解散後にキムタク以外のメンバー独立が避けられなくなったSMAP…中居正広と飯島元マネが新事務所設立? キスマイも合流し中居派20人参加の推測も前途は

大晦日で解散することが決定しているSMAPだが、キムタクこと木村拓哉以外のメンバー4人が、ジャニーズ事務所との契約が切れる来年9月以降、独立して芸能プロを立ち上げるかなり具体的な情報を発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

同誌によると、来年9月の契約切れを待ち、中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾は独立。

そこに、今年1月に勃発したSMAPの独立・分裂騒動の責任をとりジャニーズ事務所を退社、現在は芸能界と距離を置くSMAPの元チーフマネージャー・飯島氏が満を持して参加。

その事務所の“顔”には中居を据え、さらには、飯島氏がジャニーズ時代にマネージメントを担当していた人気グループ・Kis-My-Ft2、ジャニーズJr.も含め、20人を超える大所帯になりそうだというのだ。

そんな状況を後押ししているのが4人の来年のスケジュール。キムタクは1月クールの主演ドラマ、4月公開の主演映画が決まり、今後、撮影やプロモーションに忙殺されそう。

それに対し、4人は草なぎが1月クールの主演ドラマが決まっているが、飯島氏がブッキングしたそうで、ほかの3人は新規の仕事がほぼ白紙だというのだ。

「SMAP騒動の余波はキスマイにも及び、飯島氏が退社後、ほぼ“飼い殺し”のような状態。

キスマイの中の『売れてない方』の4人で結成した中居プロデュースのユニット『舞祭組(ぶさいく)』はまったく稼働しなくなってしまった。そんな状況では、キスマイが独立するのも仕方ないだろう」(芸能記者)

同誌によると、飯島氏は退職後、メリー喜多川副社長と双方が代理人を立て大揉め。

結局、35年ジャニーズに勤務した功労者の飯島氏に対し、退職金として3000万円に満たない額が支払われたというのだ。

ジャニーズのジャニー喜多川社長、メリー氏はいずれも高齢。

中居派が独立すれば、数年後には芸能界の“覇権”を握っている可能性もありそうだ。

【引用元:リアルライブ】

■中居正広と飯島元マネが新事務所設立、と「新潮」が報道! キスマイも合流し中居派20人参加の推測も前途は

SMAP解散まであと1カ月足らず。SMAP騒動に火をつけた「週刊新潮」(新潮社)が今日発売の12月15日号で、興味深い記事を掲載した。「「SMAP」解散後のプランA」なるタイトルで、中居正広、草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾、つまり木村拓哉以外の4人が、SMAP育ての親である飯島三智元マネージャーと新たな芸能事務所を設立する、と報じたのだ。

「週刊新潮」は飯島氏の積極的な動きを紹介したあと、こんな芸能関係者のコメントを掲載している。

「来年の9月、ジャニーズ事務所との契約切れを待って、木村以外の4人で独立し、そこに飯島も満を持して参加する腹づもりのようです。最近、彼女と話した人によれば、”アイディアが本当に湧いてくるの”とやる気満々、興奮を抑えきれないって感じだったそうですよ」

しかも、独立するタレントは4人だけではなく、Kis-My-Ft2やジャニーズJr.もついてくるという。以下は同じ芸能関係者のコメントだ。

「新しい事務所の『顔』には中居を据える。飯島自身、”ジャニーズ事務所内での彼の求心力はとても強い。だから、キスマイなど所属タレントだけじゃなくジュニアの男の子たちも付いてくる。その数は20人じゃきかない”と話していたんです」

SMAP解散後の動向については、一貫して中居が独立をあきらめていないという説に立っている本サイトはともかく、最近は芸能マスコミの間でも、中居、草なぎ、稲垣はそのままジャニーズに残り、香取だけが引退するという説がすっかり定説になっていた。それが再び独立話が出てきた、というのはどういうことなのか。ある週刊誌のジャニーズ担当記者が語る。

「3人が残って、香取だけが引退するという情報を流しているのはジャニーズ事務所ですからね。その裏には、香取ひとりに責任を押し付けて、木村のイメージを守り、中居らを取り込もうというジャニーズの思惑がありますから、報道を額面通り受けとるわけにはいかない。しかも最近、ジャニーズがその中居らの取り込みに失敗したという話も流れていたんです。中居らは想像以上に強硬で、来秋以降の新しい企画がまったく決まらない、と。そこにこの『週刊新潮』の記事でしょう。『新潮』は、最初にSMAPと飯島さんの独立をすっぱ抜いた週刊誌で、この問題には独自の情報ルートをもっていますから、ヨタ記事と片付けることはできない」

実際、「週刊新潮」は7月にも、SMAP独立の際に後ろ盾になるといわれていた田辺エージェンシー・田邊昭知社長と飯島元マネージャーが渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで密会していたという記事を掲載している。

また、飯島マネージャーの活発な動きについては、「フライデー」(講談社)も報じている。やはり7月には、電通系の有力キャスティング会社と接触していたこと、そしてキスマイの玉森裕太と丸の内のホテルの中華料理店で密会していたというのだ。

本サイトの情報源であるジャニーズ関係者にこの中居=飯島の独立の動きについて確認すると、「何をいまさら。だから独立の計画は消えてないとずっと言ってきたでしょう」と皮肉を口にしつつも、この動きの中心は飯島氏ではなく、あくまで中居だと解説してくれた。

「『新潮』も少し触れていましたが、お金も中居さんが出すと聞いている。中居さんは自分が独立したいというより、他のメンバーやキスマイの状況を見かねて、新しい事務所をつくるしかない、と考えたようです。飯島さんにも、中居さんのほうから協力を求めたと聞いている」

そういえば、中居は解散発表後も一貫して、キスマイメンバーを自分の番組で推し続けており、これも独立を見据えてのことと考えられなくもない。また、「フライデー」が12月9日号で報じていたが、中居は最近、所有している不動産の一部を処分したという。これも独立の資金調達のため、という可能性はある。そして何より、4人が独立を考えていたとすれば、ジャニー喜多川社長の説得を振り払って解散を押し切ったのも、飯島氏が決めていたもの以外の新しい仕事をまったくはじめていないことも説明がつく。

いずれにしても、中居たちの独立計画の信憑性はかなり高そうだ。しかし、一方で、その計画が本当に実現するかどうかとなると別問題で、かなり暗雲が漂ってくる。

「そもそも、こういうかたちで情報が漏れること自体、独立話が危ういところにある証拠ですよ。今年1月、『週刊新潮』が最初にSMAP独立の動きをスクープした際も、中居らに制裁を加えようとジャニーズ関係者が情報を流したとか、SMAPが田辺エージェンシーにいくことを面白く思わないバーニング関係者がリークしたとも言われました。今回も同じにおいがするんですよね。事前に情報を出して、潰してしまおうということじゃないか、と」(前出・週刊誌記者)

事実、『週刊新潮』の記事は中居らの動きを強く批判し、「一般常識が通じないままに新事務所を作って、仕事がうまくいくのか甚だ疑問」という芸能プロ幹部の恫喝めいたセリフで締められている。中居には、こうした圧力を跳ね返し、今度こそ独立を勝ち取ってほしいものだが……。

【引用元:リテラ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について