日本レコード大賞のドンがレコード会社幹部に「今年の大賞はAKB48で行こうかという動きがある」衝撃の裏側が判明か?

かつては、紅白歌合戦と並んで年末の国民的関心事だった日本レコード大賞。しかし、最近では注目度が低くなったどころか、『週刊文春』では買収疑惑も報じられた。

その報道とは、芸能プロ「バーニングプロダクション」が、2015年のレコ大の大賞である三代目J Soul Brothersが所属する「LDH」に、〈年末のプロモーション業務委託費〉の名目で1億円の請求書を出したというもの。そして、『週刊文春』では“レコード大賞のドン”として主催団体の日本作曲家協会会長・叶弦大氏(78才)が登場し、こう発言している。

「このような事態になったことは大変遺憾で、主催者として大変申し訳なく思っています」「伝統あるレコード大賞が汚されてしまった。当事者には、どうしてくれるのかと言いたい」

しかし、一方でこの叶氏がレコ大を私物化しているとの指摘もある。

叶氏はあくまでレコ大の主催者という立場で、審査委員ではない。だが、審査委員に対して絶大な力を持っている。

「審査委員は毎年変わりますが、人選は叶さんの“専権事項”です。記者やジャーナリスト、音楽評論家にとって、レコ大審査委員の肩書は魅力的。だから、2017年も選ばれたければ叶さんには逆らえません」(審査委員経験者)

2016年の優秀作品賞(10作品)の最終選考は11月17日に行われた。その数日前のことだ。複数の審査委員に、叶氏から電話が入った。

「演歌枠は2枠でいいでしょうね。2016年は坂本冬美ちゃんが一生懸命やってるからいいんじゃないか」

例年、演歌の枠は2つか3つ。その1席は、圧倒的な人気の氷川きよしでほぼ当確だ。残る1席には複数の候補がいて激戦だったが、決め手は“鶴の一声”だった。

「審査委員は自分の選んだ作品に“挙手”して票を入れます。つまり記名投票で、叶さんの意思に反せば、2017年は審査委員に呼ばれなくなるかもしれない。結局、2016年は坂本冬美で決まりました」(前出・審査委員経験者)

さらに、12月30日に決まる大賞にも叶氏の意向が滲む。

「12月中旬、叶会長がAKB48のレコード会社幹部に連絡し、“大賞はAKBで行こうかという動きがある”とハッパをかけたんです。そう声をかけられればレコード会社も本気で賞レースの“運動”をすることになる。中立の立場であるはずの叶会長が特定の歌手に肩入れするのはいかがなものか」(ある作曲家)

作曲家協会は2017年で60周年、レコ大は2018年で60周年を迎える。叶氏が2017年以降も会長を続投すれば、それらの節目を仕切ることになるという。

日本作曲家協会は「公益性がある」と認定され、税制が優遇されている公益社団法人だ。もし「私物化」されているなら、公益法人の認定も再考される必要がある。

◆審査委員長とレコード会社の蜜月

有力審査委員とレコード会社の癒着も問題視されている。叶氏の右腕として長年、実行委員として運営に参加し、2016年はほぼすべての賞の審査に携わる、「最優秀歌唱賞委員会」の湯浅明・審査委員長の行状について明かすのは、あるレコード会社の担当者だ。

「毎年、レコ大の季節が近づくと、湯浅さんに賞の相談をしなければなりません。実際、彼の言う通りに賞が決まっていくので、無視できない。過去には、叶さんと湯浅さんの2人にホテルの一室に呼び出され、彼らの推す演歌歌手に投票するように迫られた審査委員もいました。審査の情報や賞を得るために、湯浅さん主催のゴルフコンペに参加することは必須。毎年、大手レコード会社や芸能事務所の担当者がずらりと参加しています」

11月7日、TBSの会議室で審査会が行われた後のこと。湯浅氏は複数のレコード会社の担当者を、いきつけのカラオケスナックに呼んだ。

「受賞作品が発表されるまで審査過程はトップシークレットです。でも、湯浅さんはその日の審査内容をつまびらかに語っていた。どんな見返りがあるのか知りませんが、審査委員長自ら、特定のレコード会社だけに情報を漏らすなんて言語道断です。過去にその行為は問題視されたのですが、一向にやめる気配もありません」(音楽関係者)

視聴者が本当に聴きたい音楽とは別に、主催者や審査委員の一部、レコード会社の都合で、賞が決まっていく。それならばいっそ「レコ大をなくしてほしい」という関係者の声も多い。

叶氏は女性セブンの取材に「AKBのレコード会社幹部には“大賞はAKBでいこうという動きがあるが知っているか”と連絡しただけ。審査員とは常日頃から連絡をとっていて、その中で、冬美ちゃんは今までの実績もあるし一生懸命やってるから、(2人なら1人は)冬美ちゃんしかいないんじゃないか、とそんな話はした。演歌で売れている作曲家は5、6人しかいないから、連続で私の作品が入ってもおかしくない」と言う。

湯浅氏は、11月7日の審査委員会後にレコード会社担当者と飲食し、委員会の情報は伝えたことは認めたが、「問題はない」と言う。

※女性セブン2017年1月5・12日号

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について