成宮寛貴の薬物使用疑惑を暴露のA氏は「恋人のような存在だった」

 写真週刊誌『フライデー』が報じたコカイン吸引疑惑を発端として、俳優の成宮寛貴さん(34才)が、芸能界引退を発表した。『フライデー』では友人A氏が、成宮さんのコカインや大麻の使用を証言。吸引現場とされる写真も掲載された。

 この疑惑報道に対し、成宮さんの所属事務所は事実無根と否定。法的措置の構えを見せたが、成宮さんは直筆の文書で引退を表明した。薬物疑惑には具体的には触れず、セクシャリティの問題を露呈されたことに対する苦痛などが綴られていた。

◆事務所上層部との軋轢

 報道では、「事務所は慰留したものの、本人に引退の意向が強かった」とされているが、別の声も聞こえてくる。

「むしろ事務所が成宮さんを守ることに対して後ろ向きになっていたというんです。近年、彼は事務所の意向とぶつかることが多く、売れてからはお金で揉めることもあったとか。今回の報道を巡っても、『事実無根』と反論しつつ、上層部の中には“この機会に彼を切った方が良いのでは”という意見もあったそうです」(芸能関係者)

 同事務所には菅田将暉(23才)や松坂桃李(28才)、木村佳乃(40才)や杏(30才)など人気俳優が複数在籍しており、近年成宮さんへの執着は薄れていたともいわれている。

「成宮さんの報道による事務所のイメージダウンが、他の俳優に波及する方が怖かった。《芸能界から消えてなくなりたい》というコメントは、成宮さんを“消し去りたい”という周囲の意向を彼自身が察知していたがゆえの一文なのではないか、と…。引退声明とはいえ、タレントの書く文面を事務所が監修しないなんてことはありえませんからね」(別の芸能関係者)

◆親友男性の裏切りで人間不信に

 成宮さんが一連の報道で苦悩したのは想像に難くない。問題は、彼の苦しみの源泉が、セクシャリティの露呈とは別の側面にあることだ。

「フライデーに告白したA氏は、成宮さんが10年来にわたってつきあってきた、最も信用する男性だったそうです。A氏は誌面で“友人”だと言っていますが、成宮さんにとっては恋人のような存在だった。

 最近は些細なことでけんかすることもあったそうですが、腹いせのごとく、メディアに自分のプライベートを売り込むなど想像もしていなかったはず。第一報の直後から、ショックのあまり人間不信になってしまったそうです。誰と話していても隠し撮りされているのではないかと気が気でなく、仕事ができる状況ではないのだといいます」(別の成宮の知人)

◆恐れる「第三の矢」

 引退を決定的にした要因は、“次なる報道”にあると言うのは、あるワイドショーの芸能デスク。

「フライデーは本件を報道するまでに3か月以上かけて入念に取材しています。記事の内容は取材データの一端で、A氏からは他にも複数の写真を提供されているそうです。成宮さんにクスリの購入を肩代わりさせられることが耐えられなかったと話しており、知っている限りの情報を打ち明けたとか。

 中には成宮さんにとって絶対に表に出てほしくないものもあり、フライデー側は事務所との交渉時に、それらの存在も伝えているといいます。彼が最も恐れたのはこの点でした。『第三の矢』が飛んでくる前に、全てを捨てて芸能界を去る他なかったのです」

 出演予定だった2017年1月スタートのドラマを降板し、4本のCMも放送中止。本人に降りかかる違約金は1億円とも報じられているが、それでも引退を選ばざるを得なかった成宮さん。消えてなくならないなら「次がある」というA氏の底なしの憎悪に、成宮さんは追い詰められ、逃げ場がなくなっていた。

※女性セブン2017年1月1日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について