西野カナ「会いたくて震えてる」ではない「マネージャーと熱愛」以外の肉食素顔…「イケメン以外は用なし!」私生活が恋愛ソングのネタだらけ?

7年連続となる「NHK紅白歌合戦」出場が決定するなど、今や日本を代表する歌姫の一人となった西野カナ(27)。

初スキャンダルに見舞われたばかりだが、愛くるしい歌詞の世界観とは裏腹に、実はかなりの肉食系だったようで──。

西野といえば、類いまれなるハイトーンボイスと、みずから手がけるストレートな歌詞で「会いたくて会いたくて」や「トリセツ」など数々のヒット曲を世に放ち、若い女性を中心に高い支持を集めている。

その一方で、デビュー以来、浮いた噂はほとんどなかった。

しかし、写真週刊誌「フラッシュ」に、市川海老蔵似のイケメンマネージャーとの腕組みツーショット写真が掲載され、「半同棲熱愛」が報じられたのだ。

西野の所属事務所は恋愛関係を否定したが、別の芸能プロのマネージャーはこう語る。

「タレントとマネージャーが恋愛関係になるのはよくあること。もちろん、マネージャーが“商品”に手をつけることはご法度ですが、タレント側から求められたら、立場的に断りにくい。

信頼関係を築いていくうち、男女として引かれ合うこともあるでしょうし、よそで色恋ざたを起こされるよりは管理がしやすいと考える事務所もあります」

まして、年頃の歌姫である。多忙を極める中、“会いたくて震える”ような相手より、自身の“トリセツ”を熟知し、いつでも会えるイケメンを求めたとしても、不思議ではない。

いずれにせよ、西野の熱愛スキャンダルはファンを驚かせたが、実は、以前から関係者の間で、彼女の奔放さはささやかれてきたというのだ。

中でも、これまで西野の“本命”と噂されていたのが、ツアーやレコーディングを担当しているギタリストの山口隆志氏だったという。

「ぐっさん」の愛称で知られる山口氏は、西野の通算26枚目のシングル曲で、16年の選抜高校野球開会式の入場行進曲にも起用された「もしも運命の人がいるのなら」の作曲も手がけ、彼女の信頼も厚いようだ。

「11月27日の『さいたまスーパーアリーナ』で、8月から全国を回ったアリーナツアーが大盛況のうちに終了しましたが、今回のツアーで西野さんはウクレレの演奏を披露した。

春先から彼女にその手ほどきをしたのが山口さんで、ツアーのMCでも『ぐっさんから特訓を受けた』と、西野さんはうれしそうに話していました。

ファンも公認の仲と言われてきたのですが、本命ではなかったんですかね」(ツアー関係者)

さらには西野のツアーといえば、バックダンサーを帯同しているが、そのうち2人は男性で、なんとステージ以外でも駆り出されるというではないか。

「コンサート後の打ち上げで、西野さんがどちらかの名前を呼んで、『今日、(ホテルの部屋に)マッサージに来て!』とおねだりするんです。そんな女王様然とした姿が堂に入っていて、周囲は拍手して見守っている」(前出・音楽関係者)

2人のうちでも、特にお気に入りのダンサーは、同世代の別の女性アーティストのバックダンサーも務める売れっ子なのだが‥‥。

「彼とその女性アーティストとの関係が業界内で取りざたされた際に、西野さんが『これからどうするの?』と問い詰めたといいます。

それでも、彼が西野さんのそばにいることを望むと、『フラフラしなかったら私が面倒を見るから』と、姉御肌な一面も見せたともっぱらです」(前出・ツアー関係者)

デビュー当時から西野を知る、地方局スタッフが明かす。

「西野さんには名古屋のローカルタレントだった時代があって、“ドラゴンズの御用達タレント”と言われ、ある若手投手といい関係だったとも。それでも全国区になると、そうした過去は封印したようですね」

いや、恋愛ソングのカリスマには、歌姫らしく、これからも実生活の華やかな話題を振りまいてほしいものである。

【引用元:アサ芸プラス】

■私生活が恋愛ソングのネタだらけ……西野カナ「イケメン以外は用なし!」の肉食ぶり

今月5日、「第49回日本有線大賞」を「Dear Bride」(SME)で初受賞した西野カナだが、その直前の11月末にはイケメンマネジャーとの半同棲愛が報じられた。

写真付きで記事を掲載した「フラッシュ」(光文社)によると、マネジャーは小柄だが、目力が強い市川海老蔵似のイケメン。西野は男性にかなりメロメロで、すでに一部のファンの間では交際がウワサになっていたが、昨年夏に西野が現在の自宅マンションに引っ越してきて以来、そのマネジャーと思われる男性が1人で出入りすることがあり、半ば同棲状態だというのだ。

「“恋愛ソングのカリスマ”と呼ばれる西野だけに、なかなかのスキャンダル。ところが、『フラッシュ』の早刷りが出た日は、ちょうどASKAが覚せい剤で2度目の逮捕をされてバタバタ。おまけに、西野の版権は某大手芸能プロが押さえているため、マスコミ各社に『後追いはやめてくれ』とお達しが出た。おそらく、『NHK紅白歌合戦』の取材でもマスコミが西野に接触する機会はないだろう」(芸能デスク)

これまで「会いたくて会いたくて」「トリセツ」など数々の恋愛ソングがヒットしている西野だが、どうやらプライベートでは恋愛ソングのネタに事欠かないようだ。

「今回、交際が発覚したマネジャーは、コネ入社した所属レコード会社の役員の息子で、いわば“禁断の恋”。マネジャーとの仲が公になる前には、ツアーやレコーディングを担当している“ぐっさん”ことギタリストの山口隆志氏との関係が、ファンの間でも公認の仲となっていた。業界内では、お気に入りのバックダンサーをホテルの部屋に呼んでマッサージさせているのも知られていた」(大手レコード会社関係者)

表沙汰になっていないだけで、なかなかの肉食系のようだが、そのせいもあってか、西野の曲の歌詞は、ややワガママな女性目線が多い気がするのだが……。

「西野は、名古屋で有名なお嬢様大学を卒業している。デビューできたのも、中部地区では資産家として知られる父親の資金力のおかげだったとか。一部メディアが報じたところによると、大学生時代は『合コン女王』として有名。しかし、イケメン以外には興味を示さないなど、かなり態度が悪く、みな彼女との合コンには、二度と行きたがらなくなってしまうとか」(女性誌記者)

もっぱら、今年のレコ大の大本命に浮上しているとのウワサだが、受賞すればくだんのマネジャーと勝利の美酒に酔うことになりそうだ。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について