ASKA「元愛人」栩内(とちない)香澄美の肉声/家庭崩壊のカウントダウン…水面下で進められる「豪邸」売却

「はい、もしもし?」

受話器の向こうから耳に飛び込んできたのは、思いのほか明るく、屈託のない女性の声だった。

この声の主は、一昨年の「最初の事件」でASKA(58)と共に逮捕された栩内(とちない)香澄美氏(39)である――。

ご承知の通り、執行猶予中の身だったASKAは11月28日、またもや覚せい剤取締法違反の疑いでお縄となった。彼は逮捕直前までブログへの投稿を続け、

〈陽性は、ありません。100%ありません〉

と弁明したものの、科学捜査研究所での鑑定結果は「陽性」。とはいえ、身柄を拘束されてからもASKAは否認を貫き、また、物証が乏しいこともあって捜査は難航を極めているという。

■「起訴は揺るがない」

捜査関係者が明かす。

「通常の薬物捜査では、“標的”の行動確認を秘密裏に進め、入手ルートや使用する場所、共犯者の存在などを洗い出します。ただ、今回の一件は事前の情報がなく、ASKA本人が25日に110番通報してきたことで発覚した。しかも、彼が任意の採尿にも素直に応じたため、捜査員は当初、“薬物の使用は考えづらい”と判断して自宅の捜索を行わなかった。逮捕までの3日間のうちに証拠を隠滅された可能性もある」

逮捕翌日の自宅へのガサ入れでも、覚醒剤や「あぶり」に用いるガラスパイプは押収されず仕舞い。捜査員は、彼が定宿としていた目黒区内の高級ホテルの一室にも踏み込んだが、発見できたのはパソコンやUSBくらいのものだった。

それでも、「起訴は揺るがない」と明言するのは、元近畿厚生局麻薬取締部長の西山孟夫氏である。

「たとえ他に物証がなくとも、尿検査で覚醒剤反応が検出されれば不起訴になることはまずありません。彼は“経験者”なので、薬物と知らずに摂取したという言い逃れも通用しない。量や頻度によって反応に強弱はありますが、久々に使用したとしても1週間以内なら十分に検出できます」

だが、起訴の可・不可はともかく、容疑者が否認を続ければ事件の全容解明が難しくなるのは事実。前回と同様に、「誰か」と一緒に使用していたのではないか、との疑いも否定できない。

■「関係しておりませんので!」

そこに浮上したのが、〈ASKAの別宅マンションから“愛人”の所持品が押収された〉という報道だった。

この愛人とは、言うまでもなくASKAが初公判で「大事な人」と語った栩内女史を指している。

昨年7月に控訴を棄却され、二審でも執行猶予つきの有罪となった彼女の近況は一切伝えられていない。

果たして、ASKAとの関係は未だに続いていたのだろうか。

冒頭の場面に戻ろう。

電話に出た彼女とのやり取りは以下の通りだ。

――栩内さん本人で間違いないか。

「あっ、はい。そうです」

――ASKA容疑者との関係について話を伺いたい。

「えっと、申し訳ございませんが……。すみません。やはり、お受けするつもりはございません」

――あなたは今回のASKA容疑者の事件に関与していないのか。

「あの、前回も特に関係しておりませんので!」

彼女は語気を強め、そう言い放った。

「そのように記事に書いて頂けますか。それでは失礼致します!」

一方的に通話が途切れると、それ以降、彼女が電話に出ることはなかった。

彼女は公判でも「気づかないうちに、ASKAに覚醒剤を使われた」と無罪を主張していた。つまり、自分は事件に巻き込まれただけであり、男と女の関係も清算済みというワケだ。

実際、今回の取材でも彼女は躊躇なくASKAを切って捨てた――。

特集「逮捕に元愛人『栩内女史』の発した一言! 実は自宅の売却先を探していた『ASKA』家庭崩壊の準備作業」より

■ASKA、家庭崩壊のカウントダウン…水面下で進められる「豪邸」売却

ミリオンセラーを連発した国民的人気歌手の面影はもはや微塵もない。禁断症状の果てに再びお縄となり、家族にも見放されてしまったASKA(58)。かつての栄光だけでなく、成功の象徴だった豪邸までもが永遠に失われようとしているのだ――。

今回の逮捕で奈落の底に突き落とされた女性がいる。これまで彼を献身的に支え続けてきた洋子夫人である。

ASKA夫妻を知る音楽関係者によれば、

「ASKAは10年以上前から、家族に対して支離滅裂な発言を繰り返すようになりました。洋子さんは伝手を辿って腕の良い精神科医を探し、夫に治療を受けさせていた。当時から、薬物常習者の治療に用いられる“ハロペリドール”という強力な抗精神病薬も処方されていたようですが、症状は一向に改善しなかった」

ASKAより2歳年上の妻は、一昨年の逮捕劇で初めて、夫の異常な言動が覚醒剤の禁断症状によるものと知ることになる。裁判では愛人との淫らな関係まで白日の下に晒され、離婚は避けられないと取り沙汰された。

にもかかわらず、

「洋子さんは保釈されたASKAの更生に尽力してきた。治療を嫌う夫を宥め、今年1月からの約4カ月間は八王子の病院に強制入院させ、退院後は、依存症治療で有名な佐賀の医療施設への通院にも付き添っている。フラッシュバック現象を避けるために、覚醒剤の隠し場所だった夫の書斎も改装した。ASKAをひとりにしないよう、7月末には事務所名義で所有していた自宅近くのマンションも売却しています」(同)

■直前の検査は「陰性」

だが、その頃からASKAに異変が生じ始める。

過去に彼の著作を手掛けたこともある、旧知の編集者が振り返る。

「メールで連絡があったのは8月1日です。今年1月に公開したブログの内容を書き直すので本にできないか、と。届いた原稿は読みやすくはなっていましたが、盗聴や盗撮についての描写はむしろ増えていた。私が“立証できない話を出版するのは難しい”と告げても、“絶対にこの問題を世に問わなければならない”と言って譲りませんでした」

11月に入ってからは、さらに意味不明な発言が目立つようになる。同時に、妻と長男、長女が暮らす自宅を避け、定宿のホテルに泊まることが多くなった。

洋子夫人の脳裏にかつての悪夢が蘇ったことは想像に難くない。

「ただ、11月中旬に佐賀の病院で受けた尿検査の結果は“陰性”でした。この結果を聞いて、洋子さんも胸を撫で下ろしていた」(先の音楽関係者)

この時の彼女は、夫が再び逮捕されることなど、考えもしなかっただろう。

■「購入を検討中です」

夫が1度ならず2度までも法に触れたことで、気丈に振る舞ってきた洋子夫人の心が折れたのは間違いない。最初の事件で有罪判決を受けた際の「家族の支えのもとで人として立ち直る」という熱い想いのこもった言葉も、いまや虚しく響くばかりだ。

家庭崩壊はカウントダウン状態。それどころか、水面下では準備作業まで進められていたのである。

別の知人が声を潜めて明かす。

「ASKAの家族は自宅を売却することに決めたようだ。すでに仲介者を通じて買い手を探し始めている」

逮捕当日、100人を超える報道陣が群れをなして押し寄せたASKAの自宅は、駒沢通りにほど近い高級住宅街に位置する。

約300平方メートルの敷地に建つ地下1階・地上2階の豪邸で、いわば彼の栄光の象徴でもある。都内の不動産業者によれば、

「ここ数年、地価が高騰している地域なので“坪=300万円”で買えれば割安だと思います。ASKAさんの自宅は約90坪ですから、土地だけで2億7000万円。薬物事件の現場となった建物は取り壊すしかないですが、解体費用を差し引いても2億円は下らないでしょう」

実際に話を持ちかけられたとされる業者に質すと、

「確かに、“売りたい”という話は伺いました。現在は購入を検討している段階です。騒ぎになっているので詳細は控えますが……」

無論、妻にとっても自宅の売却は大きな決断である。 それでも、あえて踏み切ったのは、財産分与を円滑に進める準備と考えるのが自然だ。当然ながら、頭を過(よぎ)るのは「離婚」の2文字。

結婚30周年を来年に控えた夫婦の関係は、もはや瀬戸際に追い込まれている。

■5~6年の実刑判決

身から出たサビながら、勾留中に家族と自宅という2つの帰るべき場所を失いそうなASKA。もっとも、このまま起訴されれば、シャバに戻るだけでもかなりの年月が必要となる。

元東京高検検事の川口克巳弁護士はこう語る。

「被告人が否認しても、覚醒剤を摂取しない限り尿から陽性反応は出ないので“事実上の推定”が働きます。そうなると、被告人側がよほど説得力のある説明をしなければ、自分の意思で覚醒剤を摂取したのではないとは信じてもらえないでしょう。これは現実的にはかなり困難です。予想される量刑は最低でも懲役2年で、否認することによる加重がおよそ6カ月。前回判決の執行猶予も消えるため、合計で5~6年の実刑判決が下されると思われます」

他方、こうしたASKAの態度には警視庁も苛立ちを隠せない。

捜査関係者が続けるには、

「このまま否認されると、入手ルートを割り出す突き上げ捜査も進められません。いまのところ売人と目されているのは、ASKAが一昨年の逮捕時に覚醒剤を購入していた“新宿の薬局”と呼ばれる住吉会系の暴力団関係者。この組織はASKAの証言も手伝って大量の逮捕者を出しましたが、“時価の3倍”を支払う彼のような上客を手放すのは惜しい。逮捕された常習者が、昔の縁を頼るのはよくあるケースです」

頑なに否認するのは売人を守るためで、シャバに戻ればまた薬物に手を出すのではないか、というのだ。

晴れて自由の身となった時、彼の「SAY YES」に応じるのはカネ目当ての売人だけかもしれない。

「週刊新潮」2016年12月15日号 掲載

【引用元:デイリー新潮】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について