選挙では解禁主張…高樹沙耶容疑者ははツイッターでも“マリファナ狂い”/共犯で逮捕の男性は大麻所持認める 高樹容疑者は「私の物ではない」

高樹沙耶

元女優の高樹沙耶容疑者(53)が25日、沖縄県・石垣島の自宅で大麻を隠し持っていたとして、厚生労働省の麻薬取締部に現行犯逮捕された。テレビでは早速、ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の再放送が別の放送回に差し替えられるなど、逮捕による影響が広がっている。

 高樹容疑者は「相棒」シーズン10の第1話まで出演。その約1年前には石垣島への移住を一部女性誌に報じられていたが、この頃から女優としての活動は低調に。変わって力を入れ始めたのは、石垣島での自給自足生活や医療用大麻を普及させるとする活動だ。今月7日に放送されたバラエティー番組「爆報!THEフライデー」(TBS系)では、自宅で男性4人と共同生活している様子が放送された。

 今年7月の参議院議員選挙では医療用大麻の解禁を掲げて立候補するなど、近年は“お騒がせ”的な話題が先行。その高樹容疑者だが、移住と前後して開始したツイッターが以前から一部ネットユーザーの間で話題に。当初こそ島での生活についての報告が多かったが、徐々に大麻関連の話題が目立つようになっていた。

 最近では「これは我が国で痲薬と言われている陶酔成分」などと、大麻の含有成分について解説したり、「アメリカが医療大麻を導入した過程のドキュメント」としてネット上の動画を紹介。「口腔がん・肝臓がん・すい臓がんあらゆるがん細胞を大麻が撃退」とも主張していたほか、逮捕3日前の22日には、海外での大麻使用状況に関するニュース記事をリツイートしていた。逮捕を受け、コメント欄には<見事に大麻草の話だらけ>などと指摘する書き込みが寄せられている。

 取り調べに対し、「私のものではない」と大麻所持を否認しているという高樹。テレビのインタビューでは、大麻草の栽培について「法律がありますから、それはないです」と笑顔で否定していたが、押収された大麻の出どころの解明が待たれる。

【引用元:日刊ゲンダイ】

■高樹沙耶容疑者と共犯男性は大麻所持認める 高樹容疑者は「私の物ではない」

 元女優の高樹沙耶容疑者(53)=本名・益戸育江=が25日午前10時32分、沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を数十グラムを所持していたとして、大麻取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。

 捜査関係者によると、高樹容疑者は逮捕時には特に抵抗せず、捜索には素直に応じたが、「私の家から発見された大麻は、私の物ではありません」と容疑を否認。また、調べに対して現在の職業を「自営業」と話しているという。自宅からは、乾燥大麻の他に、吸引用とみられる巻紙、パイプ等が押収された。

 共犯者として、高樹容疑者と同居していた会社役員の森山繁成容疑者(58)と無職の小見祐貴容疑者(26)も逮捕された。森山容疑者は、一部で高樹容疑者の“事実婚”の相手とされている。森山容疑者は「大麻は私の物です」と所持の容疑を認めているが、高樹容疑者らとの共謀については言及していない。小見容疑者は容疑を否認している。

 高樹容疑者については、関東信越厚生局など5局の麻薬取締部による合同捜査本部が内偵を進めていた。この日は捜査員約30人が、自宅のほか、高樹容疑者が石垣市内の自宅付近で経営しているペンションや、所持している車などを捜索したが、自宅以外では大麻は発見されなかったという。

 また、捜査関係者は、高樹容疑者が大麻の常習性が高いことを示唆し、自宅付近で大麻を栽培していた疑いについても「可能性は否定できない」と話した。高樹容疑者は現在、那覇市の九州厚生局沖縄麻薬取締支所に引致され、26日に午後那覇地方検察庁に送致される見込み。

 高樹容疑者は医療大麻の普及を訴え、今年7月10日投開票の参院選で新党改革から東京選挙区に出馬したが、落選した。選挙戦中にはデイリースポーツの取材に対し、大麻の所持や栽培を否定していた。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について