ASKA、覚醒剤使用「陽性反応」なのになぜ不起訴…検察の思惑を「行列」北村晴男弁護士が分析/怒りのブログ二転三転 陽性「ありえません」でも科捜研「間違いはない」

ASKA

東京地検は覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された歌手のASKA(本名宮崎重明)=(58)を嫌疑不十分で不起訴とした。尿から陽性反応が出たのになぜなのか。

日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演する北村晴男弁護士は、地検が裁判において100%の勝利を見込むことができなかったのではと指摘。
無罪の可能性が多少でもあるため起訴を見送ったという。

その背景には「いつでも立件することができる」と考えている可能性があると分析した。

ASKAは逮捕前に警視庁に任意提出し、覚せい剤成分が検出された液体について逮捕後、「あらかじめ用意したお茶を採尿カップに入れた」と供述。
地検もASKA本人の尿と立証できないと説明している。

「お茶を入れた」という供述について北村弁護士は「警察は意表を突かれたのではないか。

尿の任意提出を受ける段階では全く予想していなかったと思う」とASKAの言動の意外性を指摘した。

警察としてはASKAに尿の任意提出を求めた際、覚せい剤が含まれていないことが明らかな液体にすり替えて提出することを恐れ、背後からASKAの排尿動作を妻とともに注意深く見守ったはず。

強制ではなく任意なので、本人の意思に反して正面から観察することは難しかった。ASKAの「お茶を入れた」という供述は、結果的にこの点を突いたことになる。

しかし、お茶から覚せい剤の成分が検出されることはあり得ないのでそんな言い訳は誰も思いつかない。

地検としては、覚せい剤を使用しているものの「使用していない」と思いたい人が、任意提出された尿から覚せい剤反応が出たと知らされて、「自分は使用していないはず」という思いと、陽性反応が出たという客観的事実をすりあわせた結果、無理やり出てきたストーリーに違いないと考えたのではないかと北村弁護士は分析した。

従って、有罪立証するためには提出された液体がASKA本人の尿であると科学的に立証することが最も的確な方法だった。

ただ、この点について警視庁は、液体が微量だったため最初の鑑定で使い切ったことを明かしている。

有罪立証するためにもうひとつ考えられるのは、ASKAが尿を採尿カップに出している現場に立ち会った警察官と妻が出廷し、「他の液体を入れることは不可能だった」と証言することだ。

たとえ採尿動作を後方から見ていたとしても、他の液体を入れようとすれば不自然な音や動きが生ずるもので、警察官や妻がそのことに気づかないはずがないことを北村弁護士は指摘。
「お茶を入れた」という供述を覆す可能性は十分にある。

それでも起訴を見送ったのは、ASKAが「お茶を入れた」と供述したことにより無罪となるリスクがほんのわずかでも生じたからだという。

検察としてはそのような状況で起訴する危険を避けた。なぜなら検察は、内偵すればいつでも「使用」や「所持」の現場をおさえることができると踏んでいるものと思われるからだという。
今後、ASKAへのマークは厳しくなることが予想される。

◆北村晴男(きたむら・はるお) 弁護士。長野県出身。日本テレビ系「行列のできる法律相談所」にレギュラー出演。

■ASKA怒りのブログ二転三転 陽性「ありえません」でも科捜研「間違いはない」

11月28日に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕され、今月19日に不起訴処分となって釈放された歌手のASKA(58)が20日、ブログを更新し、逮捕の決め手となった尿鑑定の際、お茶を自身の尿と偽って提出したいきさつなどをつづった。

ASKAは保釈後、都内の自宅には戻らず、この日は妻が警察を通じて当面、帰宅の予定がないことを明らかにした。

前代未聞の釈放劇から一夜明け、ASKAが思いの丈を記した。

正午過ぎに2本のブログを連投。1本目では「なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?これは、2014年に逮捕された時からの経緯が含まれています」とし、「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう。見つかったときには、素直に検尿に応じればいい」「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう」と当時の心境を説明。陽性反応が出たことに「ありえません」と怒りを表した。

直後の2本目では「あれでは、警察が一方的に悪者になってしまいますね。失礼しました」と前言撤回し「実は、陽性になったのには、ひとつの理由があるのです。科捜研に間違いはないと思います」と、覚醒剤の反応が出たことは認めた。

ブログ内でも主張は二転三転したが、理由は「まだ語ることなできない理由があります」(原文ママ)と明言せず。
「僕は無実です」と改めて強調した。

19日夜に警視庁東京湾岸署から釈放されたASKAだが、この日も都内の自宅に姿を見せず。

自宅前には警察関係者が簡易バリケードを設置し、午後4時頃には長女とみられる女性が車で帰宅した。

その約30分後には妻が碑文谷署に電話で「ASKAはしばらく自宅には戻りません」と明かし、報道陣に伝えるよう要請。
警備に当たっていた同署員から報道陣に説明された。

CHAGE and ASKAのChage(58)はこの日、都内ホテルでクリスマスデイナーショー。

観客によると、ASKAの名を挙げることもチャゲアスの楽曲を歌うこともなく、「皆さん、聞きたいことあるんでしょ?Chageは元気です」と意味深に語ったという。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について