林遣都が主演のドラマ『玉川区役所 OF THE DEAD』は『就職難!!ゾンビ取りガール』の丸パクリ!?漫画家達がブチギレ状態!?

玉川区役所 OF THE DEAD

カルト人気を誇るテレビ東京の金曜深夜「ドラマ24」枠。

10年目に突入する10月からは、林遣都主演の『玉川区役所OFTHEDEAD』がスタートするというが、まだ始まってもいないのに「そっくり」と指摘する声が出ている。

今年3月から連載を再開した福満しげゆき氏の漫画『就職難!!ゾンビ取りガール』に「設定が似ている」(放送作家)というのだ。

『玉川区役所OFTHEDEAD』は原作のないオリジナル作品で、舞台はゾンビの存在が日常化した日本。

玉川区役所特別福祉課は、ゾンビ化した住民の管理・捕獲が主な仕事で、主人公の赤羽晋助(林遣都)も職員のひとり。

どうにもやる気が起きないが、ある日、アイドル並みのルックスだが“超武闘派”の女の子が新人として配属されてきて……同局HPによると、そんなストーリーだという。

一方、『就職難!!ゾンビ取りガール』の舞台は、無害なゾンビが街を徘徊する日本。

零細ゾンビ回収会社に勤める、捕獲メカマニアのモテない青年は、就職難からやむを得ず入社したかわいい新人バイト女子の指導を命じられ……公式HPにはそうある。

ゾンビがそこらへんに普通にいて、主人公はそれを捕獲するのが仕事。

まあ、設定が似ているといえば似ているが、テレビ東京に問い合わせたら、「(ドラマと漫画は)関係ありません」(宣伝部担当者)とのこと。

「テレ東のドラマ24は、視聴率こそ1ケタ台ですが、『モテキ』などヒット作もあって、マニアックなネット住民の間でもよく話題になる。

福満氏の漫画のファンとかぶる部分が多いんです。ドラマの展開次第では、ネット上の議論が妙に過熱する恐れが……」(前出の放送作家)

数字より中身で勝負のドラマ24は、現在放送中の「アオイホノオ」をはじめ、業界内での評価は上々。

それだけに、妙なことで“ミソ”をつけないでほしい。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について