新垣結衣・ピコ太郎ら『紅白歌合戦』出演、視聴率獲得に必死のNHK…新鮮味無し『紅白』の裏番組、『ガキ使』の圧勝が確実!?

笑ってはいけない 科学研究

大みそかに『第67回NHK紅白歌合戦』を放送するNHKが、高視聴率をゲットすべく躍起になっているようだ。

それもそのはず、昨年の視聴率は、第1部(午後7時15分~8時55分)が34.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2部(午後9時~11時45分)が39.2%とイマイチ。

第2部の視聴率に至っては、1989年に2部制となって以降、最低。

88年以前の1部制の時代には50%を割ったことは一度もなく、事実上、史上ワーストだった。

それだけに、今年はなんとしても巻き返しを図りたいところだ。

残念ながら、年内で解散するSMAPのサプライズ出演は露と消えたが、出演歌手以外でも、あの手この手で視聴率獲得作戦に打って出ている。

タモリとマツコ・デラックスのゲスト出演は既報の通り。

さらに、ゲスト審査員として、新垣結衣、高畑充希、草刈正雄、大谷翔平(日本ハムファイターズ)、伊調馨(リオデジャネイロ五輪女子レスリング金メダリスト)、秋本治(漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』作者)、春風亭昇太(落語家)、辻沙絵(リオ・パラリンピック陸上銅メダリスト)、萩野公介(リオ五輪・水泳金メダリスト)、村田沙耶香(芥川賞受賞作家)の10人が出演することが決まった。

NHK連続ドラマ小説『とと姉ちゃん』でヒロインを務めた高畑や、大河ドラマ『真田丸』で活躍した草刈らは当然として、かなり異質な“選出”となったのが、新垣だ。

来年3月にオンエアされる特集ドラマ『絆~走れ奇跡の子馬』にヒロイン役で出演するが、これまでNHKドラマに出演経験は一度もないため、かなり違和感を覚える。

新垣が審査員に選ばれた理由は、言うまでもなく、主演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のヒットであり、相手役を務めた星野源が白組から出場するから。

星野は同ドラマの主題歌ともなった『恋』を歌うことが決まっている。

そこで、社会現象ともいえる広がりを見せた“恋ダンス”を、星野と新垣との共演で披露させようとの算段。

それが実現に至るかどうかは明らかになっていないが、他局でヒットしたドラマに便乗しようというのだから、NHKはなりふり構わぬ姿勢だ。

さらには、企画枠でピコ太郎の出演も決定した。ピコ太郎は午後8時55分にニュースが入る前の前半戦終了時に、「紅白HALFTIMESHOW」と題して、ビヨンセに扮した渡辺直美と共演する。

本来なら、歌の競演であるはずの『紅白』が、もはや「なんでもあり」の娯楽番組と化した印象が否めない。

民放の裏番組のラインナップはパッとしないが、それが追い風になるか?果たして、どこまで視聴率を伸ばせることやら。

これで昨年を下回り、史上最低をさらに更新するようだと、目も当てられない。

■新鮮味がまるでない大みそか『紅白』の裏番組今年も日テレ『ガキ使』の圧勝が確実!?

今年も残すところ、あとわずかとなったが、毎年、お茶の間の視聴者の大きな楽しみのひとつが、大みそか夜のテレビ番組だ。

やはり、多くの視聴者が興味を持っているのは、『NHK紅白歌合戦』。

ただ、昨年の視聴率は、第1部(午後7時15分~8時55分)が34.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2部(午後9時~11時45分)が39.2%で、1989年に2部制となって以降、史上最低となり、人気下降の傾向が垣間見える。

今年は和田アキ子、藤あや子、伍代夏子、細川たかしらのベテラン勢が落選し、宇多田ヒカル、欅坂46、KinKi Kidsらが初出場。

NHKはマンネリイメージの脱却で、視聴率上昇をもくろんでいるようだ。

“アンチ紅白派”にとっては、民放の各番組が気になるわけだが、テレビ東京以外は昨年と同じラインナップとなり、まるで新鮮さに欠ける。

今年で11年目となる日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル』(午後6時30分~深夜0時30分)は、「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」の企画で勝負。

昨年は「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』で、第1部(午後6時30分~9時)が17.8%、第2部(9時~深夜0時30分)が15.3%で、『紅白』裏の民放で、6年連続トップの座を守った。

6年目を迎えたTBS系『史上最大の限界バトルKYOKUGEN2016』(午後6時~11時35分)は、魔裟斗vs五味隆典の夢の対決、プロボクシングWBA世界フライ級王者=井岡一翔vs同級暫定王者=スタンプ・キャットニワットの王座統一戦を生中継。

その他、田中将大vs前田健太の「極限コントロール対決」も“売り”。

さらに、FCバルセロナから、リオネル・メッシ、デニス・スアレス、ネイマールが参戦。

メッシ&スアレスは中村俊輔&遠藤保仁と、ネイマールは岡崎慎司とサッカー対決を行う。

昨年は、第1部(午後6時~7時)が8.8%。井岡の試合などを中継した第2部(7時~10時)が7.7%。

魔裟斗vs山本“KID”徳郁をオンエアした第3部(10時~10時52分)が9.0%。

その試合後のインタビューやエンディングを織り込んだ第4部(10時52分~11時35分)が4.6%とイマイチで、どの時間帯も1ケタ台。

2013年には井岡の試合で14.5%の高視聴率をマークした実績もあるだけに、なんとしても2ケタ台を記録したいところ。

テレビ朝日は3年目となる『くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー2016』(午後6時~深夜1時)をオンエアする。

昨年は『紅白』の放送が始まる前の第1部(午後6時~7時)こそ10.0%をマークしたが、第2部(7時~9時)=7.0%、第3部(9時~11時45分)=5.6%、第4部(11時45分~深夜1時)=7.3%で、1ケタ台。

企画自体に変わりがあるわけではなく、過度な期待はできそうにない。

例年、『紅白』の裏で、爆死が続いていたフジテレビは、2年連続で、『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND PRIX 2016 無差別級トーナメント2nd ROUND&FINAL ROUND』(午後6時~11時45分)を、前年より1時間も枠を拡大して中継。

昨年は、第1部(午後7時~8時45分)=5.0%、第2部(8時45分~10時30分)=7.3%、第3部(10時30分~11時45分)=3.7%と低調だった。

気になる主要カードは、目玉だったミルコ・クロコップvsヴァンダレイ・シウバが、シウバの欠場により吹っ飛んでしまい、ミルコvsキング・モー、バルトvs高阪剛、川尻達也vsクロン・グレイシー、所英男vs山本アーセン、山本美憂vsアンディ・ウィン、桜井“マッハ”速人vs坂田亘といったところ。

唯一“一般受け”すると期待されていた神取忍vsギャビ・ガルシアに至っては、神取の肋骨骨折による欠場、練習パートナーであった堀田祐美子が代役で出場と、まさに緊急事態。

昨年以上の視聴率が取れるかどうかはもはや論外で、「これ以上の変更がないよう対応したい」という榊原信行実行委員蝶のコメントがあまりにもむなしい。

昨年、『仰天パニックシアター~まさかの瞬間ビビる108連発大みそかSP!~』とボクシング中継の2本立てだったテレビ東京は、『仰天パニックシアター』に代わって、『ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV~大みそかは、世界の果てでお風呂に入ろうSP』(午後7時~9時30分)を放送。

6年連続となる『大晦日ボクシングスペシャルTHE BEST OF BEST』(午後9時30分~11時30分)も中継する。

『ウソのような本当の瞬間!』は火曜午後6時55分からオンエアされているバラエティ番組で、おもな出演者は伊集院光、高橋茂雄(サバンナ)、ハライチ。

正直レギュラー放送でも視聴率が取れていない同番組が、他局に対抗できるとは思えない。

昨年から夕方に移動した『年忘れにっぽんの歌』を『紅白』の裏に戻した方が、よほど数字が取れると思われるのだが……。

ボクシング中継は例年、堅実に5%前後を取っていたが、昨年は3.7%止まり。

今年も内山高志と田口良一のW世界戦を中継するが、なんとしても5%は死守したいだろう。

昨年とまるで代わり映えせず、新鮮味がない大みそか『紅白』の裏。

これでは、『ガキ使』の民放7年連続トップは確実のようだ。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について