新垣結衣&星野源「逃げ恥」最終回に漂った”コレジャナイ感”

微妙な展開にムズムズした? エンディングのダンスが社会現象にもなっているドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の最終回が12月20日に放送され、平均視聴率20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。しかし同回の内容について一部視聴者から「物足りなかった」「コレジャナイ感」などと不満の声が漏れている。
■不満ムズムズ……前半の評価最悪「1番面白くない」

 新垣結衣(28)と星野源(35)のタッグで挑んだラブコメディー『逃げるは恥だが役に立つ』。“逃げ恥”の愛称で知られ、最終回はついに20%台に達し、“逃げ恥ロス”も叫ばれる人気ぶりだ。しかし一部では、放送中から予想外の非難が出ていた。

 特に非難を受けたのが前半部。森山みくり(新垣)と津崎平匡(星野)が共同経営者のアイデアにお互い同意して、真田丸のパロディーも交えて家事分担をめぐって議論。「自分は小賢しい」と思っているみくりが精神的にネガティブになり、平匡に冷たく当たる様が描かれた。

 これに視聴者がすぐさま反応。「最終回なのに、みくりと、このドラマの事大嫌いになった。今までのむずきゅん返して欲しい」「今のところ、最終回1番面白くない」と不満を露わにした。

 一方、後半部はみくりが企画に関わった青空市を中心にストーリーが進行。ラストは二人がキスをして、『東京フレンドパーク』のパロディを引き合いに様々な人生模様を妄想した後、引越していく様子が描かれた。本ドラマのコンセプトとなっている“ムズキュン”な演出を施したものの、藤井隆(44)の“リアル妻”である乙葉(35)が藤井の妻役でサプライズ登場するや、主役の二人を「食った」と話題になった。

 視聴者は一定の満足感を示しつつも、「コレジャナイ感抜けないのはなんでだろう」「全体的にちょっと物足りなかったわ」「あー最終回微妙なドラマだったのね…」「この最終回、隆のリアル嫁に全部持って行かれた感あるぞ!」と指摘も相次いでいる。公式サイトの現場レポート記事(12月20日更新分)では「また次の『逃げ恥』でお会いしましょう~ちゃおっ☆」と続編の可能性を匂わせており、終盤の不完全燃焼な演出は続編を意識したものとも捉えられるが……。

「結局、家事分担も結婚も到達点が見えず、モヤモヤする終わり方になった。現実を反映した結果でしょうが、フィクションなんだからもうちょっと視聴者が夢や幸せを味わえるハッピーエンドに振り切れても良かったのでは」(報道関係者)

 18日放送のドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)の最終回も、主人公・法門寺沙羅駆の宿敵「マリアT」が“殺人衝動を抱くとIQが犬並みに下がるネックレス”を付けられる……という結末が「醜悪至極なり!」と話題になり、平均視聴率は7.8%に落ち込んだ。TBSはもしかして、ドラマの締め方に苦手意識アリ?

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について