ASKA容疑者が逮捕前に激ヤバな発言連発「ギフハフが作ったAR」が監視と生電話…ミヤネ屋肉声公開で話題

覚醒剤使用した疑いで任意同行、ASKA容疑者逮捕へ…本人潔白主張「私はやってません」

覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕されたASKA容疑者(58)が逮捕直前の28日午後4時ごろ、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」と生電話した肉声が29日、同番組内で放送された。

ASKA容疑者は14分間にわたり、逮捕について「(事実)無根」などと激白。

やや早口で饒舌に話し続け、盗聴や監視被害を訴え、理解しがたい言葉を発した。

ASKA容疑者は、「ギフハフ」という組織があり、その組織が作った「ARっていう仮想現実」に自分の行動を監視されている、などと理解不能な主張も展開し、その生々しいやりとりが肉声で放送された。

ASKA容疑者は「ギフハフっていう組織があるんですけど、そこが組織を作って今、AR(拡張現実)っていう仮想現実なんですけど、僕のいるところを映したりしてぼくの携帯にもそのアプリが埋め込まれていたんですよ。その証拠もとってるんですね。」

「それを見つけたのがおとといなんですよ。あ、昨日(27日)だ、昨日見つけたんだ。それをスクリーンショットで画像にいれて、携帯からそれを削除して、今は多分のぞかれてないと思うんですけど、それは200メートル四方まではズームで終えるというソフトなんです」などと主張した。

警察が自宅に来た25日夜、任意で尿検査をするよう言われたが、「拒んだんですよ」と最初は拒否したことも明かした。

ASKA容疑者は、盗聴、盗撮、監視されているなどと25日に警察に通報。

様子がおかしかったことから、同日夜、警察が都内の自宅を訪問し、その際、任意で尿検査を行った。
結果が陽性だったことから、28日、逮捕された。

しかし、ASKA容疑者は、「科研(科学捜査研究所)からアンフェタミン(覚せい剤の一種)がバッチリ出てます、って連絡があったらしいんですけど、もう100%!ありえないですから!」と覚せい剤の使用を繰り返し否定していた。

■ASKA容疑者 任意の尿検査、最初は「拒んだ」と告白 ミヤネ屋への生電話肉声を公開

覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕されたASKA容疑者(58)が逮捕直前の28日午後4時ごろ、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」と生電話した肉声が29日、同番組内で放送された。

ASKA容疑者は番組への電話の中で、盗聴などの被害を通報し、警察が自宅に来た25日夜、最初に任意で尿検査をするよう言われた際、「拒んだんですよ」と拒否したことを明かしていた。

また、尿検査では警察からアンフェタミンという覚せい剤の一部が検出された、と言われたことなども生々しく明かした。

ASKA容疑者は任意の尿検査で陽性の結果が出たことから、25日までに覚せい剤を使用したとして、28日夜、逮捕された。

「ミヤネ屋」の放送時間は午後3時50分までで、修了後に芸能レポーターの井上公造氏がASKA容疑者に電話したところ、電話口に出たという。

司会の宮根誠司が電話をかわると、ASKA容疑者は「はじめまして」と比較的落ち着いた様子であいさつ。

宮根が「番組の突然逮捕への報が入って」と逮捕情報について切り出すと、ASKA容疑者は「ビックリですよ!僕、寝てたんですよ。

電話がバンバン入るんで、何だろうと思っていたら『テレビ見て!』って。金曜日にアカウントを週に2回乗っ取られて、相手も大体特定出来てるんですよ。

それで、もう我慢出来ないので、サイバー課を紹介してくれって、(警察に)電話したんですよ。普通の警察じゃ無理なので、サイバー課を紹介してくれ、と。

で、サイバー課を紹介してくれ、って電話を受けて、警察が来られたかな、と思ったら、え~っと、前の麻薬の刑事の方が来られて、『尿検査してくれ』と。

僕は最初拒んだんですけど。『僕は被害者なのに、なぜここでやられるのか』と」などと一気にしゃべり始めた。

警察での尿検査を拒み、自宅で尿検査を受けたというASKA容疑者。結果は警察から息子に「科研(科学捜査研究所)から連絡があって」と明かし、「アンフェタミンがバッチリ出てます、って連絡があったらしいんですけど、もう100%!ありえないですから!」と覚せい剤の使用を繰り返し否定していた。

【引用元:デイリースポーツ】

■ASKA容疑者、逮捕報道を知った瞬間を宮根に語る

ASKA容疑者、逮捕報道を知った瞬間を宮根に語る

警視庁に任意同行されるASKA容疑者=2016年11月28日

覚せい剤取締法違反(所持)で28日、警視庁に逮捕された歌手ASKA容疑者(本名・宮崎重明=58)が逮捕直前、日本テレビ系「ミヤネ屋」の宮根誠司キャスター(53)と電話で会話し、逮捕報道を知った瞬間について語っていたことが分かった。
29日放送の同番組内で、やりとりが公開された。

「ミヤネ屋」などがニュース速報で「逮捕の方針」と報じたのが、同日午後2時すぎで、ASKA容疑者は知人からの連絡で知ったという。

番組に出演していた芸能リポーター井上公造氏との電話を取り次いだ宮根氏に対し、同容疑者は「その時、寝ていたんですよ。

『テレビを見て』と言うから、テレビを見てビックリした」と明かした。

一方で、宮根キャスターから所在時を追究されると「言えないんです。物を書くときに借りてるところがありまして。あるところを借りて、こもっている」とだけ話した。

ASKA容疑者は1週間のうちに2度、端末のアカウントを乗っ取られたとして、25日に自ら警察に相談していた。

すると、自宅には麻薬の捜査員も訪れ、尿検査を要求されたという。「前の麻薬の刑事が(一緒に)来られて、『尿検査をしてくれ』と言った。最初、拒んだんですけど、『警察署に来てくれ』と言われた」。

警察で写真を撮られ、記事化されることを恐れた同容疑者が、捜査員に「『この部屋で(検査を)やってくれ』と言った。

それでやったんですが、僕は100%自信もありますので。そのまま尿を持っていかれて、今に至るんですね」と困惑気味に話した。

尿検査の結果は科捜研から自宅に連絡が入り、「『アンフェタミン(覚醒剤の成分)がバッチリ出てると(言われた)』。出るわけがない」と、強く無実を訴えていた。

電話では、自分の携帯電話に盗撮アプリが搭載されていたと主張した。「200メートル四方まではズームで追えるソフトなんですよ。

日本では想像のつかないテクノロジーが発達していて、かなりの人がやられてるんじゃないかと思う。

それに気付いたのは、僕がおそらく初めてじゃないかと思うんですよね」と、妄想とも取れる発言を続けた。

また「ミヤネ屋」は、ASKA容疑者が28日、出先から自宅に戻る際に乗ったタクシーのドライブレコーダー映像を入手し、報じた。

既に「逮捕の方針」と報じられた後だったが、同容疑者は運転手に行き先を伝えた後も落ち着いた様子。

映像には「ロケをやっていて、家の前にいっぱい人が集まってると思うんですけど、ギリギリに止めて下さい。

で、速やかに止めて、ドアを開けてください」と、運転手に冷静に指示する様子が映し出されていた。

【引用元:日刊スポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について