木村カエラら輩出の番組『saku saku』が来年3月末に終了決定…16年半で幕

saku saku 木村カエラ

tvkの朝の音楽情報バラエティー番組「saku saku」(毎週月~金曜朝7:00)が、’17年3月31日(金)の放送もって終了することを12月19日の放送で発表。
ラストライブ開催とラストDVDの発売を明らかにした。

同番組は、さまざまなエンターテインメント情報や注目のJ-POP系アーティストを迎え、「見ればきっと朝から笑顔になれる」音楽情報バラエティー。

’00年10月に始まり、過去には木村カエラ、トミタ栞らが、前身番組となる「saku saku morning call」(’97年4月~’00年9月)では、PUFFYやユースケ・サンタマリア、IZAMらがMCを務めていた。

現在はデビュー5周年を迎える7!!(セブンウップス)のNANAEがMCを担当している。

NANAEは「最初に(番組終了を)聞いた時は悲しい気持ち、寂しい気持ちでいっぱいでしたが、まだ終わってないので、放送が終わるまでぶっ飛ばしていきたい」と前向きにコメント。

また、’16年3月まで出演していたあゆみくりかまきのあゆみは、Twitterで「すごくすごく寂しいです。たくさんの経験とたくさんのサクサカー(視聴者)さんに出会わせてくれた『saku saku』をいつまでも忘れません。そして、来年までななちゃんの笑顔に癒されたいと思います」と思いを明かした。

最後のライブ・イベント「『saku saku』ラスト・ライブ~さよなら・ありがとう~」は、’17年3月25日(土)に神奈川・横浜Bay Hallで開催。

上々軍団と7!!の他、NANAEが所属するEpic Recordsからレーベルメイトのアーティストが出演し、それぞれの「saku saku」愛を語りつつ、気持ちのこもった歌、演奏を送る。

さらに、「saku saku」最後のDVD「DVD & Blu-ray『saku saku』~真っ白い炎~」の発売も決定。

’16年春からのオンエアダイジェストの他、撮りおろしの特典映像も収録される。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について