成宮寛貴氏引退に、和田アキ子「LGBTを人は気にしていない」、ザ・グレート・サスケ「許しませんよ」

多くの謎を残したまま、一方的に芸能界を去った成宮寛貴氏。多くの芸能人もまた、成宮氏の判断に釈然としていないようだ。

12日の『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演したキャスターの小倉智昭氏は、薬物使用疑惑が完全に晴れていないままでの引退について、「この段階で彼が引退を発表してしまうのは、彼にとってマイナスの方が大きいのでは?」とコメント。

「コマーシャルとかも出てますよねえ、事務処理はいろいろ大変だと思うんですよねえ……」と、4社とのCM契約を残していることに関しても、腑に落ちない様子だ。

この日は、共演経験のある真矢ミキも、『白熱ライブビビット』(TBS系)で「もう少し深く考えてから出してほしかった答えですよね。迷惑をかけたCMの方とかに謝罪するとか、そこから片付けるべきだった」とコメント。

同番組のコメンテーター・カンニング竹山も、「『やっていない』というなら、きちっと法的措置を取り、証明しなければいけない。そうしないとドラマやCM(を降りたこと)でいろんな方にご迷惑をかけているんだから、芸能人としてあやふやにしていけないのは薬物の問題。

辛いのは分かるけど、大人としても芸能という仕事をしている上でも、そこはきちっとしておかないと」と、厳しい見解を示した。

また、歌手の和田アキ子は10日、ラジオ番組『ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)で、「今はゲイ、レズ、バイセクシャルは、人はあまり気にしないのでは?同性婚も日本は地域によってはOKだし(編注: 法的には認められていないものの、都内一部区は条例に基づき同性カップルに証明書を交付)、そんなことで事務所をやめる、芸能界をやめるのは……」とコメント。

成宮氏が「人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい……」と引退理由を明かしたことを不思議がった。

さらに、成宮氏の映画デビュー作『溺れる魚』(2001)で共演したタレントのIZAMは、「寛貴。。。どうしてだよ。。。映画デビューの時、あんなに夢を語ってたじゃないか。。。」と、本人に投げかけるようにツイートしている。

「そそくさと逃げるように引退した成宮氏に、『なぜ?』と首を傾げる同業者も多い。

成宮氏は、出演中の歯磨き粉『シュミテクト』、ゲームアプリ『ファイナルファンタジーレコードキーパー』、ウォーターサーバー『コスモウォーター』のCMに加え、花王の制汗剤の新CMに起用が決まっており、すでに撮影済み。

計4社の違約金は1億円にも上ると言われており、『せめて契約期間だけでも、引退を待てなかったのか?』という声が多い。

また、成宮氏がキャスティングされていた1月期ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』(テレビ朝日系)は、すでに4話の撮影に取り掛かっていたものの、渡辺大を代役に1話から撮り直すことが決定。

一部で“職探しのため、海外にわたっている”などと報じられている成宮氏ですが、残された関係者の苦労を思うと、成宮氏の行動には理解し難い部分があります」(芸能記者)

一方、覆面レスラーのザ・グレート・サスケは11日、「引退する成宮さんへ」と題したブログを投稿。

「その幕の引き方じゃぁ我々家族は逆に許しませんよ。10年程前に愚息があなたから受けたハラスメントが真実だったって認める事になっちゃうじゃないですか?」と、27歳になるモデルの息子と成宮の間に、何かしらのトラブルがあったことをにおわせ、「いつか『全て冗談に決まってるでしょ』って言ってくれればそれで良いと思って許してたのに」と溜め息交じりに綴っている。

なお、10年ほど前といえば、成宮が芸能界引退を考えていた時期と被る。

成宮は2010年に発表した写真集『Hiroki Narimiya Anniversary Book10』(角川グループパブリッシング)で、当時を振り返り「俳優を辞めようと思ったことが、何度かあって」「自分の人生これでいいのかって考えてしまって」「有名になればなるほど好き勝手遊べないし」「芝居だけやってれば楽しいっていうタイプの俳優じゃない」などと語っていた。

一般人となった今も、波紋を呼んでいる成宮氏の引退。
全ての人を納得させる幕引きは難しいかもしれないが、せめて薬物疑惑だけでも晴らすべきだったのでは……?

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について