松方弘樹の息子の元嫁・多岐川華子“親の顔に泥を塗った二世タレント”時給1150円で不動産事務のバイト生活「世間知らずは恥をかく」

多岐川裕美の娘・華子が「しくじり先生」

タレントの華子(以前は多岐川華子、28)が、12日放送のテレビ朝日「しくじり先生 3時間スペシャル」(月曜後7・00)に、“親の顔に泥を塗っちゃった先生”として登場。

お嬢様育ちで世間知らずのまま芸能界に入った経緯やスピード離婚について語り、経験から学んだ教訓を伝えた。

人気女優・多岐川裕美を母に持つ「世間知らずのお嬢様」だったという華子。

「芸能界に入りたい」と思ったのは14歳で「私もお母さんみたいにチヤホヤされたい」というのが動機だった。

母親から大反対されるも、内緒で方々に履歴書を送り、オーディションを受けまくる。

気づいた母親は仕方なく、自分の信頼できるところからと「100%母のコネで」芸能界入り。すぐにCMやドラマが決まった。

本番までに受けたレッスンはわずか4時間半。「私って、何でもできるんだ」と錯覚してしまったという。

23歳で“二世タレント”の仁科克基(34)と結婚、1年9カ月で離婚。

実際は早い段階ですでに離婚したいと思っていたといい、離婚までの期間で「ラブラブ夫婦」としてロケを行っていたことも明かす。

「自分でも、“おままごと婚”だったと思います」としながら、離婚後は「離婚話をする仕事」しか来なくなり、断り続けた結果、仕事は全くなくなった。

そんな娘に対し、余計なことも聞かず明るく振舞う母を見てはじめて胸を痛めた華子は、自分のふるまいを深く反省したという。

「輝いている人は、みんな努力している。母も必死に努力していたことに気づいた」。

「私はこれまでは母の名前だけを利用していた。これからは、母の内面から学ぼう」と、「多岐川華子」から「華子」になったと話し、「“多岐川裕美さんのお嬢さんよね”ではなく“あの2人親子だったのね”と言われるようになりたい」と目標を語った。

昨年の夏から時給1150円の不動産事務のアルバイトを始めたことも告白しながら、「世間知らずだと自分の家族も恥をかく。世間を知る努力をすることが大切」と締めくくった。

【引用元:スポニチ Sponichi Annex】

■多岐川裕美の長女・華子、スピード離婚後の現在は「週5」でバイト

女優の多岐川裕美(65)の長女でタレントの華子(28)が、12日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」(後7時)に出演し数々の世間知らずを告白した。

11年1月に女優の仁科亜季子(63)の長男で俳優の仁科克基(34)と二世タレント同士の結婚をした華子。
しかし、12年10月に1年9か月でのスピード離婚した。

現在の生活について、不動産会社の事務のアルバイトをしていることを明かし、「多いときは週5日で、平均週3日。10時から18時で1年くらい働いて時給は1150円になりました」と仕事内容を明かした。

仕事が激減した訳について、仁科との1年9か月での「スピード離婚」、「親の顔に泥をぬってしまった」ことを挙げた。

「100%母のおかげなのに、勘違いしてしまいました」と芸能生活を振り返った華子。

約300人の著名人が出席したという結婚披露宴の費用については、「全て値段を見ないで決めたので値段を知らない」。

「小学生で飛行機はビジネスクラス。旅行先の宿泊は高級ホテル。おもちゃ部屋が8畳」。

「初めての一人暮らしは三軒茶屋の3LDK家賃26万円だった」などと世間知らず“伝説”を披露し、「親はどんな育て方しているの?と思われていたと思う。世間知らずは自分一人の責任だけでなく、親に迷惑をかける」と反省した。

また、離婚後に「離婚の話をするバラエティー番組のオファーを断り続け、仕事がほぼゼロになった」といい、過食症になり10キロ太り、芸能界を辞めることを一度は決意したが、母から「やっとスタート地点に立ったのに、努力もしないで、また逃げるの?」と諭されたという。

華子は「完成された女優の母にあこがれ、母の努力している姿に目を向けなかった。母の名前だけを利用していた。

これからは、母の内面を見習いたい。ゼロからスタートの意味を込めて、多岐川華子から『華子』に改名。

いずれあの2人って親子だったよねと言ってもらえるように精進します」と宣言した。

【引用元:スポーツ報知】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について