木村拓哉「SMAP解散後初ドラマ主演」の結果は!? 『A LIFE』のキャスティングゴタゴタとかかる「プレッシャー」

1月15日よりいよいよ始まる医療ドラマ『日曜劇場 A LIFE~愛しき人~』(TBS系)。同局としても大きな期待をされているようで、正月から何度もCMが流れている状況だ。

 同ドラマが注目を集める最大の理由は、主演を務める木村拓哉の存在が大きいだろう。木村の知名度や人気は当然だが、何より「SMAP解散直後」という点が大きいようだ。

「SMAPじゃなくなって最初の主演ドラマということで、当然ながらその”結果”は気になるところ。視聴率はもちろん、満足度も一定を得るかが注目されます」(記者)

 共演は竹内結子に浅野忠信に松山ケンイチ、菜々緒に木村文乃と豪華な布陣。今クールもっとも注目されるドラマであることは間違いない。しかし、ここまでくるには紆余曲折あったようで……。

 一部メディアより報じられたのは「いつまで経ってもヒロインが決まらない」というものだった。綾瀬はるかや満島ひかり、吉高由里子など多数にオファーをかけたが、ことごとく断られたというものだった。

 当時はSMAP解散決定の直後。グループ独立を考えた中、最後の最後でジャニーズ事務所に「残留」を決めたことで分裂騒動が起こったと報じられたことで、木村は騒動の「元凶」として扱われることとなった。そうした中で、木村と共演することを女優の各事務所がマイナス印象をもったということらしい。

 さらに、ライバル医師役にオファーした江口洋介にも断られたと報じられるなど、とにかく順調に進まなかったという同ドラマのキャスティングだが、竹内を迎えるなどそれでも豪華キャストでの放送が叶った。

「SMAP解散後初の主演ドラマということで、木村には相応のプレッシャーがかかっていることでしょう。今後はジャニーズ事務所の後ろ盾を得られるという報道もありますが、結果を出せない中でプッシュをされても痛々しい部分があります。何としても”ソロ”としてスタートダッシュを決めたいところでしょう」(同)

 今年の大みそか、SMAPの慰労会で唯一顔を出さなかったという木村。孤高の存在として芸能界に君臨できるのか、注目である。

【引用元:ギャンブルジャーナル】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について