ASKA不起訴処分・釈放で『ミヤネ屋』に猛ブーイング「謝ってから消えろ」/ASKA釈放後初ブログ更新「無罪です」アルバム制作続行を宣言

ASKA

11月28日に覚醒剤取締法違反(使用)で逮捕された歌手のASKAについて、東京地裁が不起訴とし、釈放されることがわかった。ネット上では、ASKAが起訴される前提でテレビメディアが報じた件について、不満が続出している。

特に今回、ネット上で問題視されているのが、「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)だ。芸能レポーターの井上公造氏が、同番組で、ASKA容疑者の創作物であるデモ音源を本人の許可なく流す。番組終了後、井上氏と番組の司会者である宮根誠司はASKA容疑者へ電話取材。そこで、井上氏はASKA本人から、「曲流しちゃだめだって。曲流したらだめだって」と指摘されるも、「逆に聞かせたほうがいいかなと思った」と理解に苦しむ言い訳をした。この件について、多くの視聴者から、「相手がASKAであれば何をしてもいいのか」と怒りの声が挙がった。

そして、今回のASKA釈放で、ネット上では、「井上公造とミヤネ屋ケジメが必要だろ」「とりあえずミヤネ屋土下座な」「謝れミヤネ。謝ってから消えろ」と番組への厳しい批判が続出。世論をミスリードしたと指摘している。

また、多くのテレビ局がASKAが自宅に帰る際のタクシー内の映像使用。ASKAのタクシー車内の映像は、ドライブレコーダーの映像が流出したものだが、ASKAを乗せたタクシー会社は、公式HPで流出した件について謝罪している。さらに、「ASKA逮捕」の情報を入手した報道陣が、都内にあるASKAの自宅前に殺到した際に、ASKAのベンツのフロント部分にあるエンブレムを折った件についても、改めて批判が続出している。

「情報ライブ ミヤネ屋」は、宮根誠司という個性的な司会者が中心となって放送されている番組で影響力は特に高い。そのため、特に今回、ASKA関連報道の批判の的となっているようだ。

明日の放送で番組の“顔”である宮根からどんな発言があるか、注目したい。

【引用元:リアルライブ】

■ASKA 釈放後初ブログ更新「無罪です」 アルバム制作続行を宣言

覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕されたミュージシャンのASKA(本名・宮崎重明=58)が19日、ブログを更新し、「不起訴でした」と記した。ASKAは証拠不十分で不起訴となり、この日午後7時過ぎに警視庁湾岸署から釈放された。

ASKAは「無罪です。様々なことは、また、あらためて書かせていただきます」としつつ、「すべての行動には理由があります。いまは、それしかお伝えできません」と意味深に記した。

また、制作途中だったアルバムにも触れ「こんなところで止まっているわけにはいきません。やれることを、やらなくては。みなさんを、最高のアルバムでお待ちします」とアルバム制作を続行することを宣言。

最後に「みなさん、信じてくれてありがとう」とファンに感謝の言葉で締めくくった。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について