、以前は結婚したくないと言っていた平匡さんが、なぜ籍を入れたくなったのか……。さらに、平匡さんは「籍を入れたほうが経済的で合理的」と、将来の2人の資産を算出したデータを印刷して提示。これにはみくりも顔を歪め、プロポーズの理由を聞いてみると、「きっかけは、リストラです」なんて返事が。

 みくり、びっくり。「リストラされたからプロポーズ? 結婚すれば給料を払わずに私をタダで使えるから合理的。そういうことですよね?」とまくし立てるのです。すると、平匡さんもびっくり。「みくりさんは、僕と結婚したくはないということでしょうか?  僕のことが好きではないということですか?」と悲しげな顔で聞き、みくりが「それは、好きの搾取です。好きならば、愛があれば何だってできるだろうって、そんなことで良いんでしょうか? 私、森山みくりは、愛情の搾取に断固として反対します」と同じく泣きそうな顔で訴えて終わるのでした。

 視聴者には、平匡さんの結婚観が変わった過程。そしてリストラ勧告にあった後、昼休みも返上してPCに向かい、電話をかけまくり、家でも自室にこもって調べ物をするなど「転職活動か~」と思っていた行動すべてが、プロポーズするためのお店選びだったこと。さらに、お店の下見を済ませて、メニューを完璧に頭に叩き込んだことまで知っています。だからこそ、平匡さんには「しっかりすべてを伝えればいいのに」。そしてみくりにも、云々言ってないで「しっかり平匡さんの考えを聞けばいいのに」と思うわけで。案の定プロポーズシーンには、多くの人がネット上で個々の意見を物申しています。

 みくりは平匡さんのことが好きで、プロポーズされて喜んだわけで。要するに「みくりさんが大好きだから結婚したいと思った」って言われたかったのでしょう。平匡さんだって、言いたかったでしょうし。この2人、3カ月も一緒にいて、いっつもいっつもすれ違って来たじゃないですか。しっかり伝えないし、伝えるのが下手だから。そろそろ、そんなお互いの性質を理解しても良くないですか? またすれ違ったよ、ちきしょー!!! と何度歯を食いしばったことか。毎回すんなりと話が進まないことで、みくりが提示してきたトンデモ案。次週、2人はどんな選択をするのか……。野木亜紀子先生、『重版出来』のようなスッキリラスト、期待してます!!!

【引用元:messy】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について