浜崎あゆみが神奈川県逗子市にある自宅を売却した理由とは!?すでに売れた可能性も!?

浜崎あゆみの自宅

浜崎あゆみ(35)が神奈川県逗子市内に所有する超豪邸を売りに出したと話題になっている。

仲介する不動産会社のサイトでは「電線等を地下に埋設し電柱がなく、区画整理された美しい街並みです!眺望良好!」とPRしているが、価格はなんと3億4880万円。

いくら浜崎の大ファンでも、簡単には手を出せない超豪邸だ。

場所は逗子市内にある高級住宅街「披露山庭園」内の一角。

“日本のビバリーヒルズ”ともいわれるこのエリアには、小田和正や松任谷正隆の実家もあり、かつて反町隆史・松嶋菜々子夫妻が住んでいたことも。

浜崎の家は間取りが6LDK、建物面積は705平方メートル、土地面積は810平方メートル。

1階から3階まで吹き抜けになったエントランスの入り口には、大理石でつくったあゆのトレードマークの「A」が刻まれている。

さらに屋外プールやジャグジーバス、岩盤ヨガルーム、茶室を改造した焼き肉ルームまである。

「今年1月に発売された『ayuLIFESTYLEBOOK』で逗子の豪邸を公開していただけに、浜崎が売りに出していることがバレバレ。

不動産会社がHPで公開するのは想定外だったようです。

浜崎は建築にあたり『100冊はデザイナーズハウスの本を読んだ』『柱の1本まで絶対に妥協しなかった』とその本で語るこだわりようだった。

これとは別に米・ロスに1軒、東京にメーンハウスとして1軒豪邸を所有。

夫がアメリカ人なので、中途半端に遠い逗子の家は必要がなくなったのかもしれませんが、売りに出したことで『金欠なのでは』『周辺整理を始めたのでは』と囁かれています」(芸能関係者)

10年以上前はヒットチャートを席巻し、アルバムは400万枚以上を売り上げた浜崎だったが、7月に発売されたアルバムの売り上げは約5万枚。

全盛期の勢いがウソのような低迷ぶりだ。

本紙が逗子の豪邸を訪れてみると、部屋にはレースカーテンがかかっていて、人の気配はなし。

監視カメラも作動しておらず、インターホンを押してもすでに電気自体が止められているのか音もならなかった。

近隣住民に話を聞くと……。

「(浜崎さんは)見かけませんよ。もう売りに出されていたんですか。

ずいぶん早いですね。それで、その物件を見にいらしたんですか?」

庶民にはとてもじゃないが手の届かない“あゆ御殿”。

物件を掲載していた海外不動産サイトは現在、詳細が閲覧できない状態に。

すでに買い手がついたのか!?

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について