米倉涼子『ドクターX』続編決定!完結から一転、続投のワケ/続編も決定!『ドクターX』打ち上げで米倉涼子ほか豪華キャストが大盛り上がり

「今シリーズも大好評だったため、すでに来秋の続編が決定したそうです」(テレビ局関係者)

米倉涼子(41)の主演ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が、平均視聴率21.3%を記録し(12月16日現在)、民放連続ドラマでは今年1位となる見込みだ。

そんなノッてるドラマの打ち上げが、10話オンエア当日の12月15日、六本木のクラブで行われた。

夜7時のスタートを前に、鈴木浩介(42)、草刈民代(51)、西田敏行(69)らが到着。主役の米倉は、黒いコートをスタイリッシュに着こなし、颯爽と会場入りした。

「10時過ぎ、クラブから出て来た一行に最新型ロードバイクやゴルフ・セットを運ぶ人がいました。おそらく、ビンゴの景品なのでしょう。ずいぶん豪華だなと驚きました」(居合わせた客)

そのまま一行は、同じビル内の別のクラブで2次会に突入。ほろ酔いの米倉はカラオケも披露したという。

「100人以上が残り、和気あいあいとカラオケ大会になりました。米倉さんも、率先して飲んで歌っていて、共演者と肩を組みながら熱唱。米倉さんの美声にみんな思わず聞き入っていましたね」(参加者)

私生活ではまだ離婚問題が解決していない米倉だが、その表情は晴れ晴れとしていた――。

「かねてから『同じ役を続けたくない』という米倉さんの意向と、放送後に結婚が決まっていたため前回のシリーズ3で完結するはずでした。しかし離婚騒動後の彼女が精神的にひどく落ち込み、『仕事をしていないと気が紛れない』とのことで急遽シリーズ4の製作が決まりました。そしてふたを開けてみれば今回もダントツの視聴率を上げ、米倉さんも次の続編をOKしたそうです」(前出・テレビ関係者)

離婚に応じようとしない“モラハラ夫”に手を焼き、クランクイン当初は暗い表情もあったという米倉。しかし大門未知子を演じているうちに、“妻より女優!”という境地に至ったのだろう。

「離婚に向けた身辺整理のなかで『自分だけの力で生きていく』と覚悟ができたのでしょう。続編を快諾したのも、このドラマで女優としての手応えを実感できたからだと思います」(ドラマ関係者)

2次会が終わり、車に乗り込んだ米倉。彼女は名残惜しそうに車の窓を開け、みんなに手を振り去って行った。その吹っ切れた笑顔は、まさに“女優再生”のオーラを放っていた――。

【引用元:女性自身】

■続編も決定!『ドクターX』打ち上げで米倉涼子ほか豪華キャストが大盛り上がり

12月中旬、六本木のクラブで米倉涼子主演のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の打ち上げが行われた。

「シリーズ4作目を迎えた今季も、最終回を目前に平均視聴率21・3パーセントを記録するなど相変わらずの高視聴率ぶり。すでに続編も決定しているようです」(テレビ局関係者)

 ビルの最上階にある会場には壁一面にキラキラした装飾がほどこされ、全身黒のコーデで決めた米倉、ゴージャスな装いの泉ピン子、杖をつきながらもフォーマルな姿で現れた西田敏行など、豪華キャストが続々と会場入り。1次会は、夜10時すぎに終了し、一行がゾロゾロとビルから出てきた。

「1次会で行われたビンゴ大会では、豪華な景品がたくさんありました。なかには最新のフットマッサージ器やダイソンのファンヒーターが当たったスタッフも。ロードバイクを手で押しながら会場を出てきた人もいましたよ(笑)」(会の参加者)

 外科医役の滝藤賢一や鈴木浩介が1次会で帰宅するなか、騒ぎ足りない面々は同ビル内の地下にある別のクラブで2次会を開始。午前1時を過ぎたころ、会はお開きに。ベロベロに酔った岸部一徳が草刈民代と女性スタッフに支えられながら帰っていっただけに、そうとうな盛りあがりだったのだろう。

「店の前に停車した車に乗り込んだ米倉さんに15人ほどのスタッフが見送りに来ていました。車から米倉さんが“じゃあね~”と手を振ると、みなさんいつまでも手を振り続けていましたよ」(前出・会の参加者)

【引用元:週刊女性】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について