薬物疑惑ダンマリ成宮寛貴が“海外高飛び”の波紋/芸能界引退で事務所おわび行脚…CM違約金は1本あたり3000万円?

成宮寛貴

■薬物疑惑ダンマリ…成宮寛貴いきなり“海外高飛び”の波紋

 芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴(34)が消息不明になっている。複数のスポーツ紙が、8日に引退コメントを書いて以降、海外に渡った可能性が高いと報じている。一体、どこに何をしに行ったのか。シンガポール経由で東南アジアに入ったという説も流れている。

 しかし、腑に落ちないのは、これまで応援してきたファンだろう。写真誌「フライデー」が2週連続で報じたコカイン吸引疑惑に対し、当初は全面否定していたが、突然の芸能界引退。そして“雲隠れ”。これでは、疑惑は本当だったのでは――と思われても仕方がない。

「今、シンガポールは“いわくつき”の人間が集まる巣窟的な場所になっています。節税目的で移住している人も多く、現地には日本人ネットワークもある。インフラも整っていて、過ごしやすい。成宮もシンガポールを拠点にして、東南アジアの国を行き来するのでは。そこでは、日本の警察も手が出せません。もし、薬物をやっていたとしたなら、海外にいる間に体からクスリを“抜く”つもりでしょう」(警視庁OB)

 直筆の引退コメントで、成宮は「知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされた」などと説明したが、肝心の薬物疑惑に関しては触れずじまい。最近では、有名人が薬物で逮捕されるたびに、マークされている「次の有名芸能人」に成宮の名前が挙がっていただけに、警察や麻取としても、このまま成宮の“逃亡”を許しては、メンツが丸つぶれだ。

「これだけ社会的に注目を集めた事案を、警察が黙って見過ごすはずがありません。薬物疑惑を報じたフライデーに対し、写真や肉声データの提出を求めたり、関係者の証言などの“証拠集め”をしていくでしょう。成宮が帰国したタイミングで、任意出頭を求める可能性もあります。ビザの問題もあり、いつまでも海外に居続けることはできませんから」(前出の警視庁OB)

 引退すれば逃げ切れると思っていたら、考えが甘すぎる。

【引用元:日刊ゲンダイ】

■成宮寛貴さん引退ショック!事務所おわび行脚CM違約金3000万円か

 元俳優の成宮寛貴さん(34)が9日に芸能界引退したことを受け、13日から前所属事務所が関係各所におわび行脚を行うことが12日、分かった。

成宮さんは引退して海外に脱出したとみられるが、残された前所属事務所は各所への対応が本格化した。週が明けたこの日、事務所は今後の対応を協議したとみられる。「何も答えられません」と話したが、放送関係者は「早ければ13日から、事務所幹部が広告主やドラマに出演予定だったテレビ局に謝罪に行くことになる」と明かした。

 成宮さんは、引退前までテレビCMは歯磨き粉「シュミテクト コンプリートワン」、宅配天然水「コスモウォーター」、スマホ用ゲーム「ファイナルファンタジー レコードキーパー」の3本に出演。また来年に放送予定だった大手メーカーの新CMも1件、収録済みだった。ドラマは来年1月期のテレビ朝日系「就活家族~きっと、うまくいく~」(木曜・後9時)に出演予定だった。謝罪先はこれらの企業とみられる。

 引退したことでCMスポンサー契約の違約金も発生。広告関係者によると「成宮さんのテレビCM出演料は推定で1本約3000万円」。途中で放送できなくなると、基本的に全額を返すことになるという。

 ただし、未放送の新CMをのぞく3本の中には、既に放送期間が終了しているものや、契約期間が残りわずかだったものがあり「企業のイメージダウンにはつながったかも知れないが、成宮さんは法を犯したわけではない。話し合い次第では違約金を請求されない可能性がある」という。「その場合、一定期間の契約が残る1本分だけの違約金で、金額は3000万円。放送前の新CMに関しては収録時のスタジオ代、人件費程度の弁償だけ」と指摘した。一方で別の芸能関係者は「放送が終わっていても、契約期間がわずかでも残っていたら全額返還するケースもある」と話し、「そうなると3本分の9000万円を超える可能性もある」とした。

【引用元:スポーツ報知】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について