AKB48セクハラ問題の田辺音楽出版のS氏「SMAP元マネジャー飯島氏」の腹心だった!

AKB48のセクハラ問題の張り紙

AKB48グループメンバーへの“セクハラ”が問題視され、AKB首脳陣から、現場への“出禁処分”が下されたという業界人・S氏。

田辺エージェンシー系列事務所の名刺を持ち、テレビ番組のキャスティング業務のため、関係各所に出没しているものの、近頃ではAKB以外の現場からも、“出禁”を言い渡されるケースが相次いでいるようだ。

「確かにS氏が、ドラマやバラエティの出演枠を確保しているのは事実で、AKBサイドもメンバーの売り出しという面においては、助けられていることは否めないでしょう。

しかし、彼のやり方は真っ当とは言い難い部分が多く、また横柄な態度を嫌うスタッフも大勢いることから、徐々に各所で締め出しが進んでいるようです」(テレビ局関係者)

S氏は、テレビ局などに出入りし、事前にドラマやバラエティなどのキャスティング情報を得ているというが、「信頼関係を築いてからならまだしも、勝手に編成室に出入りして、資料を盗み見るという手口が常習化している」(同)とか。

その結果、ここ最近になって、S氏は某キー局の編成室からも、AKBと同じく出入り禁止を通達されたという。

「編成室に、S氏に向けて『ここから先は入らないでください』『資料を勝手に見るのもご遠慮願います』などと書かれた紙が貼られるようになりました。

作成したのは、大ヒットドラマを連発した元プロデューサーのI氏。

冗談半分でしょうが、ある意味『冗談で済まされるうちにやめておけよ』という“警告”でしょうね」(同)

まるで“泥棒”のようなS氏の仕事ぶりだが、この強引な手法が功を奏し、大物タレントとつながることもあったという。

「彼は番組のスタッフでもなんでもないのに、福山雅治の『オールナイトニッポン』生放送中、アポもなくニッポン放送を訪れては、本人やスタッフらに差し入れを続けていました。理由を聞くと『福山さんのファンなんで』と。

結果的に福山本人とも交流を持つようになり、現在では所属のアミューズにも取り入ることに成功しています」(ラジオ局スタッフ)

さらにS氏は、SMAP元チーフマネジャー・飯島三智氏にもこうした手口を用いて近づいたといい、「SMAPとAKBの共演が増えたのも、S氏の功績といえるでしょう。

SMAPの分裂騒動が明るみになった際、S氏は飯島氏を裏切って藤島ジュリー景子副社長派となってしまいましたが、一時期S氏は作家・鈴木おさむと共に、飯島氏の“腹心”でしたから」(同)。

芸能界の“魑魅魍魎”ともいうべきS氏だが、こうした被害報告が相次ぐ状況だけに、今後は改心してくれることを祈りたいものだ。

【引用元:サイゾーウーマン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について