西野カナ、今年の「日本レコード大賞」本命に浮上「三代目J Soul Brothers」消えたレコ大いまだ混沌

西野カナ

5日にTBSで放送された「日本有線大賞」では西野カナ(27)が初の大賞に輝いたが、30日に発表される「日本レコード大賞」はどうなるのか。

当初は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの“3連覇”の可能性もあったが、文春が「1億円買収疑惑」を報じたため、状況は一変。

三代目は大賞の“候補”にすらならないばかりか、三代目の所属事務所・LDHのアーティストは各賞から一切名前を消した。

「“買収疑惑”が報じられたことに、芸能界のドンが激怒しているようなんです。だからなのか、LDH所属のアーティストの名前が全くない。現在、審査は淡々と進められているようです」(レコード会社関係者)

大賞の候補にあがっているのは、紅白にも出場する氷川きよしやいきものがかり、桐谷健太ら10曲。

“本命視”されていたエイベックス所属のAAAは、買収疑惑の影響からか、大賞の目はほぼ消滅したという声も。状況は混沌としているようだ。

「順当に選べば、宇多田ヒカルでしょう。しかし、大賞のアーティストは当日、会場に来て歌えることが“大前提”になる。

紅白ですら、何とか“欧州から中継”という形で出場が決まった。しかも、宇多田にとって“賞”なんて必要ない。

出演は限りなくゼロに近いでしょう。その点を考えると、本命は有線大賞も取った西野カナ、対抗はAKB48です。

審査委員長は『AKB48新聞』も発行する日刊スポーツの記者。それがどう影響するのか」(芸能関係者)

結果からいろんな業界事情が透けて見えそうだ。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について