AKB48『紅白』選抜総選挙に猛ブーイング!!「私物化するな」「公共放送主導で未成年に順位をつけるなんて……」

AKB48

11月24日、大みそかに放送される『第67回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表され、AKB48の9回目の当選が決定した。

さらに、記者会見では「AKB48夢の紅白選抜をみんなで選ぼう」という、視聴者投票で『紅白』選抜メンバーを決める企画も発表され、ネット上を騒然とさせている。

「今年、48グループで出場権を得たのはAKBのみだったのですが、同企画は、AKBに加えてSKE48、NMB48、HKT48、NGT48の合計300人以上の全メンバーが対象。

まずは、12月上旬に『紅白』の公式サイトで、それぞれの『今年かなえた夢』を発表し、これを元に、視聴者が選抜にふわさしいメンバーを選び、投票するといいます。

同29日に選抜メンバー48人が発表され、31日の『紅白』内で順位を公表するそうです。

会見に出席していたAKB・渡辺麻友やグループの総監督を務める横山由依らも、事前にその話を知らされておらず、ひどく困惑していたとか」(芸能ライター)

『紅白』の制作統括を担当する矢島良チーフプロデューサーは、今年のテーマが「夢を歌おう」であることを挙げ、「我々は(AKB恒例の)“総選挙”とは一線を画していて、あくまでも“紅白版の夢の選抜”を作りたいという思いです」と、強調していたという。

「とはいえ、世間から見れば総選挙との明白な違いはない。そのため、ネットには『ほかの出演者にとっては迷惑極まりない』『総選挙は自分達で勝手にやればいいけど、わざわざ紅白で茶番を見せるな』『紅白はAKBだけのステージじゃない。いい加減に私物化やめろ』といったバッシングが飛び交っています」(同)

AKBの紅白私物化は、以前から問題視されていた。2013年の出場時、大島優子が卒業を発表した際には、「自分たちのコンサートでやれよ!」などと批判が噴出。

また、15年には、高橋みなみの卒業目前ということで、OGの大島や前田敦子がサプライズ登場した際も、「話題づくりにしか見えない」「私たちが『紅白』の主役だと思っていそう」などと、ブーイングが巻き起こっていた。

「散々叩かれたにもかかわらず、今年はさらに大掛かりな企画をやるとあって、ネット上の視聴者から総スカンを食らっています。

また、AKBへの非難だけでなく、NHKに対しても『ますます紅白を見たくなくなるし、せっかく楽しみにしてくれてるお年寄りだってチャンネル変えちゃうよ』『順位発表の時間で、ほかに出られなかったアーティストの枠が作れたはず』『公共放送で女の子のランキングってゲスすぎ……NHKがやることじゃない』というような書き込みが散見されます」(同)

その一方で、「投票券を大量買いできないから、本当に一番人気のメンバーがわかる」「総選挙で上位のメンバーが落ちたら、それはそれで面白い」などと、同企画に期待を膨らませる人もいるようだ。

果たして『紅白』当日、AKBの企画は、視聴者にどう受け止められるのだろうか。

【引用元:サイゾーウーマン】

■『紅白』AKB48選抜企画に批判殺到「公共放送主導で未成年に順位をつけるなんて……」

2020年に東京五輪・パラリンピックが開催されることから、「夢を歌おう」をテーマに掲げる今年の『第67回NHK紅白歌合戦』。

同番組の目玉企画「AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう!」に対し、多くの視聴者が拒否反応を示しているようだ。

同企画は、今年出場を果たしたAKB48のステージに立つメンバー48人を、AKB48グループの国内全メンバー300人以上の中から、国民投票で選抜するというもの。

投票は12月に『紅白』公式アプリとデータ放送を使って行われ、12月上旬に全メンバーの「今年叶えた夢」が番組公式サイトに掲載され、12月中旬に中間発表。

12月29日に選抜メンバー48名が発表され、『紅白』の生放送内で順位が発表されるという。

毎年春頃に行われる「シングル選抜総選挙」との違いについて、『紅白』の会見に出席したチーフ・プロデューサーの矢島良氏は、「総選挙とは一線を画していて、あくまでも“夢の選抜”。選挙の意図はない」と説明。

「彼女たちの夢を、多くの人たちに知ってほしいというのが、きっかけだった。300人の人たちがどういう思いを持って活動されているかが、今回の企画で伝われば」と、企画への思いを語った。

また、会見には、AKB48の渡辺麻友や横山由依らも登場し、同企画をメンバーにサプライズ発表。

メンバーは「え?」と驚いた様子で、渡辺は「出られない可能性あるってことですか?残酷すぎません?ステージに立てないかもしれないと聞いて、震えが止まらないです」と険しい表情を見せ、横山も「絶対に選抜に入りたい。1位を目指したいと思います」と意気込みを語った。

しかし、ネット上では、「今さらAKB48とか……」「なんてサムイ企画」「AKBの番組でやれよ」「ファン以外、誰が喜ぶの?」と批判的なコメントが目立つ。

また、現在のAKB48グループのメンバーを「ほとんど知らない」という人が大多数のようで、「大みそかに、知らない女の子の名前を聞かされるのか……」と溜め息も。

さらに、AKB48として出場するにもかかわらず、なぜ落選したSKE48やNMB48などのメンバーも対象なのかと疑問の声も。これが、「AKB48がまた“紅白”を私物化している」とのバッシングに発展している。

「そもそも、未成年を含むメンバーに順位をつけるという下品なイベントを、公共放送の主導で行うということ自体が問題。

プロデューサーは、『メンバーの夢を知ってほしい』と企画の意図を説明していますが、それがなぜ順位をつけることに繋がるのか、全く意味不明。実のところ、今年は目玉企画がないため、話題性重視でAKB48に乗っかったということでしょう」(芸能記者)

SMAPが出演しなければ、「歴代視聴率最低は確実」とも言われる今年の『紅白』。

AKB48選抜企画は、そんな番組の窮地を表しているとも言えそうだ。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について