早乙女太一の弟・友貴と婚約のSPEED・島袋寛子の情熱的恋愛遍歴とは…ダウンタウン松本人志、素行不良のジャニーズJr.…

早乙女太一の弟・友貴と婚約のSPEED・島袋寛子の情熱的恋愛遍歴とは…ダウンタウン松本人志、素行不良のジャニーズJr.…

女性ユニット・SPEEDのメインボーカル、島袋寛子が、大衆演劇俳優・早乙女太一の弟で俳優の早乙女友貴との婚約を発表した。

島袋は今月12日に自身のブログで婚約を発表し、約1時間の時間差で友貴もブログで婚約を発表した。

正当な手順を踏んでいるようにみえるが、島袋には恋愛をめぐって所属事務所・ライジングプロダクションと10代の頃からの因縁があるという。

今回も所属事務所は手放しで祝福してはいないという。芸能事務所関係者は言う。

「島袋はライジングが小学生の頃から手塩にかけて育ててきた子です。友貴さんに将来性がないわけではありませんが、芸能事務所の社長にとって、所属タレントは娘のようなもの。

12歳も年下で今後どうなるかもわからない友貴に、かわいい娘を大手を振って託せるはずがありません。心の底から『おめでとう』とは言えないのが実状です」

島袋といえば、これまで情熱的な恋愛遍歴で知られる。芸能記者が語る。

「1996年から3年間交際していた元ジャニーズJr.のTとの交際は有名で、当時まだ15歳だった島袋は周囲の反対を押し切って、引退して2人で沖縄で生活することを考えていました。

しかし、Tは未成年の喫煙、飲酒と素行不良が目立っていたのに加え、Jr.としてはNGの恋愛が発覚し、ジャニーズ事務所をクビになりました。

その後は2人の間の格差が溝となって破局し、20歳の時に当時40歳だったダウンタウンの松本人志とのデート写真を写真誌がキャッチ。

その後、松本が島袋の束縛や嫉妬に耐えかねて破局したといわれています」

また、島袋をよく知る音楽業界関係者は語る。
「寛子ちゃんは恋愛すると深みにはまるタイプです。のめり込み過ぎて周囲が見えなくなる。

過去の有名な2つの恋愛ですが、彼女の中では大きなトラウマになっています。

SPEEDの中でも(今井)絵理子ちゃんや(上原)多香子ちゃんは、離婚や死別と不幸が相次ぎましたが、自由な恋愛を謳歌した。

また、(新垣)仁絵ちゃんは海外に行って絵やデザインなど好きなことをしている。

一方、寛子ちゃんは優等生らしく仕事をこなしながらも、『なんで私だけ自由にならないのか』と不満を抱えてきました。

今回ばかりは、誰がどう反対しようと自分の意思を貫いたのだと思います。

ただ心配なのが、まだ20歳の友貴くんの気持ちが数年ほどで冷めてしまわないのかという点です」

友貴は大衆演劇劇団員の両親の下、太一に次ぐ次男として生まれ、幼い頃から全国各地を転々として芸能の仕事をしてきた。

太一が2003年公開の北野武監督映画『座頭市』で一躍注目を集めて、現代劇でも活躍。

12年に太一が骨折してGACKT主演の舞台で友貴も一部代役を務めることになり、初めて華やかな場に登場するきっかけとなり、現在はエイベックス・マネジメントに所属している。

私生活では、14年に石田純一の娘、すみれと熱愛を報じられたことがある。

若いとはいえ仕事は充実しているように見えるが、前出の音楽業界関係者は言う。

「素朴な印象に反して、友貴くんの交友関係は意外と広いし、華やかです。あとは、太一のように激情型でなければいいのですが……」

太一は妻でモデルの西山茉希と結婚前、路上で掴み合いのケンカをしている様子を写真誌にキャッチされた。

「太一くんと茉希ちゃんの結婚の際、周囲はこぞって反対しました。結婚してからもずっと離婚の危機を報じられていますが、結果的に2人の子どもを授かり、順調そのもののようです。

寛子ちゃんも周囲の関係者から反対されたようですが、かえって2人の絆が深まったのかもしれません」(芸能事務所関係者)

2人の幸せを願いたいものだ。

【引用元:ビジネスジャーナル】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について