紅白落選がNHK追放に発展?和田アキ子の”暴言”が新たな火種に

和田アキ子

歌手の和田アキ子(66)の「紅白落選」が波紋を広げている。通算40回目の出場となるはずの節目だったこともあり、和田アキ子は公然と不満をぶちまけ、その怒りは所属事務所のホリプロに激震が走るほど。大手事務所の大看板である和田アキ子は本来ならNHKとしてもケンカしたくない相手だろうが、それでも強気に「NO」を突きつけた背景には国民的アイドルグループの存在が影響していたという。

 今月26日にNHK『紅白歌合戦』の出場者が発表され、和田の落選が大々的に報じられた。これに和田は同日に放送されたラジオ番組『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)で落選に言及。当初は「結果ですからね。もう(気持ちは)落ち着いているんです」と冷静な態度だったが、徐々に「言いたいこともある」などと本音がポロリ。

 冗談めかしながらも「今回は(紅白を)見たくない。とっとと日本を後にしたい」「NHKだけスクランブルをかけて欲しい」と始まる前から「見ない」宣言をぶちかまし、さらに声を震わせて「毎日泣いた。早く放っておいてほしい」と感情をあらわにする場面もあった。

 和田の攻撃はNHKのみならず、ホリプロ上層部にも飛び火。「大河やるんだから、その事務所は強いって言うのに関係なかった」「事務所に『大人になれ』といわれた」と、事務所の後輩・鈴木亮平(33)が2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の主演に決定したことを引き合いに出し、まるで「事務所の働きかけが弱かった」とでも言いたげな裏事情まで暴露した。

「和田は『歌手』としての自負が非常に強いのですが、近年はCD売上が1000枚にすら届かない状況。週刊誌の『見たくない紅白出場歌手ランキング』でもダントツの1位になり、不要論がNHK局内でも噴出していた。それでも和田を外せなかったのは事務所の力。『西郷どん』は堤真一(52)が主演を辞退し、鈴木に回ってきたという経緯があるために『ホリプロはNHKに貸しをつくった』といわれていました。それだけに和田は事務所が強力に働きかければ今年も出場できると確信していた。しかし、NHKにすれば『鈴木を抜擢してやった』という認識。それはホリプロも同じであり、NHKとケンカしても良いことはありませんから、和田は『大人になれ』と事務所から突き放されたのでしょう」(芸能関係者)

だが和田の怒りは収まらず、それに追随するかのように事務所の後輩である西川史子(45)は「アッコさんの今までの功績を考えたらちゃんと花道を飾ってあげるべき」と生番組でNHKを批判。しかし、この「攻撃」にもNHKはまったく意に介さずの態度だという。

「NHKは籾井勝人会長(73)の肝いりでSMAPの『特別枠』での出場を目指しており、そのためには出場歌手を減らす必要があった。出演交渉は難航しているようですが、結果として煽りを受けたのが『リストラ候補』の最有力だった和田。ジャニーズ事務所に対する『誠意』としての枠確保と、ほとんどの視聴者が望んでいないといってもいい和田の出場を天秤にかければ、どっちを選ぶのかは自明の理です。本来ならNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』が好評だったホリプロの後輩・高畑充希(24)が紅組司会に確実視されていましたが、それを有村架純(23)に変更してまで『和田外し』を敢行した」(前出・芸能関係者)

 本来であれば事務所が和田を擁護しそうなものだが、前述のようにホリプロはNHKの判断を全面容認。これをきっかけに和田の「NHK完全追放」がウワサされ、さらに事務所から見放されて露出激減につながる危険性もあるという。

「和田はたった一度の落選でNHKに後ろ足で砂をかけたようなもの。当然ながらNHKにしてみれば『それなら今後はもう結構です』となり、和田のNHK出演が完全消滅する可能性が高い。一方、ホリプロも実は以前から和田の扱いに困っていて、社内での人望は薄れています。和田が意地になってNHKとケンカすれば若手の女優や俳優の活躍の場がなくなり、事務所の甚大な損失になりかねない。和田の子分のようなタレントたちは別にして、社内は『もう黙ってくれ』という意見で一致しています。この騒動を境に和田は『芸能界のご意見番』としての神通力を失い、第一線から強制退場させられる可能性もある」(前同)

 芸能界を揺るがした『紅白』落選騒動は、和田の芸能生命すら脅かすほどの致命傷となってしまうのだろうか。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

■国分太一、西川史子、岡村隆史……『紅白』落選“和田アキ子擁護芸能人”続出に漂う「気持ち悪さ」

『NHK紅白歌合戦』に落選した歌手・和田アキ子を擁護する芸能界の風潮に、視聴者から「気持ち悪い」との声が相次いでいる。

 情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)では、TOKIO・国分太一が「アッコさんはリハーサルを盛り上げてくれたり、空気を作ってくれる方だった。今年は見られないのかと思うと非常に残念。ベテランだけど、若手との距離を縮めてくれた」などと発言し、真矢ミキも、「アッコさんや大御所の歌声を聞いて、幼い頃の私から成長しているのかな? と確認しているので、変わってほしくない」とコメント。

 さらに、トーク番組『バイキング』(フジテレビ系)では、坂上忍が「アッコさんクラスの人が落選と報じられるのはさみしい。司会もやられてるんだから、シード権とかないのかねえ」と残念がり、薬丸裕英も「アッコさんみたいな方が出場しないのは、さみしい。世代交代も必要かもしれないが、バランスも必要」と、『紅白』の選出方法に不満を漏らした。

 また、『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)では、上沼恵美子が「和田アキ子さん、出てよ! アッコさん!」と大声で呼びかけ、「(紅白は)年寄り向けでいい」と持論を展開。『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、ホリプロの後輩・西川史子が「今までの功績を考えて、ちゃんと花道を飾ってあげるべき」と『紅白』に苦言を呈し、デーブ・スペクターも和田の落選に「嫌がらせに見える」と印象を語った。

 このほか、石田純一、ナインティナイン・岡村隆史など、和田を擁護する芸能人は後を絶たないが、ネット上では「内輪感が気持ち悪い」「視聴者はそんな風に思ってないよ」「アッコファミリーは、和田の顔色をうかがってるだけでしょ」と、どっちらけムードが漂っている。

「26日放送の和田の冠ラジオ番組『ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)でも、番組冒頭から芸能人の和田への擁護発言を数多く集め、アナウンサーが次々と読み上げる時間が設けられた。ホリプロサイドは、これを機に、和田の歌手としての必要性を示したいようです。ただ、メディアで偉そうな発言を繰り返している和田は、今年も『週刊文春』(文藝春秋)が集計した『女が嫌いな女』ランキングの1位になるなど、パブリックイメージは最悪。視聴者からは今回の落選に『遅すぎる』との声が相次いでいる。和田周辺の芸能人が擁護すればするほど、世間との温度差が浮き彫りとなっています」(テレビ誌記者)

 落選のショックから、「(大みそかは)とっとと日本を後にしたい」「NHKだけスクランブルかけてほしい」とも発言してした和田。今年の大みそかは、優しい声をかけてくれる“アッコファミリー”を従えながら、酒をあおるのだろうか?

【引用元:日刊サイゾー】

■『紅白』落選の和田アキ子が再起不能に!? NHKから“怒りの全面撤退”も……

“芸能界のご意見番”こと和田アキ子を心配する声が上がっている。

 和田は通算40回目の出場を目指したNHK『紅白歌合戦』に落選。文書を通じて「今回、この様な形になり、とても残念に思っております。40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります」と率直な心境を吐露。「ただ、今までトリも務めさせて頂き、司会も務めさせて頂き、紅白歌合戦には色々と勉強させてもらいました」と感謝の言葉を述べた。

 書面だけ見ると、悔しさをにじませながらも“大人の対応”に終始しているように感じるが、実際の落ち込みようはハンパではない。

「毎年紅白後には自宅に親しいスタッフやタレント仲間を招き、その年の紅白の映像を朝まで見るのが日課になっていましたからね。ライフワークがなくなり、さぞショックでしょう」とは芸能関係者。

“番長キャラ”の和田だけに、人前では「元旦からの海外旅行を前倒しできてよかった」などと強気にふるまいそうだが、実はガラスのハートの持ち主。このまま「再起不能になってしまうのでは?」と心配する声が各所から上がるのも当然だ。

 紅白の選考をめぐっては、「NHKへの貢献度」が挙げられる。わかりやすい例で言えば、毎週日曜の昼に放送される『NHKのど自慢』へのゲスト出演だが、和田の場合は同じ時間帯にTBSでレギュラー番組『アッコにおまかせ!』を持つため、どうやっても出演は叶わない。

 テレビ関係者は「そこで事務所関係者は同局の『ケータイ大喜利』やEテレ(NHK教育)のスマホ講座の番組にも積極的に出演させるようにした。全てはNHKへの貢献度を意識してのことです。それなのに無情の落選ですから、怒った和田サイドがNHKからの完全撤退を考えても不思議ではありません」と話す。

 しかもNHKは“ボツ交渉”といわれるSMAPの出演をあきらめておらず、奇跡が起きたときのために歌唱時間を用意しているとされる。和田を含め、これに納得できない“落選組”は多いはずだ。和田がどう反撃に出るか、見ものだ。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について