Hi-STANDARDが16年ぶり新作CDを4日から発売! 事前告知一切なく店頭に! ハイスタが発売事前、プロモ一切なしで配信時代に対抗

Hi-STANDARD(ハイスタンダード)

人気ロックバンド・Hi-STANDARDが5日、2000年4月の『LOVE IS A BATTLEFIELD』以来約16年半ぶりとなる4曲入りシングル「ANOTHER STARTING LINE」を発売する。

4日にはすでに店頭に並び始め、CDショップで偶然発見したリスナー、ファンからの歓喜の声がSNSを駆け巡っている。

事前プロモーションは一切なし。
いきなり店頭に並べるというサプライズを演出し、情報過多のこの時代に一石を投じてみせた。

現時点では音楽配信も通販にも対応しておらず“実際に店頭へ足を運んでもらう”ことが目的の一つとも解釈することもでき、配信時代へのアンチテーゼととることもできそうだ。

関係者によればイニシャル(初回出荷枚数)はすでに「数十万枚以上」だといい、このあとのさらなるバックオーダーが期待される。

なお、一部のCDショップ限定販売ではなく、後日、バンドや流通各社の各公式サイトでCDの販売店一覧が掲載される予定だ。

この日“たまたま”レコード店を訪れたファンから「ハイスタ、新譜でてるー!」などとSNS上での報告が相次ぎ、発売が次第に知れわたる形となった。

16年ぶりのリリース、そして異例の発売方法にネットでは「新譜の出し方が最高にパンク」「告知なしは、ハンパない!」と絶賛と歓喜の声が殺到している。

Hi-STANDARDは1991年結成。
99年に発売したアルバム『MAKING THE ROAD』はインディーズレーベルからの発売にもかかわらず国内外で100万枚以上のセールスを記録したが、2000年8月、ベース・難波章浩の脱退により活動休止。

その後、東日本大震災を受け2011年の『AIR JAM 2011』を期に活動を再開、今年12月23日には福岡 ヤフオク!ドームで『AIR JAM2016』を開催することも決定している。

メンバーは現時点でSNSなどでの情報発信はなく、ファンの声援に後押しされる形でどのような声明を発表するのか、それともしないのか、こちらも注目される。

Hi-STANDARD「ANOTHER STARTING LINE」収録曲
1 Touch You
2 Another Starting Line
3 Nothing To Lose
4 Rain Forever

【引用元:ORICON STYLE】

■Hi-STANDARD、16年ぶり新作CDをゲリラ発売 事前告知一切なく店頭に

パンクロックバンド・Hi-STANDARD(ハイスタンダード)が4曲入りCD『ANOTHER STARTING LINE』を、事前告知なしに突如リリースした。

10月4日(火)、全国のタワーレコードやTSUTAYA、HMVなどで店頭販売が確認されている。

Hi-STANDARDが新作を出すのは、2000年にリリースされたシングル『Love Is a Battlefield』から数えて16年ぶりとなる。

その販売方法も含め、伝説のパンクバンドの新曲ということもあって口コミを中心に大きな話題となっている。

Hi-STANDARDは日本におけるメロディック・ハードコアと呼ばれる音楽を牽引したバンド。

熱狂的な支持者が多く、2000年から長きに渡る活動休止を行っていたが、近年はフェスへの参加や自身が主催するイベント「AIR JAM」の開催など、活動が顕在化していた。

【引用元:KAI-YOU.net】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について