清水健アナ「ten.」降板と1月末の退社発表 妻の3回忌を前に「本人の強い意志で」

清水建

読売テレビの清水健アナウンサー(40)が来年1月末で退社することが25日、分かった。その後はアナウンサーとしての仕事からは完全に離れ、講演活動に重点を置く意向という。昨年2月に愛妻を29歳の若さで亡くし、現在は2歳の息子を抱えながら夕方のニュース番組「かんさい情報ネットten.」(月~金曜後4・47)のメインキャスターを担当。週末は講演活動も行うなど多忙な日々を送っており、関係者によると以前から周囲に「子供との時間を大切にしたい」と漏らしていた。

関西の夕方の顔が電撃的に退職を決めた。親しい関係者によると、清水アナは今月上旬に退職願を提出。会社サイドからは何度も慰留されたが本人の決意は固く、来年1月末での退社が決まったという。

 複数の関係者によると今後、フリーアナウンサーとして活動する意思はなく、現在も行っているがん患者やその家族に向けた講演活動に重きを置きたいよう。加えて、長男との時間を大切にしたいという思いも大きかったようだ。

 清水アナは、スタイリストだった奈緒さんと13年5月に結婚。奈緒さんは翌年4月に妊娠が分かったが直後に乳がんが見つかり、治療を続けながら長男を出産したが、悪性のがんで進行が早く、昨年2月に息を引き取った。その間、清水アナは亡くなる直前の約10日間を除いて看病しながら番組出演を続けていた。

 今年2月には亡き妻への思いをつづった著書「112日間のママ」(小学館)を発表。わずか1カ月で10万部を突破するなど反響はすさまじく、直後から医療施設や市町村からの講演依頼が殺到した。「こんな僕でも役に立てることがあれば何でもやりたい」と取材で答えたこともあり、今ではほぼ毎週末を講演にあて、休日のない状態が続いている。

 友人によると、最近では以前より20キロ近く体重も落ち、体も悲鳴を上げているようだ。

 著書の印税を、がんの新薬開発や難病対策に取り組む団体などに寄付、助成するための基金も設立。そのような活動から、これまで何度も政治家への転身が伝えられることがあった。今回、退社にあたって政界進出を考える向きもあるが、近い関係者は「今は基金の方が大事なので頭にないのでは」と話した。

 読売テレビは26日、同局の清水健アナウンサー(40)が来年1月27日をもって「かんさい情報ネットten.」(月~金曜後4・47)のキャスターを降板すると発表。また、同月末をもって同局を退社する方向で調整していることも報告した。

 同局は「弊社アナウンサーの清水健が1月27日を以って、『かんさい情報ネットten.』のキャスターを降板することをご報告させて頂きます」と発表。また「また、1月末を以って読売テレビを退社する方向で調整に入っている事もご報告させて頂きます」とし、「がんで逝去された奥様の3回忌を迎える2月の前に退社し、一般社団法人清水健基金を通じて、がん撲滅や難病対策に取り組む事業を支援する活動に専念したいという本人の強い意志を受け、送り出す事になりました」と説明した。

 清水アナも同局を通じてコメントを発表。「視聴者の皆様に支えられての私があります。かんさい情報ネットten.を通して皆様にお会いできる事が大きな力になっていました。今、やるべき事を考え、今日の決断に至りました。1月末までしっかりとten.を走り切りますので、よろしくお願いします」と述べた。

 清水アナは2001年に同局に入社し、09年から「ten.」のキャスターを担当。13年5月にスタイリストだった妻・奈緒さんと結婚した。奈緒さんは翌年4月に妊娠が分かったが、直後に乳がんであることが発覚。治療を続けながら長男を出産したが、昨年2月に29歳の若さで亡くなった。その間、清水アナは亡くなる直前の約10日間を除いて看病しながら番組出演を続けていた。

【引用元:スポニチ Sponichi Annex】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について