ASKA容疑者、覚醒剤使用容疑で逮捕状…執行猶予中の犯行で実刑判決の可能性は高い/井上公造が「ろれつが回っていなかった」と証言

ASKA

覚醒剤を使用した疑いが強まったとして警視庁組織犯罪対策5課は28日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で歌手のASKA(本名・宮崎重明)元被告(58)=東京都目黒区東が丘1=の逮捕状を取った。

尿の鑑定で覚醒剤の陽性反応が出た。
ASKA元被告は2014年に同法違反の罪で有罪判決が確定し、現在は執行猶予中だった。

同課はASKA元被告の取り調べを行い、逮捕する方針。
今後、自宅など関係先を家宅捜索するなどして裏付けを進めるとともに、覚醒剤の入手ルートを調べる。

捜査関係者によると、ASKA元被告は今月中旬~同25日ごろ、東京都内や周辺で、覚醒剤を使用した疑いが持たれている。

ASKA元被告は25日午後7時ごろ、「盗撮されているので確認してほしい」と自ら110番した。

警視庁の捜査員が元被告の自宅を訪れたところ、言動に不自然な点があったため、尿の任意提出を求めた。

ASKA元被告が提出に応じ、同課が尿を鑑定した結果、覚醒剤の陽性反応が出た。

ASKA元被告のものとみられるブログには28日、「陽性は、ありません。100%ありません」などと覚醒剤使用の疑いを否認するような文言が投稿されている。

ASKA元被告は高校時代からの友人だったCHAGEさんと音楽デュオ「チャゲ&飛鳥」(当時)を結成し、1979年にデビュー。

テレビドラマの主題歌となった「SAY YES」(91年)などが大ヒットするなどしたが、「CHAGE and ASKA」と改名をした後、09年に活動を休止。その後はソロで活動していた。

ASKA元被告は14年5月、都内や周辺で覚醒剤や合成麻薬MDMAを使用したなどとして、交際相手とともに警視庁に逮捕された。

同年9月に東京地裁で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受け、判決が確定した。

【引用元:毎日新聞】

■ASKA覚醒剤使用で逮捕へ 「再犯の場合、実刑判決の可能性が高い」

歌手のASKA(本名:宮崎重明)さんが覚せい剤を使用した疑いが強まったとして、警視庁が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕する方針を固めたと11月28日に報じられた。

ASKAさんは覚せい剤を使用したとして有罪判決を受けて、執行猶予中だった。

一方で、ASKAさんは同日、ブログを更新して「間違いですよ」と否定している。

報道によると、ASKAさんは11月25日夜、東京・目黒区の自宅から「盗撮、盗聴されている」とみずから110番通報した。

警察官が駆けつけると、ろれつが回らない状態だったことから、警視庁が検査した結果、ASKAさんの尿から覚せい剤の陽性反応が出たという。

今回の報道を受けて、ASKAさんは自身のブログを更新した。「はいはい。みなさん。落ち着いて。間違いですよ」「何の、問題もありません。ずべて(ママ)、フライングのニュースです。これから、弁護士と話をいたします」と逮捕に関する報道を否定している。

ASKAさんは、覚せい剤などを使用したなどとして、覚せい剤取締法違反の罪などに問われて、懲役3年・執行猶予4年の有罪判決を受けた。

ASKAさんが今回逮捕された場合、執行猶予にどのような影響があるのだろうか。
田沢剛弁護士に聞いた。

●前の執行猶予が取り消される

「一般に、前回の有罪判決で言い渡された執行猶予の期間内に、さらに罪を犯して禁錮以上の刑に処せられ、その刑について執行猶予の言渡しがないときは、前回の執行猶予の言渡しは必要的に取り消されることになっています(刑法26条1号)。

執行猶予中に逮捕されただけでは、前回の執行猶予が取り消されることはありませんので、その逮捕自体が通常の逮捕と異なるということはありません」

今回のASKAさんのケースはどうだろうか。

「ASKAさんは2014年9月に懲役3年・執行猶予4年の有罪判決を受けています。再び覚せい剤使用ということで有罪判決を受けて、そのときに再度の執行猶予が付されない場合、前の執行猶予が取り消されることになります。

新しい有罪判決で言い渡される懲役刑と、前の判決で言い渡された懲役3年の刑とを合わせて服役しなければならなくなります。

もしも、前回の有罪判決のときの執行猶予が保護観察付き執行猶予であった場合、その猶予期間中の覚せい剤使用で、再び執行猶予付き有罪判決が言い渡されることはなく(刑法25条2項ただし書)、当然に実刑判決となります。

前回の有罪判決自体が覚せい剤使用事犯の初犯としては、重い量刑となっていたことを考えますと、前回が保護観察付き執行猶予でなかったとしても、再度の執行猶予は望めない、つまりは実刑判決となる可能性が高いといえます」

芸能人などが覚せい剤使用するなどして逮捕される事件は絶えない。

「報道などによると、ASKAさんは前回の有罪判決以降、覚せい剤を断ち切るための努力を続けて来られたように聞いています。

もしも、今回の使用が本当であれば、覚せい剤を断ち切ることが、いかに難しいものであるかを物語ることになります。

芸能人の薬物事件が繰り返されていますが、安易に薬物に手を出すとどんな危険が待ち受けているのか、芸能界だけでなく、一般人たちにも肝に銘じていただきたいと思います」

【取材協力弁護士】
田沢 剛(たざわ・たけし)弁護士
1967年、大阪府四条畷市生まれ。94年に裁判官任官(名古屋地方裁判所)。

以降、広島地方・家庭裁判所福山支部、横浜地方裁判所勤務を経て、02年に弁護士登録。
相模原で開業後、新横浜へ事務所を移転。

得意案件は倒産処理、交通事故(被害者側)などの一般民事。趣味は、テニス、バレーボール。
事務所名:新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

【引用元:弁護士ドットコム】

■ASKA元被告 電話でろれつ回らず「睡眠薬飲んだ」井上公造氏に

警視庁は28日、覚せい剤取締法違反の疑いで歌手のASKA(本名宮崎重明)元被告(58)を逮捕する方針を固めた。

ASKA元被告は2014年、同法違反などの罪で懲役3年執行猶予4年の有罪判決を受けており、現在は執行猶予中。

ASKA元被告と昨年、電話で話したという芸能リポーターの井上公造氏が読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、当時の様子を語った。

井上氏によると昨年12月初旬、同氏とASKA元被告双方の知人から連絡があり、ASKA元被告が「電話で話したい」と望んでいると伝え聞き、話すことになった。

ASKA元被告は「自分のパソコンが盗聴されている。ふつうのやり取りができなくて困っています」などと井上氏に述べたという。

その後も電話で話すことがあり、ASKA元被告のろれつが回っていなかったそうで、そのことを井上氏が指摘するとASKA元被告は「睡眠薬を飲んだ」と返答。
しかし、時刻は午後4時だったという。

今年1月にはASKA元被告から井上氏のもとに公衆電話で連絡があったという。ASKA元被告は「家族にだまされた」「僕には自由がありません」と言って電話が切れたという。

その後も連絡があり、「やっと自由になりました。佐賀の病院にいます。ただ、ぼくの電話は盗聴されているので気を付けてください」などと言っていたという。

【引用元:SANSPO.COM】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について