成宮引退 事務所書面に「法的措置」言及なし/「耐えられそうにありません」成宮寛貴芸能界引退薬物疑惑は「罠」と最後まで潔白主張も…

成宮寛貴

今月2日、9日発売の写真週刊誌「フライデー」で薬物疑惑が報じられた俳優の成宮寛貴(34)が9日、所属事務所を通じて芸能界引退を発表した。

成宮は直筆書面を報道各社に送り「友人に裏切られた」などと記したが決定的な理由は明かしていない。

所属事務所は、「本人から芸能界引退の申し入れ」があったとし、「薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できませんでした」と説明したが、重大な決断に至った理由を明確にしていない。

成宮の薬物疑惑は2日発売の写真週刊誌「フライデー」で“成宮寛貴 「コカイン吸引」疑惑の現場写真!”と報じられた。

事務所と成宮は発売前日の1日、報道を「事実無根」と全面的に否定し、「民事・刑事問わず、あらゆる法的措置をとって参る所存」と法的措置を取ることを表明していた。

しかし、9日発売の「フライデー」は“成宮寛貴 「コカイン要求」生々しい肉声データ”と題して疑惑追及の第2弾を報道。

同誌の取材に、事務所はフライデー側と話し合いを持ちたいと言ったかと思えば、「お答えできない」と対応が二転三転したという。

事務所は発売前日の8日に、薬物検査の尿鑑定を受け、7日付で「陰性」の結果が出たことを発表するとともに、デイリースポーツなどの取材などに対し、法的手段については「本人及び弁護士と話し合いは継続している」と説明。
準備が整い次第、法的手段を取る意向を示していた。

薬物疑惑否定翌日の突然の芸能界引退発表。
9日、報道各社に送られたファクスには、「法的措置」に言及する文言は入っていなかった。

【引用元:デイリースポーツ】

■「耐えられそうにありません」成宮寛貴芸能界引退!薬物疑惑は「罠」、最後まで潔白主張

9日、俳優・成宮寛貴が所属事務所・トップコートを通じて、芸能界引退を発表した。

ファクスでマスコミに送られた成宮の直筆コメントには、「全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」という書き出しで始まり、引退理由については「これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません」と説明している。

ことの発端は、2日発売の「フライデー」(講談社)の記事「成宮寛貴『コカイン吸引』疑惑の現場写真!」。

成宮の友人を名乗る男性が、成宮がコカインや大麻、ケタミンといった薬物を使っていると告発。

すると、日本テレビ、TBS、フジテレビの情報番組がこれを大きく取り上げ、情報は一気に広まった。

また、この報道にトップコートは、「事実無根」「イメージを損なう記事の掲載を行った株式会社講談社(フライデー編集部)に対し、断固として抗議し、民事・刑事問わずあらゆる法的処置をとって参る所存です」とコメントを発表。
成宮本人も「薬物を使用したことは一切ございません」としていた。

しかし、「フライデー」は、9日発売号で続報「成宮寛貴『コカイン要求』生々しい肉声データ」を掲載。

記事内では、トップコートが、12月7日付で成宮に尿検査を行ったことを明かし、「陰性の結果を得ました」とコメントしていた。

現在、ネット上では、「すごく辛い、かっこいいし、演技も好きだった」「こんなセクシーで完璧な俳優、ほかにいないよ!」「不機嫌な果実の成宮くんとか超絶好きだったのに」など、惜しむ声が殺到している。

「代表作となった『相棒』(テレビ朝日系)のほか、4月クールの連ドラ『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)でファンになった若い女性も多く、成宮のファン層は実に広い。

このまま復帰しないとなれば、11月13日にゲスト出演した『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)が、私たちが見られる最後の成宮の演技ということに。

なお、来月放送予定のスペシャルドラマ『不機嫌な果実スペシャル~3年目の浮気~』には、成宮は出演していないようです」(テレビ誌記者)

疑惑浮上からたった1週間後に引退、という衝撃的な結果となった成宮。
今回、「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」と綴った彼だが、これまでの多くの出演作が残る以上、ファンは存在し続けることだろう。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について